このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

大根サラダの味付けは豊富!レパートリーを増やして脱マンネリ

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 平原あさみ(ひらはらあさみ)

2019年5月17日

さっぱりとしていて箸休めにぴったりな大根サラダ。シンプルゆえに、味付けによってさまざまな味わいを楽しむことができるメニューともいえる。今回は大根サラダの味付けについて、あらゆる角度から深堀りしていこうと思う。

\この記事をシェアする/     
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 味付けの種類が豊富な大根サラダ

大根サラダというとその名の通り、大根を使ったシンプルなサラダを連想するだろう。しかしシンプルなようでいて、大根サラダの味付けはじつに奥深いものなのだ。大根のあっさりとした味と食感はどんな種類の味付けにも合うため、その分バリエーションも豊かだといえるだろう。

和風、洋風、中華風、タイ風...挙げればキリがないが、味付けの種類を問わない。それはベースが同じ大根サラダでも、味付けの種類を変えるだけで、全く違う味わいのサラダに変化させることができるということだ。味付けのレパートリーを増やすことで、同じ大根サラダでも飽きずに味わうことができるだろう。

2. 大根サラダの基本の作り方。相性のよい味付けは?

では、大根サラダの基本の作り方を紹介しよう。まずサラダに使う大根の部位について。大根は、一般的に根に近づけば近づくほど辛みが増していくとされている。それとは逆に葉に近い真ん中より上の部分は甘みがあるため、サラダにはこの部分を使うといいだろう。

パリパリ食感の大根サラダの基本の作り方は、大根の繊維に沿った切り方がポイントだ。繊維に沿って切った大根は、パリパリ、シャキシャキとみずみずしい大根の食感が楽しめるだろう。

しんなり食感の大根サラダの基本の作り方は、切った大根に塩をまぶし、よくもんで数分放置するのが鉄則。大根から水分が出てきたらギュッと絞って水気を切るだけで、しんなり食感の大根サラダになる。

大根の下ごしらえが完了したら、好みに応じてほかの野菜と合わせ、味付けをするだけだ。大根サラダと合う味付けだが、和風ベースのものは基本的に相性がよい。あとは個人の好みもあるので、いろいろ試してみるといいだろう。

3. 大根サラダの味付けのタイミングは?

大根サラダの味付けのタイミングは、仕上がりがパリパリ食感か、しんなり食感かによって異なる。

パリパリ食感の大根サラダの場合、早めにドレッシングなどの味付けをしてしまうと大根から水分が出てきてしまう。食べるときのパリパリ感を残すためには、食べる直前のタイミングで味付けをするのが好ましい。

しんなり食感の大根サラダは、マヨネーズで和えた大根サラダなどが挙げられる。こちらの味付けは直前にするのではなく、事前にしておくほうがよい。これはなぜかというと、事前に和えておくことで味が馴染むためだ。

このように味付けのタイミングできあがりの状態によって変えると、より美味しく仕上げることができる。

4. 大根サラダの変わり種味付けを紹介

大根サラダは味付けのレパートリーを増やすことで、さまざまな味わいが楽しめるということは前述した通りだ。レパートリーをさらに充実させるために、数ある味付けの中から変わり種の味付けを紹介しよう。

簡単で意外な変わり種レシピの材料は、なんと「ゆかり」の商品名でおなじみの赤じそふりかけ。ごはんにかけるイメージが強いが、これがじつは大根サラダの味付けにも一役買ってくれるのだ。

まず大根を細切りにし、塩もみして水分をきる。そこへ赤じそふりかけとオリーブオイルを加えて和えるだけで完成する、なんとも簡単なレシピだ。なかなか使いきれない赤じそふりかけがある人には、ぜひ試してほしい。

大根サラダの味付けは、ほかにもたくさんある。味付けにマンネリしてきたのであれば、変わり種レシピに挑戦してみるといいだろう。

結論

大根サラダは味付けを工夫することによって、何十通りもの味わいを楽しむことのできる万能メニューといえる。大根は低カロリーで胃腸の働きを助ける効果もあるため、ダイエット中の人にもおすすめだ。味付けのタイミングによって、できあがりの美味しさが左右されることも併せて覚えておきたい。日々の食卓にマンネリを感じている人は、大根サラダの味付けのレパートリーを増やして、食卓をより豊かに変えてみてはどうだろうか。
この記事もCheck!

おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ