このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

人気急上昇スイーツ!簡単にできる【やみつきチュロス】の作り方

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 藤江美輪子(ふじえみわこ)

2019年5月16日

映画館や遊園地といった、アミューズメントパークのおやつの定番として販売されているチュロス。最近ではスーパーなどでも販売されるようになり、家庭のおやつとしても人気を集めている。そんな少し特別感のあるスイーツのチュロスを、自宅でも簡単に作ることができるのはご存知だろうか。そこで今回は、誰でも簡単にできるチュロスの作り方について紹介していこう。

1. チュロスに使用する食材の選び方

細長くて特徴的な形状をしているチュロスの主な材料は、卵や砂糖、バターなど。ここではチュロスの味を左右する、卵・砂糖・バターの選び方について紹介していく。

・卵

卵は賞味期限が短く、鮮度が命といわれている食材。基本的にスーパーなどではパックに入って販売されているため、手にとって鮮度などを確認しにくい。そのため、「生みたて」と表記されているものや、賞味期限を見て新しいものを選ぶようにしよう。購入したものはすぐに冷蔵庫に保管し、早めに使いきることをおすすめする。

・砂糖

チュロスには、グラニュー糖と粉砂糖の2種類使うことがある。自宅でよく使われている砂糖は、基本的に上白糖といわれる種類。スイーツに使用する場合、グラニュー糖が好ましいが、上白糖を使用しても構わない。自宅にある砂糖を使用しよう。

・バター

バターには、ホイップバターや無塩バターなどさまざまな種類がある。どのバターを使用しても構わないが、日本で一番スタンダードとされている発酵バターを使用するのが無難だ。
少しでもカロリーオフでチュロスを食べたい場合は、発酵バターの中でも無塩バターを選択するのがおすすめだ。

2. 事前に準備!チュロスの下ごしらえ

チュロスは、少ない材料かつ、短時間で作ることができるのも特徴でもある。絶品のチュロスを作るため、また、スムーズに作業を行うためにも紹介する3つの下ごしらえをおさえておこう。

・油を加熱しておく

チュロスは、170℃程度の油で揚げる。油の温度が上がるまで時間がかかるので、事前に加熱しておこう。

・パウダー類をふるう

棒状に成型したチュロスに強力粉などをふるっておく。この一手間で、水分の吸収率がよくなり、ふっくらとした感触のチュロスに仕上げることができる。

・シナモンシュガーを作っておく

チュロスには欠かせないシナモンシュガーも事前に作っておこう。ビニール袋に砂糖とシナモンパウダーを入れふって混ぜることで簡単に作ることができる。

3. 手軽に簡単!家庭でできるチュロスの作り方

下ごしらえを行っておけば、チュロスは3ステップで作り上げることができる。
ここでは、自宅でできる簡単チュロスの作り方の3ステップについて紹介していく。

・生地の作成

鍋に牛乳とバターを入れ、沸騰しない程度に加熱していく。ある程度温まったところで強力粉を入れ、弱火で2分ほど加熱する。混ぜ合わせていくと粘り気が出て、生地のまとまりができる。鍋の底にくっつかない程度まで混ぜ合わせたところで火を止める。
卵とバニラオイルを入れ、粗熱をとりながら混ぜていく。

・油で揚げる

粗熱が完全にとれたところで、口金付きの絞り袋に作った生地を入れる。市販で販売されているような星形のチュロスを作りたいときは、星形になっている口金を使用する。
オーブンペーパーの上に生地を絞り出し、オーブンペーパーごと、加熱してある油の中に投入する。このときオーブンペーパーが上になるように油の中に投入しよう。生地にある程度火が通ったら、簡単にオーブンペーパーを外すことができる。

・仕上げ

チュロスがしっかり揚がったことを確認し油をよくきったあと、シナモンシュガーを上からかけ、完成だ。

結論

簡単に短時間で作ることができるチュロス。晩ごはんなどで天ぷらを作るときのついでに、一緒に作ってもよいかもしれない。アイスクリームやチョコレートなどに添えると、より美味しくチュロスを食べることができるのでおすすめだ。
今回紹介した作り方を参考に、ぜひチュロスを作ってみてほしい。
この記事もCheck!
\この記事をシェアする/    
\この記事をシェアする/    
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ