このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

時短確実!今すぐ試したい!電子レンジで作る麻婆豆腐

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 南城智子(なんじょうさとこ)

2019年5月 9日

忙しいウィークデーの料理は、時間との勝負。時短は、忙しい人にとって欠くことのできないキーワードでもある。とは言え、美味しいものを食べたいというのも事実。今回お届けするのは、中華の人気メニュー・麻婆豆腐を電子レンジで作る方法である。火を使わないので、子どもと一緒に作っても安心だ。本格的な味わいに仕上げる秘訣とともに紹介していこう。

1. 麻婆豆腐を美味しく作るコツ

辛さの種類

麻婆豆腐は、家庭料理の中でも人気の高いメニューである。中国・四川生まれの料理で、しびれるような花椒の辛さが美味しさの決め手である。日本でもここ数年、このしびれる辛さが人気を集めており、花椒を常備している人も増えているようだ。ただ、最もポピュラーなレシピは、豆板醤で辛さを調節するものである。好みの辛さをチョイスしよう。

豆腐の水切り

麻婆豆腐の主役とも言える豆腐は、水切りをしておくことが重要だ。このひと手間の有無で、味にぐっと差がつく。キッチンペーパーに包んだ豆腐を、電子レンジに3分間かけるだけで、簡単に水切りをすることができる。

香味野菜はたっぷり

ネギ・生姜・ニンニクの3大香味野菜は、たっぷり入れるのが美味しく作るコツ。ネギは、白い部分10cmほどをみじん切りにする。生姜とニンニクは1かけずつすりおろしておこう。チューブタイプを使うと、さらに時短になるが、すりおろしの方が香りは高い。ネギは、途中と仕上げの2段階で使うとよいだろう。

2. 電子レンジで作る麻婆豆腐

材料

用意するものは、普段の麻婆豆腐と同じ。フライパンの代わりに、耐熱ボウルとラップを用意しておこう。泡立て器とゴムベラもあると便利だ。

作り方

まずは、ボウルにひき肉を入れる。ざっくりほぐしたら、酒・豆板醤・生姜・ニンニク・ネギの半量を加えて混ぜ、ラップをふんわりかけて3分間加熱する。この間に甜麺醤・醤油・酒・砂糖・鶏がらスープの素・水・片栗粉を、よく混ぜ合わせておく。加熱したひき肉を泡立て器でざっくりと混ぜたら、合わせ調味料を投入。さらにひと混ぜして上に豆腐をのせたら、ラップをかけ、4分〜5分間加熱する。仕上げに全体を混ぜながら、豆腐を大きめに崩していく。残りのネギを散らし、ごま油をひと回しかけたら出来上がりだ。花椒を加える場合は、仕上げのタイミングでOK。

3. 麻婆豆腐の献立実例

麻婆豆腐を電子レンジで作ることができたなら、副菜と汁物を作る余裕も生まれるはず。副菜は、季節の野菜を千切りにしたサラダがおすすめだ。ポン酢やレモンなどの柑橘と醤油で、シンプルに和えるとヘルシーに仕上がる。ボリュームを出したい場合は、ごま油・醤油・ニンニクでナムルにするとよいだろう。コンロも空いているので、スープを作るのも楽々。わかめや海苔など、海藻を使うとバランスが取れてよい。

アレンジも◎

電子レンジで作ることができる麻婆豆腐は、そのままご飯にのせて丼にするのもおすすめである。この場合は、豆腐を細かく崩すと、より食べやすい。また、醤油味のラーメンにのせて、麻婆麺にするのもよいだろう。甜麵醬がない場合は、味噌で代用も可能だ。子どもがいる場合は、豆板醤はなしでもOK。調味料は、好みのバランスでアレンジしよう。

結論

電子レンジで作ったとは思えない麻婆豆腐の味わいは、クセになる。忙しい毎日にはもちろん、週末のランチなどにも大活躍してくれそうなレシピである。実は麻婆豆腐以外にも、油淋鶏や青椒肉絲も電子レンジで作ることができる。たまにはガス台を使わずに、時短で料理するのも悪くないかも!?
この記事もCheck!
\この記事をシェアする/    
\この記事をシェアする/    
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ