このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

国産レモンが手に入ったら作りたい!レモンカードとレモンオイル

投稿者:
オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:
管理栄養士 南城智子(なんじょうさとこ)

2019年5月19日

長らく輸入物が大半を占めてきたレモンだが、昨今、スーパーには国産レモンも並んでいる。健康意識の高まりもあり、国産レモンに注目が集まっているのだ。国産レモンの最大の利点は、皮まで余すことなく活用できること。輸入物には、防カビ剤が散布されているものが多いが、国産品は流通が国内なので、その心配も少ない。今回は、国産レモンの実情を紐解きながら、レモンカードとレモンオイルの作り方を紹介する。

1. 国産レモンの特徴

レモンは、果物のなかでも輸入品が多いことで知られている。2016年度の農林水産省の統計によると、その年に輸入されたレモンは、およそ49,290トン。対して、国内におけるレモンの収穫は8,389トン。流通しているレモンのうち、およそ83%が輸入であることがわかる。輸入先は、アメリカとチリがそのほとんどを占めている。国産レモンは各地で収穫されているが、広島県がダントツで多く、全体の62%程度を占めている。次いで、愛媛、和歌山などが多い。

国産レモンと輸入レモンの違い

輸入レモンは、防カビ剤の問題がよく取り沙汰される。これは、収穫後に散布されるポストハーベスト農薬の1種。長い間、船便で運搬される作物に用いられることが多く、通常畑で散布される農薬よりも濃度が非常に高いこと、そして残留農薬の面から危険視されている。特に注意したいのは、直接散布される皮の部分。水洗いではもちろん、野菜用の洗剤を使用したとしても、すべてを除去するのは難しいと考えられている。日本では、ポストハーベスト農薬は禁止されているので、国産レモンにおいてはその危険性はない。ただこれはすなわち農薬不使用ということではないので、これからご紹介するレモンカードやレモンオイルのように、皮を使用する料理には、無農薬の国産レモンを選ぶことをおすすめする。

2. 国産レモンで作りたいレモンカード

レモンカードとは、言わばレモン味のカスタードクリームのようなもの。レモンタルトの中身とも言い換えることができる。レモンの皮と果汁に、たっぷりのバターと卵、砂糖を使って作るので、無農薬で作られた安全な国産レモンが手に入った際に、ぜひトライしてもらいたいレシピなのだ。

レモンカードの作り方

およそレモン1個で1瓶と考えて、量を調節するとよい。用意するのはレモンのほか、バター・卵・砂糖。レモンは皮を削り、果汁を絞っておく。ちなみに皮の白い部分は苦味が強いので、外側の黄色い部分のみを削ること。チーズおろしを使ってもよいだろう。こした溶き卵と、ほかのすべての材料を入れて、湯せんにかけながら溶かしていくだけ。とろみがついたら完成だ。湯煎の温度は、だいたい80度くらい。できあがったら冷まして、煮沸した清潔な瓶に詰めて保存しよう。

レモンカードの使い方

レモンカードは、普通のジャムの感覚で使えばOK。パンやヨーグルトにトッピングするとよい。我が家では、白カビチーズなどに合わせて食べることも多い。もちろん、これをベースにケーキなどにアレンジしてもよいだろう。

3. 国産レモンで作りたいレモンオイル

レモンオイルは、レモンの風味をうつしたオリーブオイルのこと。使うのは国産レモンの皮だけなので、別の料理に果汁を使った場合にもぴったりだ。国産レモンは、輸入レモンに比べて割高。レモンオイルを作って、余すことなく使い切ろう。

レモンオイルの作り方

まずは国産レモンの皮を、ナイフなどで削ぎ落とす。皮はそのまま使うのではなく、少々乾かす、または天日干しにするとよいだろう。これを、エキストバージンオリーブオイルに漬けるだけで完成だ。こちらもレモンカード同様、清潔な瓶に入れること。皮は1週間ほどで取り出すと、苦くならない。

レモンオイルの使い方

レモンオイルの使い方として、おすすめはドレッシング。少々の砂糖と塩、胡椒を混ぜ合わせれば、爽やかな香りが漂うドレッシングが完成する。カルパッチョや、フルーツを加えたサラダと相性がよい。また、バスタのベース、ソテーオイルに使ってもよいだろう。

結論

近頃では輸入レモンだけでなく、国産レモンを置くスーパーや食料品店も増えてきている。今回紹介したレモンカードやレモンオイル以外にも、塩レモンやレモネードなどは、ぜひ輸入レモンではなく、安心な無農薬の国産レモンを使って作ろう。皮まで余すことなく使い切れば、少々値段が高いことも気にならないはず。
この記事もcheck!
\この記事をシェアする/    
\この記事をシェアする/    
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

おすすめ記事おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ