このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

新鮮さがポイント!かわはぎの美味しい食べ方とアレンジ料理

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 黒沼祐美(くろぬまゆみ)

2019年5月21日

新鮮なかわはぎはとても美味しい。もし手に入れられたら、存分に味を楽しんでいただきたい。しかし、どうやって食べるのがよいか、食べ慣れないうちは迷うかもしれない。そこで本記事では、新鮮なかわはぎの選び方をはじめ、美味しい食べ方の例を紹介していく。参考になれば幸いだ。

1. かわはぎの美味しさは、鮮度次第!選び方のコツ

かわはぎを選ぶ際は、ぜひ鮮度にこだわりたい、身はもちろん、肝の風味のよしあしは鮮度に大きく影響される。

・見て確認する

まず、目の色が澄んでいるものが新鮮だといわれる。目が白く濁っているものは避けるのがよいだろう。ほかに、身の鮮度が落ちると粘液がしみ出る場合が多い。粘り気のあるものは避けよう。

・触って確認する

かわはぎの特徴として、新鮮なものは表皮がざらざらしている場合が多い。ほかに、身が硬いのは鮮度が保たれている証拠でもある。もし触って確かめられる状況なら、ぜひ確認したい。

・腹がしっかりしているものを選ぶ

かわはぎの魅力は、何といっても肝だ。特に旬である冬には、肝が栄養をたくわえて大きくなる。したがって、肝が大きい、すなわち腹がしっかりしているものを選ぶのがよいだろう。

2. かわはぎの食べ方は幅広い!たいてい美味しく食べられる

かわはぎは、どんな料理でも合うといわれる。まず、刺身はもちろん美味しい。ほかに、焼くと淡泊な味わいが際立ち、楽しめる。また、煮つけにしても煮汁の味をしっかり引き立てるため、美味しく食べられるだろう。たとえば、脂がのる冬なら煮つけなど、身が締まる夏場なら刺身が合うともいえそうだ。調理方法に関し特に制限がなく、自由に楽しめるのもかわはぎの魅力だ。

3. 新鮮なかわはぎはぜひ刺身に、肝とも合わせて食べたい!

新鮮なかわはぎなら、なかなか食べる機会のない刺身にしてみたい。一般的な白身魚と同様に、捌いた後に柵を薄く造ればよい。身に弾力がしっかりとあり、さっぱりした味わいが魅力だといわれる。

・肝をぜひ一緒に食べたい!

もし、かわはぎを丸ごと1匹捌いたのであれば、肝が残っているはずだ。刺身だけでなく、肝も一緒に食べてしまおう。食べ方にいくつか選択肢はあるものの、刺身と合わせるならたとえば肝しょうゆがおすすめだ。ゆでた肝を潰し、刺身の付けしょうゆに混ぜればよい。これだけで、刺身と肝の風味を同時に楽しむことができるのだ。ほかにも、肝を小さく切って刺身の上に乗せるなどの方法もある。かわはぎの刺身や肝は、そう頻繁に食べられるものではない。貴重な機会を惜しまず、美味しく食べよう。

4. かわはぎの身や肝を存分に味わう!アレンジ料理の例

かわはぎの肝と刺身を合わせると絶品だが、ほかにもさまざまな食べ方で楽しむことができる。かわはぎの肝や身を使ったアレンジ料理の例を、いくつか紹介する。

・ポン酢和え

肝をゆでたら、ポン酢や好みの薬味と混ぜ合わせる。たったこれだけだが、肝をさっぱりと食べることができる。肝独特の香りが苦手な方でも食べやすいだろう。ここに切った身を加えれば、刺身の和え物としても楽しめる。酒のつまみなどにもってこいだ。

・肝ソース

肝をマヨネーズや香辛料とよく混ぜ合わせ、ペースト状にすると、肝の香りが豊かなソースができあがる。刺身に使うのももちろんよいが、蒸したかわはぎや、あるいはほかの肉料理に付け合せても美味しいのではないだろうか。淡泊な食材とよく合うので、いろいろ試してみるのも面白いだろう。

・かわはぎの肝汁

かわはぎの身を使った味噌汁に、肝を加えて作る。シンプルではあるが、肝のコクを存分に楽しめる。肝のにおいが気になるなら、日本酒などにしばらく浸すとよい。

結論

かわはぎは、とにかく鮮度が命だ。自分で釣った、あるいは鮮魚市場で買ったものがあれば最高だが、市販のものを買う場合にもなるべく新鮮なものを選ぼう。新鮮なかわはぎの身と肝を組み合わせると、驚くほどコクのある味わいを楽しめる。シンプルなものから手の込んだ料理まで、ぜひいろいろ試してみたい。
この記事もCheck!
\この記事をシェアする/    
\この記事をシェアする/    
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ