このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

牛丼とごはんを繋ぐ絶品の汁!簡単な作り方と活用アレンジレシピ公開

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 渡邉里英(わたなべりえ)

2019年10月23日

牛肉と玉ねぎをふんだんに使用したボリューミーな料理、牛丼。食材の味を直に感じることができる料理だ。牛丼で使用される汁は食材の旨みを引き立てるほか、ごはんの風味も際立たせてくれる。重要な役割を担う汁だが、作り方や活用法に困ってはいないだろうか。そこで今回は、牛丼の汁に焦点を当て、絶品の汁の作り方と汁を活用したアレンジレシピ、汁だく牛丼におすすめのトッピングについて紹介していく。

\この記事をシェアする/     
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 牛肉とごはんの旨みを引き出す!絶品の汁の作り方

牛丼の汁は基本的に醤油ベースで作られることが多い。牛丼は、牛肉や玉ねぎなどの食材と汁を煮込んで作られるが、途中で汁が足りなくなった場合あとから付け足しで作ることも可能だ。食材と煮込む段階で、多めに汁を入れてしまった場合、牛肉から出るアクが原因で雑味が残る場合がある。汁が多めの汁だくにして牛丼を食べたい場合は、煮込む用の汁のほかに、調味料を加熱するだけで作る追加の汁を用意するとよいだろう。

牛丼の汁は、水・醤油・酒・みりん・砂糖を混ぜ、加熱することで数分程度で作ることができる。手作りで牛丼の汁を作る場合は、調味料の分量を変えることで、濃いめの汁や甘みのある汁に変貌させることができる。

牛丼は作り置きや長期保存に向いた料理ではあるが、牛丼の汁単体ではあまり保存に向いていない。冷蔵庫で保存しても1〜2日が限度だ。そのため、保存した牛丼を汁だくで食べたい場合は、その都度汁を作ることをおすすめする。

2. 牛丼の汁を利用したアレンジレシピ

牛丼はアレンジ料理にも向いており、さまざまな料理に変貌できる。牛丼の汁も活用できるアレンジレシピも豊富にあるため、牛丼の汁が好きという人はぜひ一度作ってみてほしい。ここでは、牛丼の汁まで活用できる、絶品の牛丼アレンジレシピについて紹介していく。

・牛丼チャーハン

牛丼の具材と汁をメインにごはんとねぎをサラダ油で炒め、チャーハンにした一品。牛丼の汁が油で加熱されることで、香ばしさがプラスされ、白米一粒ずつにまとわりつくような味わいになる。どこを食べても牛丼のテイストを楽しむことができる、食べ過ぎ注意の一品だ。最後に半熟たまごや紅しょうがをトッピングすることで、より旨みを引き立たせることができる。

・牛丼生春巻き

牛丼の肉と玉ねぎ、レタス、キャベツなどの野菜をライスペーパーで巻いた簡単な一品。
キャベツを千切りに、レタスを適度なサイズに手でちぎり、牛丼の具は加熱する。
ライスペーパーを水で湿らせ、その上にキャベツ・レタス・牛丼の具・マヨネーズを加え、巻いたところで完成だ。

・牛丼カレー

牛丼にじゃがいもやにんじんなどを入れ、水とカレー粉を煮込んで作った牛丼カレー。普通の牛丼とは違い、濃厚な味わいが特徴的な一品だ。牛丼にはあまり入っていない野菜も一緒に食べることで、ビタミンなどの栄養も摂取することができる。煮込む際に牛丼の汁も入れることで、より風味と旨みがプラスされるのでおすすめだ。

3. 汁だく牛丼に合う!旨みが倍増するトッピング

牛丼の汁をたくさん入れ、ごはんにしみ込ませたいわゆる、「汁だく」で牛丼を食べる人も多いと思う。そこで、ここでは汁だく牛丼と相性のよいトッピングについて紹介していく。

・チーズ

トッピングの王道チーズ。牛丼の汁とも絡みやすく、とろけることでチーズの風味と旨みが全体にプラスされる。いつもとは変わったテイストで牛丼を楽しみたい人に、おすすめのトッピングだ。

・明太子マヨネーズ

明太子とマヨネーズを混ぜたペースト状のソース。旨みたっぷりの汁だくの牛丼にマッチし、ピリッとした辛味をプラスしてくれる。マヨネーズのコクも感じることができる辛いもの好きにおすすめのトッピング。

・納豆

牛丼と同じ和のテイストを感じる納豆。粘り気が強く、独特の風味と旨みをかもし出す。牛丼との相性がよく重宝されている。納豆は5大栄養素すべてを摂取できるため、栄養不足を感じている人にもおすすめだ。

結論

牛丼は和食を代表するファストフード。外食先や自宅でも気軽に食べることができるため、日本人の生活に深く馴染んでいる料理ともいえる。慣れれば自宅でも10〜15分程度で作ることができるだろう。牛丼の汁の作り方や活用法に迷った場合は、ぜひこの記事を参考にしてみてほしい。
この記事もCheck!

おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ