このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

沖縄で人気のコーヒー泡盛!誕生秘話と飲みやすさの秘密を探る

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 黒沼祐美(くろぬまゆみ)

2019年6月15日

沖縄に旅行に行くと、泡盛を飲んだり、お土産として買ってくる機会がそれなりにあるだろう。ただ、泡盛は、日本酒と比べて、アルコール度数も風味も相当パンチが効いている。そのため、通好みの酒といえる。それが、コーヒー泡盛にすることで、飲みやすくなると沖縄で評判になっているという。このコーヒー泡盛の情報をまとめてみた。

1. 沖縄が誇る泡盛とは?

まず、おさらいしておきたいのが、泡盛が何なのかということ。離島でつくられる泡盛は幻の酒として、東京では高く売買されている。しかし、そもそも泡盛とは何だろうか。

泡盛は、沖縄でつくられる蒸留酒である。それも日本最古の蒸留酒といわれている。その製法は、15世紀にタイから伝えられたという説がある。

以前は粟を使うこともあったが、現在は砕いた米を原料とし、黒麹を加えて造られている。

泡盛の名前の由来は、粟を使ったからではなく、蒸留器から滴り落ちる成分が泡になり、盛り上がったことだといわれている。甕にイトバショウの葉を巻いたデイコの木栓をして熟成させる。

色味は、無色透明からやや淡黄色を帯びている。

アルコール度数は 40度を超える。さらに、独特の芳香や風味を持っていることから、クセがあって飲みにくいと感じる人もいる。年数を経るほど、寝かせるほどに味に丸みが出るといわれている。

2. コーヒー泡盛の誕生秘話と飲みやすさの秘密とは

コーヒー泡盛が初めて商品化されたのは、2008年のこと。久米仙酒造というメーカーが、泡盛の消費が落ちていくなかで、飲みやすくて美味しい泡盛を開発したいと試行錯誤の末完成させたのが最初だとか。泡盛に、濃いめのエスプレッソを投入し、さらに甘味をプラスし、泡盛の香りをふわっと香らせることにこだわった商品だった。

泡盛は、年間1万本となればヒット商品だが、コーヒー泡盛は発売から2カ月弱という短期間で1万4000本を出荷するといった売れ行きだったそうだ。

そもそも、泡盛のクセを軽減するようなものを開発したので、飲みやすくなるのは当然のことだろう。

その後、沖縄ファミリーマートが2010年に発売したのが、300mlのカップに入ったブラックコーヒーと泡盛をブレンドした商品。こちらは甘みのない無糖タイプで、それが時代の波に乗ったこと、沖縄限定商品ということもあり人気を博した。

また、アルコール度数が12%と、ストレートの泡盛の三分の一ほどの度数にしたことも、飲みやすさの理由だろう。

現在は、男性だけでなく、20〜30代女性を中心に人気だという。

3. コーヒー泡盛を自宅で作ってみよう!

ファミリーマートのコーヒー泡盛は、沖縄限定商品であり、それ以外の地域では手に入れることができない。

コーヒー泡盛より、ふつうの泡盛の方が手に入りやすいので、泡盛を買ってきて、自宅でつくってみるのがよいだろう。

レシピとしては、4(泡盛):4(水):2(ブラックコーヒー)の割合にするのが飲みやすくておすすめだ。

もちろん、ブラックコーヒーの濃度によっては、水を足さず、好みの割合にしてもいいだろう。

さらにアルコール度数を落としたくない場合は、泡盛に直接、挽いたコーヒー豆を加えて2週間ほど置いておくという方法もある。全体がコーヒー色に染まったら、アルコール度数40度超のコーヒー泡盛ができる。

いずれも、アレンジとしては、ガムシロップやミルクを入れ、和風カルーアミルクとして飲むのが飲みやすいだろう。

結論

沖縄で人気のコーヒー泡盛は、コーヒーで泡盛を割ることで、アルコール度数が下がり、さらにコーヒーが泡盛独特のクセを和らげるという絶妙のコンビネーションを実現しているということが分かった。沖縄県民でなく、しばらく沖縄に行く予定がない場合は、自宅でコーヒー泡盛造りを試してみることをおすすめしたい。
この記事もCheck!
\この記事をシェアする/    
\この記事をシェアする/    
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ