このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

いろんな食べ方がある!チヂミを美味しく食べる方法を紹介

投稿者:
オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:
管理栄養士 児玉智絢(こだまちひろ)

2019年6月21日

チヂミを店で食べる際などは、焼き立てにタレを付けて食べることが多いだろう。しかし、もし家庭などで自作するのであれば、ほかのさまざまな食べ方を試すことができそうだ。といっても、何を試すのか想像しにくいかもしれない。そこで本記事では、チヂミをひと味違った食べ方で楽しむ方法を紹介する。

1. チヂミの美味しさの特徴

チヂミは、生地に具材を混ぜたものを、フライパンやホットプレートに薄くひいて焼く。油をしっかり使うことによって表面をカリカリに焼いていく一方で、中はもちもちした食感が残る。この2つの食感が、チヂミの大きな特徴だ。焼きあがったら、タレを付けて食べるのが一般的だが、好みに応じたさまざまな食べ方もある。

2. 食べ方はひと通りではない!チヂミを美味しく食べる方法

焼きあがったチヂミをすぐに食べるのが、美味しい食べ方の代表だ。しかし、食べ方はひと通りではない。工夫次第で、ひと味違った楽しみ方ができるだろう。いくつか例を紹介する。

タレの代わりに薬味を乗せて食べる

焼きあがったチヂミにタレを付けるのもよいが、薬味を乗せてさっぱり食べるのもひとつの方法だ。韓国料理らしさを求めるなら、糸唐辛子やキムチを乗せるのもよい。一方、わさびや大根おろしなど、和食の薬味を乗せてみるのもありだ。チヂミのレシピによって合う・合わないは変わってくるだろうが、意外な美味しさを発見できるかもしれない。

BBQのように好きな食材を焼きながら食べる

ホットプレートを持っている場合は、食卓でチヂミを焼きながら食べることができる。基本の作り方で作るのももちろんよいが、切った野菜などを生地で薄く包み、まるごと焼くこともできる。チヂミにもさまざまな種類があるのだ。焼けたものからどんどん食べていけば、いちばん美味しい状態を楽しみ続けられるだろう。

3. チヂミのカロリーを抑える食べ方

チヂミを食べたいけれど、ダイエット中だからと敬遠している方もいるかもしれない。確かに、チヂミは多めの油で表面をしっかり焼くうえ、付けダレもカロリーが高そうだ。しかし、せっかくならなるべくカロリーを抑えられる方法でチヂミを食べたいところだ。カロリーを抑える方法の例を紹介する。

生地をオーブンで焼く

チヂミを焼く際の油を控えたいのであれば、オーブンを使ってノンオイルで生地を焼く方法がある。うまくいけばカリカリのチヂミを食べることができるだろう。ただし、食感の完全な再現は簡単ではない。もしどうしても成功しなければ、ほかの食事でカロリーを調整する前提で、油を使って焼いてしまうのもよいかもしれない。

生地にあらかじめ味を付け、タレなしで食べる

生地を作る時点で、ある程度味を付けてしまう。あるいは、味のしっかり付いた具材を使い、何も付けなくても味のある状態にする。この生地を焼けば、タレを付けなくてもチヂミを美味しく食べることができるだろう。ただし、味付けに高カロリーの調味料を使ってしまうと、意味がない。塩や少量のしょうゆなど、なるべくカロリーの低い調味料を使うように心がけたい。また、塩分過多にも注意すること。チヂミをさっぱりと食べられれば、充実感も得られるはずだ。

結論

チヂミの食べ方は決してひと通りではない。決して堅苦しい料理ではないため、自由な楽しみ方があってよいはずだ。今回紹介したのは食べ方のほんの一部だ。興味のある方は、さらに試したり調べたりして、チヂミをより楽しく食べていただきたい。
この記事もcheck!
\この記事をシェアする/    
\この記事をシェアする/    
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

おすすめ記事おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ