このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

相性抜群!もやしと豚肉を使用した料理を作ってみよう

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 黒沼祐美(くろぬまゆみ)

2019年7月10日

もやしと豚肉は、日常的に食卓に並ぶ食材の代表格。この2つの食材を組み合わせても相性がよく、味付け次第でいろいろな料理に変化し楽しめる。どちらもリーズナブルで買い求めやすいのが嬉しいポイントだ。今回は庶民の味方的な食材の、もやしと豚肉を使用した料理の紹介や食材選びのポイントを紹介しよう。

\この記事をシェアする/     
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 新鮮なもやしと豚肉を選ぶときのポイント

焼きそば・お好み焼き・野菜炒め・豚汁など、さまざまな料理に使用される食材のもやしと豚肉。牛丼専門店の中には、もやしと豚肉を組みあわせたどんぶりメニューを提供するところもあるほどだ。

せっかく購入して自宅で調理するなら、美味しくて新鮮な食材を選びたいもの。まず、新鮮なもやしを選ぶときのポイントを紹介しよう。もやしの仲間は大きく分けて、緑豆もやし・大豆もやし・ブラックマッペの3種類だ。いずれも色が白くてハリやツヤがあるものが新鮮だという。とくに大豆もやしは豆が開いているものはNG。また色が褐色になっていたり黒ずんでいたりするもやしも避けたほうがいいだろう。

次は新鮮な豚肉を選ぶポイントを紹介しよう。ひと言で豚肉といってもモモ肉・バラ肉・肩ロース・ロースなどの部位があり、それぞれ特徴も異なる。モモ肉は脂肪が少なめで、バラ肉は赤身と脂肪が網状に混ざっており、炒めものに使われることが多い。肩ロースはコクがあり濃厚な味わいだ。ロースは厚みがあり食べ応えがある。いずれも新鮮な豚肉を選ぶときのポイントは、みずみずしい光沢があり、少しだけ灰色みがかったピンク色のものが良質だ。またトレーの中にドリップという赤い液体が出ていないものを選ぶとよい。

2. もやしの豚肉巻きの下ごしらえ

今回は料理初心者でも簡単に作れる、もやしの豚肉巻きのレシピを紹介しよう。まずは下ごしらえからだ。用意する材料も少なめで、もやしと豚バラ肉のみでOK。時間に余裕があれば、もやしのひげ根を取り除く。時間がない人は省いてもよいが、取っておくと口当たりがよくなる。取り方はポキッと折るか、指先でつまんで取り除けばよい。

次の下ごしらえは、たっぷりの水の中にもやしをつけ、軽く混ぜて洗ったらザルにあげて水気をきる。とくに炒め料理に使う場合は、水っぽくならないためにもしっかりときっておく。豚バラ肉は下ごしらえの必要はない。切ることもないので、包丁は使わずに済。

3. もやしの豚肉巻きを作るポイント

下ごしらえが終わったら実際にもやしの豚肉巻きを作っていこう。豚バラ肉をひろげ、もやしを適量のせてクルクルと巻いていく。もやし1袋に対して豚バラ肉8枚くらいの割合で、8個同じものを作る。次にクッキングペーパーを水に濡らして軽くしぼり耐熱皿に敷く。その上に巻いた豚バラもやしを置き、その上にも水に濡らしてしぼったクッキングペーパーをかぶせる。あとは500wのレンジで6分ほど加熱し、クッキングペーパーを取り除いて別の皿にのせたらもやしの豚肉巻きの完成だ。たれは好みでポン酢やノンオイルドレッシングなどを添えよう。

ポイントはクッキングペーパーを水に濡らすこと。乾いた状態では肉がくっつきやすくなり形が崩れる可能性がある。可能であれば厚めのものを使用してもらいたい。またレンジで加熱する時間は、様子を見ながら調整すること。ポイントをおさえて美味しいもやしの豚肉巻きを作ってもらいたい。

結論

今回は、もやしと豚肉を使った料理の作り方や特徴について紹介した。もやしの下ごしらえで水につけるといったが、長時間浸しておくとビタミンが損失する可能性がある。水洗いは手早く行うことが、栄養を損なわないポイントだ。ちなみに最近は一般的なもやしに比べると少し値が張るが、機能性表示食品のもやしも販売されている。豚肉とあわせて料理してみてはいかがだろう。
この記事もCheck!

おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ