このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

ほどよい刺激と食欲そそる風味!花椒を活用した麻婆豆腐の作り方

投稿者:ライター 安土慶彦(あづちよしひこ)

監修者:管理栄養士 渡邉里英(わたなべりえ)

2019年10月23日

和食には欠かせない調味料山椒に対し、四川料理には欠かせない調味料といわれている花椒。ほどよい辛味とレモンのような酸味を感じる風味を漂わせる花椒は、中華料理以外にも唐揚げや味噌汁などにも活用できる。しかし、「山椒と花椒の違いがわからない」「花椒を活用した料理の作り方が分からない」という人も多いと思う。今回は、花椒を深掘りし、花椒と山椒の違い・花椒を使用した麻婆豆腐の作り方を紹介していく。

\この記事をシェアする/     
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 花椒の選び方と山椒との違い

花椒は中国が原産ということもあり、基本的には粉末化され、容器に入った状態で販売されている。
もし、実の状態で花椒が販売されている場合は、
  • 変色して傷んでいないか
  • 湿り気がないか
以上の2つを意識し、購入しよう。
花椒は辛味と酸味が効いているのが特徴的なのに対して、山椒は自然を感じる独特な風味が強い。花椒はスパイスとして活用し、山椒は料理のアクセントとして使用するのがよいだろう。
また花椒は、漢方薬としても活用されていた。そのため、花椒を摂取することで、さまざまな効果も期待できる。花椒は料理に旨みと身体に健康をもたらしてくれるハイブリッドな調味料ともいえるだろう。

2. 花椒を使用した麻婆豆腐の下ごしらえ方法

花椒を活用した四川料理といえば、麻婆豆腐が一番有名だ。家庭で麻婆豆腐を作る際は花椒を入れずに完成させてしまう場合もあると思うが、花椒を入れた麻婆豆腐は辛味と風味が絶妙なバランスで絡み合いやみつきになる。
ここでは花椒を使用した麻婆豆腐の下ごしらえ方法について紹介していく。

・使用食材をカットする

花椒とはまた違った辛味を醸し出す唐辛子。その唐辛子の種を取り除き、輪切りにする。「辛いのが苦手」という人は入れなくてもよい。
麻婆豆腐に食感を持たせるために、ねぎをみじん切りにしておく。

・豆腐を加熱する

麻婆豆腐に使用する豆腐はどのような種類でも基本的には問題ないが、木綿豆腐を使用するのが無難だ。豆腐を一口サイズのサイコロ型にカットし、耐熱皿に入れ、ふんわりラップをし、電子レンジで2分間加熱しておく。

3. ほどよい刺激!花椒を使用した激ウマ麻婆豆腐の作り方

麻婆豆腐は食材に絡みやすいトロみと、クセになる辛味が特徴的な料理。ごはんにのせて食べたり、麺類に絡めて食べるのも絶品だ。ここでは下ごしらえを行なった食材を使用し、麻婆豆腐の作り方について紹介していく。

・食材を炒める

ごま油を引いたフライパンに豚ひき肉を入れ、中火で加熱していく。最初の段階でしっかり火を通しておこう。また、冷凍した豚ひき肉を使用する場合は、火が通るまで多少時間がかかるため、事前に解凍しておくことをおすすめする。

・調味料を加える

ひき肉に火が通ったところで、おろしにんにく・豆板醤・ラー油・鶏がらスープ・醤油・酒を入れ、ふたをして弱火で8分間ほど煮込んでいく。そのあと、木綿豆腐を入れさらに3分間加熱していく。

・仕上げ

火が通ったところで、ねぎを投入し、水溶き片栗粉を入れトロみをつける。最後に好みの分量の花椒をふりかけて完成だ。

結論

花椒は、中国の家庭ではもっとも有名な調味料の一つとして常備されている。基本的には中華料理で活用するが、辛味と風味がほしい場合は、和食や洋食に活用するのもよいだろう。花椒を料理に入れすぎると、辛味と風味でせっかくの料理が台無しになることもあるため、分量には注意が必要だ。花椒を活用した麻婆豆腐を作る際はこの記事の作り方を参考にしてみてほしい。
この記事もCheck!

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ