このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

いろいろな料理に応用できる!らっきょうのアレンジレシピ

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 黒沼祐美(くろぬまゆみ)

2019年7月 1日

福神漬けにならんでカレーのおともとして定番のらっきょう。らっきょうは好きだけれども、カレーに添えられる甘酢漬け以外の食べ方を知らないという人も多いのではないだろうか。しかし、らっきょうは甘酢漬けだけでもさまざまなアレンジができるうえ、甘酢漬け以外にも美味しい食べ方ができる食材だ。今回は、らっきょうの食べ方について、アレンジレシピを中心に紹介していこう。

1. らっきょうを細かく刻んで薬味やドレッシングにアレンジ!

手はじめに紹介したいらっきょうのアレンジ術は、細かく刻んだらっきょうを薬味として使うことだ。たとえば、刻んだらっきょうの甘酢漬けを同じく刻んだみょうがやネギ、シソなどと和えて豆腐にのせれば、らっきょうの甘酸っぱさがアクセントになるさわやかな冷奴のできあがりだ。
らっきょうの甘酢漬けは酢や砂糖を加えた漬け汁にらっきょうを漬け込んだものなので、同じく甘酸っぱい味のドレッシングとの相性も悪くない。漬け汁ごと刻んだらっきょうを使い、オリーブオイルや塩コショウなどで味を調えればらっきょうのシャキシャキとした食感も楽しめるドレッシングになる。
ドレッシングとまではいかなくとも、らっきょうの甘酢漬けの味を利用してトマトと和えるだけのマリネやスライスした玉ねぎと和えたサラダなど、らっきょうの甘酢漬けはさっぱりとしたおかず一品を作るのに最適な食材なのだ。

2. 和食以外にも使える!らっきょうのアレンジ術

漬物ということもあり、和食との相性がよいらっきょうの甘酢漬けではあるが、じつは洋食にアレンジすることも可能だ。
手軽にアレンジするなら、ピクルスの代わりにらっきょうの甘酢漬けを使うイメージで細かく刻んだらっきょうを使ってタルタルソースなどのソースを作ってみるのはいかがだろうか。先述のドレッシング同様、砂糖や酢を使う料理なら大抵のものにらっきょうの甘酢漬けを使ったアレンジは可能となる。甘酸っぱいらっきょうをベースにソースを作って、さっぱりとした味わいで肉や魚を食べてみるのもよいのではないだろうか。
また、らっきょうは中華にもアレンジ可能だ。手軽なところでいえばチャーハンの具として、にんにくなどと一緒にらっきょうの甘酢漬けを炒めて加えてみるのも悪くない。らっきょうの食感と風味が一味変わったチャーハンを演出してくれることだろう。
また、甘酸っぱさを活かした中華アレンジなら酢豚にらっきょうの甘酢漬けを入れるのもおすすめだ。

3. 甘酢漬けだけじゃない!らっきょうの塩漬けとそのアレンジ法

甘酢漬けばかり定番として浸透しているらっきょうだが、じつはらっきょうの食べ方はそれ以外にもたくさんある。そのまま食材として使うだけでも、焼いてみたり、酢味噌で和えてみたり天ぷらにしてみたりとさまざまな料理法が存在する。
そんな中でぜひ一度挑戦してみてほしいのが、らっきょうの塩漬けだ。作り方はシンプルで、下処理として汚れや薄皮をとり、根っこや茎の先を切り落としたらっきょうに、らっきょうの重さの1割ほどの量の塩をまぶして熱湯消毒したビンに入れるだけだ。この状態でおいたらっきょうは、乳酸発酵がすすみ10日ほどで旨みが増してくる。発酵の過程でガスも発生するので、2~3日おきにふたをゆるめてガス抜きする必要があることは覚えておこう。
このらっきょうの塩漬けをそのまま食べても美味しいのだが、本番はここからだ。じつはこのらっきょうの塩漬けは、さらに別の漬物にアレンジすることが可能なのだ。水にさらして塩抜きしたらっきょうを酢醤油に浸ければらっきょうの酢醤油漬けに、赤梅酢に浸ければ赤梅酢漬けに、といった具合だ。ちなみに、甘酢漬けも塩漬けをベースに作ることが可能なので、らっきょうの甘酢漬け自体が塩漬けをアレンジした一品とも捉えることができる。

結論

らっきょうの食べ方は甘酢漬けだけでなく、生から塩漬け、その派生レシピまでさまざま存在している。らっきょうの甘酢漬け自体もさまざまな料理にアレンジが可能なので、これまでカレーに添える甘酢漬けでしからっきょうを食べたことがなかったという人はぜひ新たなレシピ開拓に挑戦してみてほしい。
この記事もcheck!
\この記事をシェアする/    
\この記事をシェアする/    
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ