このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

カレーうどんのおすすめアレンジレシピを大公開!

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 黒沼祐美(くろぬまゆみ)

2019年7月 2日

カレーうどんが大好きな人は多いのではないだろうか?しかし、いつものカレーうどんに少し飽きたて来た人もいるだろう。ちょっと調味料を加えてアレンジしたり、思いっきり料理の変化を楽しんだり、意外にもカレーうどんのアレンジは幅広いのである。今回は、カレーうどんのおすすめアレンジを紹介しよう。

\この記事をシェアする/     
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. カレーうどんの味付けを変えるだけでもOK!

まずアレンジとして試してもらいたいのは調味料や食材をプラスすること。調味料や食材を加えるだけで、いつものカレーうどんがより一層美味しくなるなど新たな発見があるだろう。

まず1つ目としておすすめするのは、味噌を加えた「味噌カレーうどん」だ。味噌の中でもおすすめしたいのが八丁味噌である。八丁味噌を加えることで、よりカレーうどんのコクが出て美味しくなるのだ。次のおすすめは豆乳を加えた「豆乳カレーうどん」。カレーうどんに豆乳を加えることでクリーミーな味わいと、カレーの深みが引き立つのだ。

ほかにも、とけるチーズを加えることで旨みが増したり、サクサクの天かすを入れて食感とコクを味わうこともできる。ぜひいつものカレーうどんに調味料や食材をプラスして、自分だけのオリジナルカレーうどんを発見してもらいたい。

2. カレーうどんの変化を思いっきり楽しみたいときのアレンジレシピ

カレーうどんを全く違う料理へ思いっきりアレンジしたいのであれば、おすすめするのはこの2つ。

1つ目は、カレーうどんグラタン。耐熱容器にうどんと具材を平らに広げ、カレーうどんのつゆを注ぐ。ピザ用チーズとパン粉、バターをのせ、オーブントースターでチーズに焼き目がつくまで焼いたらできあがり。簡単に作れて子供も喜ぶ一品だ。

次に紹介するのは、焼きカレーうどん。フライパンにごま油をひき、食べやすい大きさに切った豚肉とキャベツやきのこなどお好みの具材を炒める。そこに、うどんとカレーうどんのつゆをお玉2~3杯分くらい注ぎ、汁気がなくなるまで炒める。皿に盛りつけ、かつお節をちらしてできあがりだ。ちょっとしたランチや酒のシメにもおすすめの1品である。

このように、短時間でカレーうどんを全く異なる料理にアレンジすることができるのだ。

3. カレーうどんをヘルシーに食べたい!おすすめの食べ方は?

カレーうどんを食べ続けることで心配なのはやっぱり糖質やカロリー。カレーうどんは太るのでは?と心配な人もいるだろう。ここではカレーうどんをヘルシーに食べる方法について紹介する。

まずは、カレーうどんをヘルシーに食べるための方法として、食材をプラスするというものがある。そのなかの1つとしてしょうがを紹介したい。しょうがにはショウガオールという栄養成分が含まれており、ショウガオールには血管を広げ、血液の流れをスムーズにしたり、身体を温めて新陳代謝を活発にする効果が期待できるといわれている。

2つ目はまいたけ。まいたけは、低カロリーで歯ごたえもあり、食べすぎを防止するにはぴったりの食材。さらに、まいたけに含まれる食物繊維は便通を整えて便秘を防ぐうえで欠かせないものなので、便秘が気になる人にはぜひとってもらいたい食材だ。

次におすすめの食べ方として、カレーうどんのうどん自体をヘルシーな食材に代替すること。こんにゃくや豆腐を使った低カロリー・低糖質麺などさまざまな麺がスーパーはもちろんのこと、コンビニなどでも購入することができる。また、低カロリーな春雨やしらたきなどに置き換えることも可能である。カレーうどんをヘルシーに食べたいなら、このような方法で糖質とカロリーをカットしてみよう。

結論

出汁の旨みとカレーのスパイスがクセになるカレーうどん。そのままでも美味しいが、実はアレンジすることでカレーうどんの美味しさをそのままに活かすことができるのだ。いつものカレーうどんに調味料や食材をプラスしてみたり、時には全く異なる料理にアレンジしたりと幅広く楽しむことができる。ぜひカレーうどんの無限の味わい方を知ってもらいたい。
この記事もCheck!

おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ