このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

豆腐サラダの保存方法とは?豆腐を別に保存することがポイント

投稿者:ライター 矢野衣梨(やのえり)

監修者:管理栄養士 渡邉里英(わたなべりえ)

2019年7月19日

豆腐は、栄養価が高い食材として注目されている。メイン料理だけでなくデザートやサイドメニューなどさまざまなレシピに使える万能食材の豆腐だが、なかでも豆腐サラダは忙しいときでも手軽に作れる時短メニューだ。今回は、そんなお手軽メニューである豆腐サラダの豆腐の「保存方法」に注目。「冷蔵」・「冷凍」方法から解凍の仕方まで詳しく紹介していこう。

\この記事をシェアする/     
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 豆腐サラダの正しい保存方法とは?

ボリュームたっぷりの豆腐サラダを作ったのはいいものの、食べきれなかったという経験はないだろうか。このとき注意したいのが直箸で取り分けた豆腐サラダをそのまま保存していないかである。一度口をつけた箸で食材を触ってしまうと、豆腐サラダに雑菌が繁殖してしまう原因を作ってしまう。

そのためなるべく一回で食べきれる量の豆腐サラダを作るか、取り分け用の箸を使うようにしよう。使いきれなかった豆腐は正しい保存方法で保存することが重要である。

2. 豆腐の冷蔵保存方法はこれ!

豆腐サラダのメイン食材である「豆腐」の賞味期限は、未開封のものだと5日程度だ。しかし、開封することで賞味期限は表示された期間より短くなる。そのためできるだけ開封したら一度で使いきることが好ましいのだが、豆腐サラダに使うだけでは残さず使うのが難しいこともあるだろう。

そんなときは、正しい冷蔵保存で豆腐の鮮度を保とう。開封した豆腐を冷蔵保存する場合、まずしてほしいのが「水の入れ替え」だ。豆腐のパック内の水は豆腐を型崩れしないように保護したり鮮度を保ったりするために入れられている。

そのため冷蔵保存する際は必ず、豆腐が浸かるくらいたっぷり水を入れた保存容器に移し替える必要がある。また水を入れ替えずに保存していると豆腐を傷ませる原因になるので、1日1回は水を入れ替え、豆腐サラダや豆腐を使ったメニューにして約2日で食べるようにしよう。

3. 豆腐を冷凍保存する際に注意するポイントとは?

豆腐サラダだけで使いきれなかった豆腐を長期間保存するなら「冷凍保存」がおすすめだ。冷凍保存すれば通常約5日の賞味期限が最長で約1ヶ月まで延ばせる。冷凍保存する場合は、適当なサイズにカットしたのちキッチンペーパーでしっかり表面の水を取ってから保存袋に入れて冷凍庫で保管しよう。

このとき豆腐を2、3個ずつラップで包んで保存しておけば、次回豆腐を使ったメニューを作る際も必要な分だけ出して使えるのでおすすめだ。また開封前の豆腐なら、パックのまま冷凍庫へ入れて保存してもいい。冷凍保存はすぐに使う予定がないときに最適な保存方法だろう。

4. 冷凍保存した豆腐の解凍方法

冷凍保存した豆腐の解凍方法は、2つ。1つ目の解凍方法は「常温解凍」だ。常温解凍するときは、豆腐をキッチンペーパーで包みザルや水切りバッドのうえに置こう。また急いでいるときは、流水やぬるま湯につけて解凍すれば時短できる。2つ目の解凍方法は、「電子レンジ」。ラップで包んで保存した豆腐を使いたい分だけ電子レンジに入れ、600wで両面約2分ずつ加熱。その後水につけて冷まし軽く絞って水気をきろう。

豆腐を冷凍保存すると水分が解凍時に外に出るため、普段食べている滑らかな食感はなくなる。その代わり肉のような噛みごたえのある食感に変化するので、ナゲット風に揚げるなど肉の代わりとして調理もでき、カロリーが気になるダイエット中の人におすすめの保存方法だ。

結論

いつものサラダも豆腐をプラスすれば、手軽に味を変えたりボリュームアップしたりできる。使いきれなかった豆腐は、紹介したどの保存方法も手軽にできるだけでなく、豆腐の賞味期限を延ばすことができるので知っておくとここぞというときに助かるだろう。今回紹介した保存方法で豆腐の鮮度を保ちながら、ドレッシングやトッピングを変えてさまざまな味の豆腐サラダを堪能してみてはどうだろうか。
この記事もCheck!

おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ