このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

しいたけの炒めるときのコツは?作り方と絶品時短レシピも紹介

投稿者:ライター 安土慶彦(あづちよしひこ)

監修者:管理栄養士 児玉智絢(こだまちひろ)

2019年7月 4日

しいたけは煮物や蒸し物だけでなく、炒め物にも使用され、肉・野菜の具材と組み合わせることのできる万能食材だ。しかし、しいたけの洗い方や炒め方に悩んだことのある人は多いのではないだろうか。そこで今回は、しいたけの炒め物を作るうえでのポイントや作り方、レシピを紹介していく。

\この記事をシェアする/     
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 香ばしい風味!しいたけを炒める2つのコツとは?

しいたけの炒め物を作る時のポイントは、「下ごしらえを正確に行う」「十分に加熱する」の2つ。
しいたけには干ししいたけや生しいたけなどの種類があるが、どの種類でもコツは同じだ。

下ごしらえを正確に行う

切る・炒める・味付けるなどの調理過程だけでなく、下ごしらえも重要な調理過程だ。しいたけは水洗いすることで水分を含み、風味・香り・肉質が落ちるため、水洗いしてはいけない。しかし、これは生しいたけだけで、干ししいたけは水で戻す必要があるため、例外だ。もともとしいたけは、無農薬かつ原木栽培の綺麗な環境下で育つため、汚れはほとんど見られない。市販のしいたけについても、あらかじめふきんやキッチンペーパーなどで汚れが取られているので、安心して調理し、食べることができる。しいたけを調理する際は水洗いせず、ふきんなどで汚れを落とす程度にしよう。
また、しいたけの軸の先端には「石づき」と呼ばれる根元部分がある。石づきは固く風味や味がないため、調理する前に取っておこう。

十分に加熱する

しいたけは菌類の仲間であり、生食すると食中毒になる恐れがある。そのため、調理する際は十分に加熱しなくてはいけない。
さらに、生食もしくは加熱不足のしいたけが原因で、しいたけ皮膚炎になる例もある。しいたけ皮膚炎とは紅斑が身体に現れる皮膚疾患の一種で、しいたけを摂取した数時間から数日後にかゆみが現れる。
これらの症状を防止するために、しいたけは十分に加熱しよう。

2. 手軽で絶品!しいたけの炒め物の作り方

しいたけの炒め物はさまざまな食材と相性バツグンで、多種多様なのが特徴だ。
ここでは、どのような食材を使用しても作れる、万能なしいたけの炒め物の作り方について紹介していく。

下ごしらえ

しいたけに付いている汚れをふきんなどで落とし、しいたけの根元部分の石づきを取る。時間に余裕がある場合は、数時間の天日干しで、栄養価を高めるのがおすすめ。

具材を切る

しいたけは笠と軸に分けて、食べやすい大きさに切る。組み合わせる具材は、食べやすい一口サイズにカットしておこう。

炒める

しいたけと組み合わせる具材から炒める。具材に火が通る直前に、しいたけを加えて炒める。
塩・こしょうなどで味付けを行い、具材に馴染んだら完成だ。

3. しいたけ嫌いの子どもでも食べられる炒め物レシピ3選

しいたけはさまざまな具材と組み合わせることのできる万能食材だ。
今回はしいたけ嫌いの子どもでも食べられるレシピを紹介する。どのレシピも時短で簡単にできるため、一人暮らしの男性も参考にしてほしい。

しいたけと玉ねぎのバター醤油炒め

石づきと汚れを取ったしいたけを4等分に切り、玉ねぎは2cmほどの大きさに切る。フライパンでバターを溶かし、しいたけと玉ねぎを加え、塩コショウで味付けする。玉ねぎが透明になるくらいまで炒めたら、酒と醤油を加え、さらに炒める。全体的に馴染んだら皿に移し、刻んだネギをのせて完成だ。

しいたけと豚肉の甘辛炒め

しいたけは石づきを取り、笠と軸に分けてキッチンペーパーなどで汚れを落とす。軸は食べやすい大きさに縦に切り、笠は3等分に切る。ピーマンの種を取り、縦に細切り。豚肉は3cmほどに切り、酒・醤油・塩コショウで味付けする。
フライパンにごま油をひき、まずは豚肉を色が変わるまで炒める。しいたけとピーマン、酒・醤油・砂糖・味噌・豆板醤の調味料を加えて馴染ませたら完成だ。

しいたけと牛肉のガーリック炒め

石づき取りと汚れ落としの下ごしらえを終えたしいたけを4等分に切る。牛肉・じゃがいもは一口大の大きさに切る。じゃがいもは下茹でし、パプリカは小さめに角切り。
フライパンにオリーブオイルをひき、弱火でにんにくを炒める。そのあと牛肉・じゃがいも・パプリカを加え、中火で火が通るまで炒める。じゃがいもにも火が通ったらしいたけを加え、塩コショウ・薄口醤油で味付けする。最後に器に移し、好みでレモン汁・パセリを添えたら完成だ。

結論

しいたけの炒め物のバリエーションは豊富だ。ほかの具材と組み合わせることで、子どもからも喜ばれる一品を作ることができる。美味しいしいたけの炒め物を作るためにも、今回紹介した下ごしらえや調理過程を参考にしてほしい。さまざまな具材と組み合わせて、自分好みのしいたけの炒め物アレンジレシピを作ってみてほしい。
この記事もcheck!

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ