このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

シリコンバレーで人気爆発!緑茶が世界でウケるわけ

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 児玉智絢(こだまちひろ)

2019年7月 2日

世界の名だたる企業の本社が集まることでも知られる、シリコンバレー。サンフランシスコから車で1時間ほど南下したサウスベイを中心とする地域で、さまざまな卓越した技術はもちろん、そこに集う人々の食生活も話題に上ることが多い。ここ数年では、バターコーヒーの流行の起点となったことでも知られている。そんなシリコンバレーでいま、緑茶が非常に人気を集めているという。一体どんな風に飲まれているのだろうか?

1. 緑茶のパワー

日本人に古くから愛されてきた緑茶。そのパワーは、皆さんもよく知るところ。現在では特定保健用食品、通称トクホを取得した製品も多く存在している。緑茶のパワーといえば、まず出てくるのがカテキンというキーワード。カテキンとはポリフェノールの一種で、緑茶の苦味成分に当たるものだ。抗酸化作用が強く、緑茶を摂取することで多くの病気へのリスクが下がると、国立がん研究センターが発表するほどである。また、お茶の旨み成分であるテアニンにも同じように注目が集まっている。

さらに緑茶は、基本的にゼロカロリー。その上、ミネラルやビタミンが多く含まれていることでも知られ、日本でもカラダに嬉しい飲料、食品として親しまれている。寿司や和食などの飲食店で、食後に供されることからも愛されていることが伺える。自宅でも食後のお茶は欠かせないというオリひと読者もいるであろう。

2. 緑茶がシリコンバレーで人気?

アメリカでの緑茶

数年前までは、アメリカで緑茶=Green Teaといえば、瓶やボトル入りの甘いドリンクを指すことがほとんどであった。初めてアメリカで緑茶を飲んだときには、その甘さに非常に驚いたものである。ところがここ数年、日本でもよく飲まれているペットボトル入りの無糖緑茶が浸透し始めているというのだ。

シリコンバレーで人気爆発?

多くの製品、技術、研究の拠点であり、IT関連のスタートアップエリアとしても知られるシリコンバレーは、とにかく多くの優秀な人材、情報で溢れている。そんなシリコンバレーで緑茶が好まれているらしい。しかも、ただの飲み物というよりは、気分をチェンジしたり、やる気をアップさせたりするためのコンディショニング飲料として親しまれているようだ。日本人が食後に飲むという感覚とは少々異なる側面があるらしい。

シリコンバレー生まれの食トレンドは、続々と登場しており、バターコーヒーなども大流行を迎えた。同じように、シリコンバレー発のトレンドとして緑茶が世界中に広まる可能性もあるのだ。ちなみに、緑茶の輸出金額もアメリカがダントツの1位である。

3. 緑茶がアメリカで人気を集める理由

アメリカでは緑茶だけでなく、日本食材は非常に人気が高い。一時のトレンドからはもはや脱した感があり、オーガニックやヘルシー志向の高まりも追い風となり、すでに定番として愛されつつある。tofu、sushi、misoなどがスーパーで販売されることも珍しくない。そして、緑茶に代表されるお茶類も非常に人気が高い。グリーンティーのティーバッグや粉末など、さまざまな種類が販売されている。
これら日本食材の人気は、日本食=ヘルシーという印象が後押ししている側面も大きいと考えられる。

ちなみに緑茶はペットボトルや瓶、またはティーバッグで飲むという認識が強いようで、急須で淹れるという習慣は、まだあまり広まっていないようだ。ただ、急須でお茶を淹れるという行為は、外国人から見ると茶道に通ずることもあり、非常に興味深いジャパニーズカルチャーであろう。もしかしたら、これから浸透することもあるかもしれない。

結論

シリコンバレーでは、気分をリフレッシュするコンディショニング飲料として人気が高まっている緑茶。シリコンバレー以外にも、アメリカではポピュラーな存在になりつつあるようだ。健康効果が高いといわれる緑茶が、日本のみならず、世界中で飲まれる日が着実に近づいているといえそうだ。
この記事もCheck!
\この記事をシェアする/    
\この記事をシェアする/    
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ