このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

おにぎらずの簡単な作り方を解説!見栄えがアップするコツも紹介

投稿者:ライター 藤本龍(ふじもとりょう)

監修者:管理栄養士 児玉智絢(こだまちひろ)

2019年10月29日

手を汚さずに作れ、見栄えもよく弁当に最適なおにぎらず。数年前に広まり一気に浸透し、専門のレシピ本まで数多く出版されるほどのブームとなったおにぎらずだが、ブームに乗り遅れ、なんとなく名前だけは知っている程度のままの人もいるのではないだろうか。そこで今回は、初めておにぎらずに挑戦する人のためにおにぎらずの作り方やコツ、材料の選び方を紹介したい。

\この記事をシェアする/     
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. おにぎらずは食材の選び方も自由自在!

おにぎらずを作るのに必要な食材は、海苔とごはんと具の3つだ。

おにぎらずは1枚の海苔で食材を包み込むようにして作るので、カットされているものではなく、1帖の海苔を選ぶ必要がある。

普通のおにぎりであれば、具に使用する食材の選び方はごはんで包んで握れるサイズに限定されてしまう。しかし、おにぎらずは握る必要がない分、食材の大きさを考えて選ばなくてよいというメリットがあるので、具の選び方の自由度が高い。普通のおにぎりで定番の梅干しやおかか、昆布といった昔ながらの食材はもちろん、ウインナーや唐揚げとなどのごはんと相性のよいおかずまで含めた食材の中から、好きな具を選ぶとよいだろう。

また、おにぎらずはごはんをパンに見立て、サンドイッチ風の食材を挟んで食べても美味しい。ハムやレタス、チーズといったサンドイッチで定番の食材は、色合いも鮮やかで華やかなおにぎらずになっておすすめだ。

メインのおかずと野菜をセットでおにぎらずの具に使えば、弁当がおにぎらずだけでも栄養バランスを意識することができる。おにぎらずは手でそのまま食べることができるので、箸がいらず手を汚さずに手軽に食べられる。野菜もすべておにぎらずに包んでしまえば、作る側も食べる側も楽な弁当のできあがりだ。

2. おにぎらずは作り方も簡単!

おにぎらずの作り方はとても簡単で、海苔の上にごはんを敷いて具にするおかずや野菜をのせ、その上にさらにごはんをのせたら海苔で包んでできあがりだ。

これだけ簡単に作れるとはいえ、初めておにぎらずに挑戦する際はごはんとおかずのバランスや、海苔の包み方など心配になる点もあるだろう。ここでは、もう少し詳しくおにぎらずの作り方を見ていこう。

まず、ラップに海苔を置き、ごはんをのせていく。ポイントとなるのは海苔の中央にごはんを、正方形を意識しながらのせることだ。この時、正方形の海苔を使うなら海苔の角度は45度傾けた状態にして、ごはんで作った正方形の各辺に対して海苔の角を寄せて包めるようにしておこう。

長細い長方形の海苔で作る際は、ごはんは中央ではなく片側に少し寄せておくとあとで包みやすくなる。

次に具をのせ、ごはんをのせて海苔で包み、敷いていたラップで包んで軽く形を整える。海苔がほどよくごはんとなじんだ頃合いを見計らって、最後に包丁で半分に切ればおにぎらずのできあがりだ。

3. これで見栄えもアップ?おにぎらず作りのコツ

おにぎらずの魅力は手軽さや具の選択肢の広さに加え、見栄えもよいことだ。最後に、見栄えのよいおにぎらずを作るコツをいくつか紹介しておこう。

ひとつめは、おにぎらずを切る時のコツだ。おにぎらずを切る時は、包丁を濡らしておくと綺麗に切ることができる。カイワレやカニカマといった細長い食材を使っている場合は、これらの食材の断面が見えるよう、縦横の向きを間違えないように気を付けたい。

ふたつめのコツは、ごはんを色付きにしてさらに見栄えを意識してみることだ。白いごはんで作ったおにぎらずとは別に、炊き込みごはんやチャーハン、ケチャップライスなどで作ったおにぎらずを用意し、交互に並べると見た目はさらに華やかになる。いろいろな味のおにぎらずを楽しめて一石二鳥なので、ぜひ試してみてほしい。

結論

おにぎらずは作り方も簡単なうえに手でそのまま食べられる、弁当にはもってこいの一品だ。おにぎらずはごはんのおかずになるなら何でも具にできるほどの間口の広さも持ち合わせているので、ぜひさまざまなおにぎらずのレシピを開拓してみてほしい。
この記事もCheck!

おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ