このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

山形名物ひっぱりうどんのカロリーや栄養は?気になる糖質も紹介

投稿者:ライター 藤本龍(ふじもとりょう)

監修者:管理栄養士 児玉智絢(こだまちひろ)

2019年7月23日

テレビで紹介されて以来、じわじわと人気が広がりつつあるひっぱりうどん。サバ缶と納豆という独特の組み合わせと鍋から直接うどんを食べる手軽さも相まって、早速家で試してみたという人も多いのではないだろうか。今回は、そんなひっぱりうどんについて、カロリーや栄養価、糖質量といった観点から魅力を解説していこう。

\この記事をシェアする/     
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. ひっぱりうどんのつけダレは具沢山でカロリーも高め

サバの水煮缶に納豆、ネギといった具材にめんつゆで味を調えて作るひっぱりうどんのつけダレは、食べごたえがある分カロリーはやや高めだ。

使用する食材は、
・サバの水煮缶 (180g)......342kcal
・納豆1パック(50g)......100kcal
・卵1つ(60g)......91kcal

これらを合計すると533kcal、実際はこれらの食材で複数人分のつけダレにしたり、ここに薬味や調味料としてネギやめんつゆが加わったりといったカロリーの増減があるが、この533kcalをひとつの目安にするとよいだろう。

このつけダレを全部一人で使用し、うどん(乾麺、100g)を茹でて食べたとすると、348kcalが加わり合計881kcalとなる。つけダレを
2人で分けて食べるのであれば266.5kcal+うどんの348kcalで614.5kcalとなるので、少しカロリーは軽減される。素うどんであればめんつゆを薄めたつけ汁やかけ汁にネギを添えるだけなので、約350kcalが1人前の目安になる。そのことを考えると、つけダレがどれだけカロリーの高いものとなっているかがわかるだろう。

また、ひっぱりうどんはこれらの基本のレシピに加え、トッピングとして大根おろしやにんにく、バターやチーズなどの具材を入れて食べることもある。こういったトッピングを増やせば当然その分のカロリーも増えるので気を付けたい。1人前だけを作りたくとも、サバ缶や納豆、卵を半分だけ使ってあとは残すというのは難しい。サバ缶や納豆を1缶、1パック丸々使うひっぱりうどんはその分カロリーも高くなるので気を付けたい。

2. サバや納豆が入ったひっぱりうどんのつけダレは栄養も豊富

サバの水煮や納豆、卵といったつけダレの具材にはたっぷりの栄養が含まれている。サバの水煮缶はEPAやDHA、ビタミンB群、ビタミンD、カルシウムといったサバの栄養が余すことなく詰まっている。

納豆はたんぱく質、脂質、炭水化物、ビタミン、ミネラルといった
5大栄養素に加え、6番目の栄養素といわれている食物繊維までがすべて含まれているバランスの取れた栄養食品だ。そして、卵は人が生きていくうえで必要な栄養素のうち、ビタミンCと食物繊維以外の栄養がすべて含まれているともいわれている。

これらの食品を合わせて作るひっぱりうどんのつけダレが、いかに栄養満点かわかることだろう。いくつもの具材を加えているため、普通のうどんよりカロリーが高めではあるが、それに見合うだけの栄養素もたっぷりと含まれている料理なのだ。

3. ひっぱりうどんの糖質はどのくらい?

ひっぱりうどんは、うどん自体が炭水化物の塊であるため、糖質も多めとなっている。乾麺のうどん100gには、69.5gの糖質が含まれている。ここにつけダレの糖質も加わるとなることをふまえると、
1食あたりの糖質量は70〜80g以上になると考えておいたほうがよい。

ただし、うどんには糖質カットされているものも数多く市場に出回っている。糖質の量が気になるのであれば、こういった糖質オフのうどんを探してみるとよいだろう。

4. ひっぱりうどんをカロリーオフする食べ方

ひっぱりうどんのカロリーは、普通のうどんと比べたら高いものとなっている。しかし、先述のつけダレを2人で分けると考えるとつけダレのカロリーは266.5kcal、乾麺のうどんを100g茹でて食べたとすると348kcalがそこに加わり、1食は約614.5kcalとなる。

厚生労働省が定めている成人男性(30代、身体活動レベルⅡ)の1日の摂取カロリーの目安は2650kcalとなっており、1食あたりのカロリーに換算すると800〜900kcalほどだ。つまり、1食をひっぱりうどんだけで済ませるのであれば、それだけでカロリーオフする食べ方になっているというわけだ。

さらに健康を意識するのであれば、先述の糖質をカットしているうどんを使えばさらにカロリーオフすることが可能だ。

結論

ひっぱりうどんはつけダレが具沢山なこともあり、普通のうどんよりカロリーは高めだ。しかし、その分栄養も豊富で食べごたえもある。カロリーを気にしている人は、糖質オフのうどんを使用してもよいだろう。ちなみに、ひっぱりうどんという名前の由来は鍋から直接うどんをひっぱって食べることに由来している。たまには、本場に習って家族で一つの鍋からうどんをひっぱって食べるのもよいのではないだろうか。
この記事もCheck!

おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ