このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

筋子ほぐしのコツはぬるめの塩水!時短で絶品料理を味わおう

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 藤江美輪子(ふじえみわこ)

2019年8月 7日

筋子とは、卵巣に包まれたままの鮭などの魚卵のこと。筋子を料理に使いたくても、筋子のほぐし方がわからず困ったという人も少なくないはず。そこで今回は、誰でも簡単にできる筋子のほぐし方と、筋子を使用した絶品レシピ、筋子の保存方法について紹介していく。

1. 誰でも簡単!筋子をほぐすコツはぬるま湯に塩!

筋子は、塩入りのぬるま湯を使うと上手にほぐすことができる。
ただのぬるま湯の中で優しく筋子をほぐす方法が知られているが、それでは卵同士がぎゅっとくっついているためなかなかほぐれない。さらに、卵が割れやすく、旨みも逃げていってしまう。
そこで使用するのが塩だ。ぬるま湯に塩を入れるだけで、塩の成分で膜と粒がはがれやすくなり、格段にほぐしやすくなることで、卵を傷めることもない。
ぬるま湯の温度は40℃程度をおすすめする。筋子をほぐす水が冷たいと卵同士が離れにくく、一方で熱すぎると卵が傷んでしまう。そのため、40℃程度のぬるま湯が最も適しているのだ。
また、泡立て器を使って筋子をほぐす方法もある。泡立て器の形状が卵同士を引き離しやすいものになっているため、軽くスライドするだけで簡単にほぐすことが可能だ。
どの方法がやりやすいか実践してみてはいかがだろう。

2. ごはんのおともに最適!筋子の絶品レシピ

上手に筋子をほぐすことができても、「筋子の調理方法がわからない」「どのようなレパートリーがあるの?」と思っている人も多いのではないだろうか。
そこでおすすめの筋子を使用したレシピを紹介していく。
  • 筋子の醤油漬け
筋子をぬるま湯でほぐし、爪楊枝などで筋に入っている血も抜く。醤油・酒・みりんを用意し、鍋でひと煮立ちさせる。冷めたら筋子を入れて冷蔵庫で一晩寝かす。翌日にキッチンペーパー等で水気をきったら完成。
簡単に短時間で作れる、ごはんのおともに最適な一品だ。
  • 鮭の親子丼
筋子をぬるま湯でほぐし、一口サイズにする。鍋にみりんを入れ、中火で煮立てる。そのあとボールに移し、醤油と筋子を加え絡める。
鮭はラップをかけて電子レンジで2分程度加熱し、骨を取りほぐす。どんぶりにごはんを盛って筋子と鮭をのせて完成。好みで貝割れ大根をのせてもよし。
  • 筋子の和風ペペロンチーノ
筋子をぬるま湯でほぐしておく。パスタを茹でながら、エリンギと青ネギをオリーブオイルで炒める。茹で終えたパスタをエリンギと青ネギを炒めたフライパンに混ぜ、醤油と和風出汁を加えて再度炒める。最後に大葉を散らして完成。
休日のお昼などにパパッと作れるおすすめメニューだ。

3. ポイントは冷凍!筋子を美味しく保つための保存方法

筋子の鮮度を保つコツは、冷凍保存にある。
「冷蔵庫に保管しておけば大丈夫だろう」と考える人もいるかもしれないが、冷蔵では筋子を傷めてしまう可能性がある。完全に冷却保存できる冷凍庫に入れて保存すると、鮮度を保つことが可能だ。一腹ずつラップにかけて保存しよう。
また、冷凍した筋子を使用する際は、冷蔵庫で自然解凍させるとよい。冷凍庫からいきなり常温に出すと、急な温度変化によって筋子の味・鮮度が低下してしまう。
正しい保存方法を行い、美味しい筋子料理を作ろう。

結論

「筋子料理は時間がかかりそう」「調理が面倒なのでは?」と思っている人も、今回紹介したぬるま湯に塩を入れてほぐせば簡単に筋子ほぐしを行うことができる。ぜひ実践していただき、時短で筋子を使った絶品料理を味わおう。
この記事もCheck!
\この記事をシェアする/    
\この記事をシェアする/    
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ