このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

酸っぱいもの好きにうってつけ!【サンタローザ】ってどんなスモモ?

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 黒沼祐美(くろぬまゆみ)

2019年8月18日

アメリカ産のスモモ、サンタローザ。世界中で食べられているサンタローザは、特有の酸味とほのかな甘みを楽しむことができる。本記事ではサンタローザの特徴やおすすめのアレンジ方法などを中心に詳しく解説していくので、参考にしてもらえると嬉しい。

1. 世界中で愛されている!サンタローザの特徴は?

サンタローザはアメリカで誕生したスモモである。日本スモモとアメリカスモモをかけ合わせて作られた経緯があり、現在では世界中でシェアされているポピュラーな品種として知られている。日本でも数多く栽培されており、大石早生やソルダム、太陽といったメジャーな品種の次に多く栽培されている。

サンタローザの味や見た目は?

サンタローザは酸味をしっかりと感じることができる。酸味だけが強調されているだけでなく甘みも感じることができるため、甘酸っぱい味が好きな人にはうってつけだ。また、サンタローザ特有の甘い香りも楽しめる。

サンタローザの皮は深紅色で、果肉は黄色をしている。重さは約100~150gほどあり、ほかの品種のスモモと比較すると大きいサイズである。

サンタローザの生産地やシーズンは?

国内では、和歌山県や山梨県、福島県といった地域でサンタローザが栽培されている。北海道から九州まで、幅広い地域で育てることができる品種といえるだろう。

また、サンタローザは7月中旬~8月頃に収穫することができる。夏になると酸っぱいものが食べたくなる人が増えるので、酸味のあるサンタローザは夏のデザートにおすすめだ。

2. サンタローザのおすすめの食べ方は?

サンタローザの酸味は、さまざまなスイーツや軽食と相性がよい。デザートとしてアレンジできるだけでなく、サラダの具材としても使えるため、スモモが好きな人はぜひ以下のアイデアを参考にしてみてほしい。

ヨーグルトと相性バツグン!サンタローザのジャム

サンタローザと砂糖を30分ほど鍋で煮込むと、甘酸っぱいジャムができるので、パンやヨーグルトなどをよく食べる人はぜひ試してみてほしい。とくに、ヨーグルトの酸味とサンタローザの酸味は相性がよいので、酸っぱいものが好きな人にはおすすめだ。

さわやかな喉ごし!サンタローザのドリンク

サンタローザの酸味をやわらげたい場合は、果肉をすりつぶしたものを水で割って飲むとよい。それでも酸っぱさを感じる場合は、はちみつをまぜたり、ほかのフルーツジュースで割ったりするのもおすすめである。

軽食におすすめ!サンタローザのサラダ

スモモというとデザートのイメージが強いかもしれないが、じつはサラダの具材にもぴったりだ。スモモのほかに帆立や、レタス、ルッコラといった具材を加え、白ワインビネガー、オリーブオイル、塩などで味付けし、ピンクペッパーをトッピングすると、酸っぱくてさわやかな風味のサラダができる。酸っぱいサラダが好きな人や、夏らしさを感じられるサラダが食べたい人は、ぜひ試してみてほしい。

甘酸っぱさがたまらない!サンタローザのチーズケーキ

サンタローザの酸っぱさを活かしたスイーツを作りたいのであれば、コンポートにしてチーズケーキにアレンジするのもよい。種を除き、ひと口大に切ったサンタローザを水と砂糖で煮込みコンポートにする。そのコンポートを手作りしたチーズケーキにトッピングしてみよう。チーズケーキの酸味とサンタローザの酸味が絶妙に相まって、さわやかな風味を楽しむことができる。

3. サンタローザの保存方法に注意!

市販のサンタローザのなかには、早めに収穫されているものもあるため、購入後にすぐ食べてしまうと未熟で酸っぱい可能性がある。そのため、実がまだ硬いサンタローザを購入した場合は常温で保存し、追熟(さらに熟成させる作業)をしよう。完熟した場合は新聞紙などで包んでからビニール袋に入れて冷蔵保存し、早めに食べきることをおすすめする。

結論

甘酸っぱい味が人気をよんでいるサンタローザ。スモモの酸味が好きな人は、ぜひサンタローザを生で食べてみるとよい。反対に、サンタローザの酸味が苦手な場合は、ドリンクやスイーツにアレンジすると美味しく摂取できるので、ぜひ試してみてはいかがだろうか。
この記事もCheck!
\この記事をシェアする/    
\この記事をシェアする/    
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ