このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

使い勝手抜群!豚バラスライスを使ったおすすめレシピ3選

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 渡邉里英(わたなべりえ)

2019年8月12日

値段も手頃で、ボリュームもあり、ジューシーで美味な豚バラスライス肉は、非常に使い勝手のよい食材である。好んで食材に使用される方もたくさんおられることだろう。豚ロースや豚ももなどの部位の代用品としても豚バラスライスは重宝する。今回は、そんな豚バラスライスを使って作る定番料理のレシピを3品ご紹介しよう。

\この記事をシェアする/     
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 豚バラスライスで作る生姜焼き

豚肉の生姜焼きといえば、生姜焼き用として売られている豚ロース肉を使用して作る方法が最もポピュラーだ。しかし、豚肉の生姜焼きは、豚バラスライスを使用しても、十分に美味しく作ることが可能だ。

実際、豚バラスライスを使った生姜焼きのレシピも、数多く紹介されている。今回は、その中から最も簡単でしかも美味しく作れるレシピをご紹介しよう。

材料 (2人分)

豚バラスライス:200g
玉ねぎ:1/2個(うち半分はすりおろしてタレに加える)
薄力粉:大さじ1

タレの材料

酒 : 大さじ2
醤油:大さじ2
みりん:大さじ2
砂糖: 小さじ1
生姜のすりおろし:1片分
玉ねぎのすりおろし1/4個分

作り方の手順

1.ボウルに上記のタレの材料を入れよく混ぜ合わせておく
2.豚バラスライスを適当な大きさに切り、旨味を閉じ込めるために両面に薄力粉をまぶす
3.豚フライパンに薄く油をひき、そこに豚バラスライスを入れて、軽く炒める
4.肉の色が変わったら、薄くスライスした玉ねぎを加え、豚肉に十分に火が通るまで炒める
5.ぺーパータオルで、フライパンの余分な脂を取り除いた後、1で作ったタレを豚肉によく絡ませる
6.全体にとろみがついたら出来上がり!

2. 豚バラスライスで作る角煮

通常、豚の角煮は、豚のブロック肉で作るが、それだと手間も時間もかかるため、忙しいときは敬遠しがちだ。しかし、豚バラスライスなら、火の通りも早く、味もしっかりと浸み込ませることができるので、簡単かつスピーディーに角煮を作ることができる。

材料 (2人分)

豚バラスライス:300g
片栗粉:大さじ1
ゆで卵: 2個
サラダ油:小さじ2

タレの材料

酒 : 大さじ2
醤油:大さじ4
みりん:大さじ2
砂糖: 大さじ2
生姜のすりおろし:小さじ1
水:100ml 

作り方の手順

1.豚バラスライスを広げて、くるくると巻いて形を整える
2. 巻き終わったら、豚バラスライスを並べて、全体に片栗粉をかけてよくまぶす
3. フライパンにサラダ油を入れ、豚バラスライスを中火で焼いていく
4. 豚バラスライス全体に焼き色がついたら、タレの材料とゆで玉子を加え、菜箸などで転がしながら、ひと煮立ちさせる
5.その後、火を弱め、10分程度煮込めば出来上がり!

3. 豚バラスライスで作る酢豚

酢豚は、通常、酢豚用の豚ももの角切り肉を使用するが、豚バラスライスで全く問題なく美味しく作ることができる。ただ、ちょっとしたコツは押さえておく必要があるだろう。

材料 (2人分)

豚バラスライス:200g
ニンジン:1/2本
ピーマン:2個
玉ねぎ:1/2個
お好みで、しいたけ、タケノコの水煮などを加えても可
サラダ油 大さじ1

豚バラスライスの下味用

片栗粉:適量
醤油 :小さじ1
砂糖 :小さじ1

合わせ調味料の材料

醤油:大さじ2
酢:大さじ1
砂糖:大さじ1

仕上げ用として水溶き片栗粉を、水と片栗粉を1:1の割合で混ぜ合わせて用意しておこう。

作り方の手順

1.豚バラスライス以外の材料を適当な大きさに切っておく。ニンジンや玉ねぎなど、火の通りにくい食材は、気になるようであれば下茹でしてもよい
2.ポリ袋などに豚バラスライスと醤油、砂糖を加え、よく混ぜ合わせる
3.2に片栗粉を加え、よく絡ませる
4.豚バラスライスを袋から取り出し、余分な片栗粉をはたく
5.フライパンにサラダ油を入れて熱し、豚バラスライスを加え、転がしながら炒めていく
6.豚バラスライスの表面に焼き色がついたら、ほかの材料を加え混ぜ合わせながら、炒めていく
7.合わせ調味料を加え、全体によくなじませる
8.仕上げに水溶き片栗粉を入れ、とろみがついたら出来上がり!

結論

今回ご紹介した、豚バラスライスを使った定番料理3品のレシピをぜひ一度、お試しいただきたい。お手頃価格で入手でき、しかも美味しく、幅広い料理に活用できる豚バラスライスは、大変に優秀な食材であることを、改めて実感していただけることだろう。
この記事もCheck!

おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ