このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

海の魚は皮から、川の魚は身から焼くのはなぜ?

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 佐々木倫美(ささきともみ)

2019年8月 9日

「海背川腹」という言葉を聞いたことがあるだろうか。これは、海の魚は皮側から焼き、川の魚は身から焼くことを示している。地域によっては真逆の言い伝えもあるようだが、なぜ魚が獲れる場所によって焼き方を分けた方がよいのかは気になるところだ。ここで一度、魚の焼き方について考えてみよう。

\この記事をシェアする/     
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 魚を美味しく焼くポイントは油と水分!

海で獲れる魚は背中が青く、脂がのっているものが多い。身にも水分を多く含んでいるため、基本的に皮を上にして焼くのがおすすめだ。そうすることで余分な水分や脂肪分を落としながら焼くことができ、美味しくなるのである。

一方、川で獲れる魚は、身を上にして焼く。川魚は脂肪分が少なく淡白な味わいなので、なるべく油を落とさないようにするのがポイントだ。

青魚を一匹丸ごと焼くときは、盛り付けをするときに上になる方の面から焼いていく。しかし、これは昔ながらの囲炉裏や七輪で焼くときの話であり、現在は魚焼き器を使って焼くのが普通だ。ボタンを押すだけで表面を調整しながら焼いてくれるため、魚を裏返す必要はほぼなくなっている。バーベキューで魚を焼くことがあれば、試してみて欲しい。

また、川魚は独特の匂いがあるため、しっかりと火を通すことが望ましい。魚は焼き方次第で美味しさが決まるものだ。どの面から焼くか、どのくらいの焼き加減にするか、好みによっても異なる。美味しく食べられる方法を自分なりに見つけてみよう。

2. 海の魚の種類とそれぞれの特徴

普段食べている魚がどこで獲れるのか、知らない人も多いはずだ。魚の旬や産地を知り意識して選ぶようにすると、さらに料理が楽しくなるだろう。

アジ

千葉、長崎、新潟などで獲れる青魚。4月から7月に旬を迎える。エラが鮮やかな紅色をしており、目が澄んでいる物を選ぶとよい。家庭料理でもよく使われる魚だ。

カツオ

1年の中で2回旬を迎え、その時々で収穫される地域も異なる。カツオのたたきが有名であるが、煮物や炒め物など幅広いレシピで楽しめる。

カレイ

カレイといっても種類が非常に多く、獲れる地域や季節によってさまざまな味わいを楽しむことができる。日本各地の沿岸で収穫され、煮付けや刺身、唐揚げで食べると美味しい。

ブリ

日本海沿岸と高知、長崎などで獲れるブリは出世魚と呼ばれ、成長過程に合わせて呼び方が変わる。35cm以下のワカシからスタートして、80cm以上の体調を持つものをブリと呼ぶ。脂がのる12月から3月のブリは栄養価が高く、不飽和脂肪酸と呼ばれるDHAやEPAが豊富に含まれている。

マグロ

寿司ネタとしてもお馴染みのマグロは、釣り好きの間では一目置かれる魚だ。一本釣りで知られる青森県の大間のマグロは高価な値段が付けられることもある。栄養価も優れておりタンパク質や良質の脂質、ビタミンミネラルが豊富である。

3. 川で獲れる魚とそれぞれの特徴

鮭はピンクがかった身の色をしているが、これはアスタキサンチンと呼ばれる色素成分によるもので、実は白身魚に分類される。一度海へ出て成長してから川に戻ってくるため、脂が乗って美味しくなる。

ニジマス

鮭の仲間であるニジマスは、食用とされる川魚の中でも一般的といえるだろう。身はサーモンピンクで、熱を通しても身が硬く締まらずふっくらと柔らかいのが特徴である。体側にある赤い帯がくっきりしているものが新鮮だ。

アユ

夏の始まりを感じさせる風物詩でもある。香魚とも呼ばれ、水質の良い河川で獲れるアユは良い香りが漂う。美味しいアユはスイカのような香り、そうではないアユはキュウリのような香りがすると例えられる。

結論

海で獲れる魚は脂ののった青魚が多いが、フグやキスのような白身魚もある。焼き魚のようなシンプルな料理は魚の美味しさを最大限に引き出してくれるので、旬の時期には素材の味を楽しめる焼き魚がおすすめだ。「海背川腹」を意識しながら、魚を上手に焼いてみよう。
この記事もCheck!

おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ