このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

テキーラの飲み方とは?美味しくて飲みやすい方法を伝授

投稿者:ライター 筒井千菜実(つついちなみ)

監修者:管理栄養士 藤江美輪子(ふじえみわこ)

2019年8月23日

テキーラというと、ショットで一気飲みをするイメージが強いのではないだろうか。まだまだ日本ではなじみが薄いテキーラだが、飲み方によってはどんな人でもテキーラを堪能し、楽しむことができる。今回は、王道な飲み方からおしゃれなカクテルまで、テキーラのさまざまな飲み方と魅力を伝える。

1. テキーラについて詳しく知ろう

テキーラとはメキシコ発祥の蒸留酒。テキーラは法律によって、生産地や使用する原料の割合、アルコール度数などが決められており、これらをクリアしなければテキーラと名付けられない。

また、テキーラの原材料はサボテンと認識している人も多いが、実際はリュウゼツランという多肉植物だ。このリュウゼツランは育ちが遅く、酒の原材料として使えるようになるまでに5年はかかるといわれている。リュウゼツランは育てる期間が長ければ長いほど甘くなるので、10年以上もの歳月をかけて育てたリュウゼツランを使って作ったテキーラは高級品として扱われている。

ほかにも、テキーラの印象としてアルコール度数が高いというイメージを持っている人も多いだろう。しかしテキーラのアルコール度数は、市販で出回っているもので38~40%ほど。数字だけ見ると高く思うが、ウイスキーは40~60%、ジンは40~50%なので、飛び抜けて高いというわけではない。

2. テキーラの正しい飲み方

店でテキーラを注文したことがある人は知っているだろうが、テキーラをショットグラスで注文するとライムと塩が一緒についてくる。これはテキーラを飲みやすくするためだけのものではなく、度数の高いアルコールから身体を守ってくれる効果も期待できるのだ。ライムにはビタミンCが含まれており、かじることによってアルコールから喉を保護してくれるうえ、悪酔いも防いでくれるといわれている。

また、塩をなめることでたくさんの唾液が分泌され、その唾液で喉を保護する働きがあるといわれているのだ。「テキーラ本来の味を楽しみたい」、「ショットグラスで飲みたい」という人は、まず塩を少量舐め、テキーラを飲み、最後にライムをかじるという飲み方で楽しもう。

3. テキーラを飲みやすくするには?

テキーラの正しい飲み方は理解いただけただろうか。しかし、テキーラをそのまま飲むのは抵抗があるという人も多いだろう。次は、テキーラを飲みやすくするアレンジ、テキーラを使ったカクテルの作り方を紹介する。

ショットガン

テキーラと炭酸水、またはジンジャエールを1:1で割る。炭酸がテキーラ全体にいきわたらせながら飲む。この飲み方は酒が苦手な人でも飲みやすくなっている。飲みやすいからといってガンガン飲んでいると急に酔いが回ってきたり体調を崩してしまったりということもあるので注意が必要だ。

エル・ディアプロ

クレームドカシスとレモンジュースとジンジャエールとテキーラを混ぜたカクテル。ビタミンCが豊富なエル・ディアプロは女性に人気のカクテルだ。

コンチータ

グレープフルーツジュースとレモンジュースとテキーラを混ぜたら完成。柑橘系のカクテルでさっぱりとした風味が特徴だ。

マタドール

グラスに氷を入れ、パイナップルジュース、レモンジュース、塩、テキーラを入れ混ぜたら完成。マタドールは甘酸っぱく、飲みやすいカクテルなので女性におすすめ。

結論

テキーラはなんとなくしか知らない、という人は多いのではないだろうか。テキーラはこだわり抜かれた製法で作られている酒のひとつで、深い歴史もある。また、テキーラを使った美味しい飲み方を知っていれば、酒の席で注目を浴びること間違いなしだろう。
この記事もCheck!
\この記事をシェアする/    
\この記事をシェアする/    
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ