このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

パーティーにもおすすめ!サングリアの美味しい飲み方を紹介

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 藤江美輪子(ふじえみわこ)

2019年10月23日

カットしたフルーツと赤ワインを混ぜ冷やして作るサングリア。フルーティーな口当たりで飲みやすく女性にも人気である。サングリアのいいところは自宅でも作ることができることだ。好みのフルーツとワインを組み合わせれば手軽に作ることができる。そのためフルーツの組み合わせや入れる材料によって飲み方もさまざまである。今回は夏にもぴったりなサングリアの美味しい飲み方について紹介する。

\この記事をシェアする/     
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. サングリアの飲み方

フルーツの種類やワインを変えるとまた違った風味で楽しむことができるのがサングリアのよさともいえるだろう。自宅の余ったワインで作れる手軽さも嬉しい。
ではサングリアはどのように飲むとより美味しくなるのか。ここではサングリアの飲み方について紹介する。

・ストレートで飲む

サングリアは冷やしてそのままストレートで飲むのも美味しい。入れるフルーツやワインによって味が変わるので素材の味を感じられるのでおすすめだ。

・氷を入れてロックで飲む

グラスに氷を入れてサングリアを注いで飲むロックもおすすめだ。アルコールの度数も下がるので酒が苦手な人でも飲みやすくなる。喉を潤したいときにぴったりだ。

・ホットにして冬でも飲みやすく

サングリアは冷蔵庫や氷で冷やして飲むイメージが強いが、ホットもおすすめだ。マグカップに入れてレンジで加熱するだけなので簡単にできる。身体の中からポカポカしてくるため冬におすすめの飲み方である。

2. サングリアのアレンジレシピ

サングリアにはアレンジ方法がいくつもある。フルーツやワインを変えるなど、ひと工夫するだけでおしゃれな飲み物となる。ここではサングリアのアレンジレシピについて紹介する。

・赤ワインではなく白ワインで作る

サングリアは赤ワインを使うイメージが強いかもしれないが、赤ワインの代わりに白ワインを使うとさっぱりとした味が楽しめる。白ワインは酸味が強いため、ライムやレモンなどの柑橘系やパイナップルなど南国系フルーツと合わせるといい。
おすすめのレシピは白ワインと少量のオレンジジュース、スライスオレンジを入れたサングリア。柑橘のさわやかな1杯となりおすすめだ。

・凍らせたフルーツをトッピング

サングリアに凍らせたカットフルーツをトッピングすると、よりフルーティーな味わいが楽しめるだろう。見た目もよく、涼しげな口当たりは喉を潤したいときにはぴったりだ。

・炭酸で割ると酒が苦手な人も飲みやすい

できあがったサングリアを炭酸水で割ると、口当たりがよく酒が苦手な人でも飲みやすくなりおすすめだ。無糖でもいいが砂糖の入った炭酸水もフルーツと相性がいいため、また違った風味を楽しむことができる。

3. サングリアに合う料理は?

サングリアにはどのような料理が合うのだろうか。ここではサングリアと相性バツグンの料理やつまみを紹介する。

・チーズ

チーズは、酒の定番つまみのひとつ。ワインベースの酒であるサングリアは、チーズ全般と相性がよく、店頭で見かけることが多いプロセスチーズやクリームチーズなどとも合う。クラッカーやビスケット、トマトなどと組み合わせても美味しいのでアレンジがしやすいだろう。

・オリーブオイルを使った料理

サングリアはカルパッチョやマリネなどオリーブオイルを使った洋風料理とも合う。サングリア自体がフルーツを入れて甘い味付けになるため、塩コショウやオリーブオイルなどの味付けのものと一緒に食べるとサングリアのよさが際立つだろう。
サングリアはもともとスペイン発祥の酒なので、スペイン料理やスパイシーなポルトガル料理と合わせるとより美味しく飲める。一方あっさりした日本食や、味の濃い中国料理とはあまり相性はよくないだろう。

結論

さまざまな季節にぴったりなサングリアの美味しい飲み方を紹介した。ワインの種類や入れるフルーツを変えると違う味を楽しめ、トッピングを工夫すれば見た目も華やかになる。暑い夏にはさっぱりした口当たりのサングリア、冬にはまったりとした温かいサングリアがおすすめだ。次の休みには自宅でも簡単に好きなワインとフルーツを使ってサングリアを作って、宅飲みを楽しんでみてはいかがだろうか。
この記事もCheck!

おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ