このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

トニックウォーターの美味しい飲み方は?自宅で店の味を再現しよう

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 藤江美輪子(ふじえみわこ)

2019年10月23日

カクテルの割り材として使われることの多い、トニックウォーター。お酒をよく飲む人にとっては、慣れ親しんだ飲み物ではないだろうか。今回は、トニックウォーターそのものの魅力や、トニックウォーターの美味しい飲み方について紹介する。自宅飲みで店のような味を再現するためにも、トニックウォーターの使い方をマスターしておいてほしい。

\この記事をシェアする/     
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. トニックウォーターとソーダの違いは?

お酒を取り扱う店では、トニックウォーターと炭酸水どちらも販売しているところがほとんど。ほぼ同じ見た目のトニックウォーターと炭酸水だが、一体何が違うのだろうか。トニックウォーターは、18世紀にイギリスで誕生した飲み物だとされている。炭酸水にレモン・ライム・オレンジなど、柑橘系果物の皮やハーブのエキスを加えたものがトニックウォーター。トニックウォーターには、柑橘系果物やハーブなどのエキスが配合されていることもあり、ほろりと苦みを感じる。そのため、キリっと飲みごたえのお酒と相性がいいのだ。甘ったるい飲み物が苦手だという人でも、すっきりと飲めるドリンクである。
一方炭酸水は、水と炭酸ガスで作られた飲み物。トニックウォーターのように香りや味がしないため、シュワシュワとした飲みごたえだけをプラスしたいときに使える飲み物である。どちらもお酒の割り材として使える飲み物だが、大人っぽい風味を出したいときにはトニックウォーターを使うのがおすすめだ。

2. トニックウォーターといえばジントニック!

トニックウォーターを使った代表的なカクテルといえば、ジントニック。バーなどでも必ずメニューに並ぶ、超定番カクテルだ。作り方はとてもシンプル。カクテルグラスに氷を入れてジンとトニックウォーターを注いで混ぜ、ライムやレモンを絞れば完成。簡単なレシピだが、無限の美味しさが広がるカクテルとして愛好家を増やし続けている。
ジントニックの魅力は、トニックウォーターの炭酸とほろ苦さ、コク。まさに、大人のためのカクテルである。炭酸水と違って味や風味にバリエーションのあるトニックウォーターは、どんな種類のものを使うかによってジントニックの味わいに変化をもたらす。また、ジントニックにかかせないジンとトニックウォーターの香りづけ方法が似ているというのも、ジンとトニックウォーターの相性がいい理由なのだ。

3. トニックウォーターを使って作る美味しいカクテル

お酒と相性ぴったりな風味があるトニックウォーターは、さまざまなカクテルと相性ぴったり。トニックウォーターの美味しさが活きるカクテルとは、どのようなものがあるのだろうか。

お酒が苦手な人におすすめの「スプモーニ」

お酒があまり得意ではないという人には、さわやかなグレープフルーツの香りが印象的なスプモーニがおすすめ。氷を入れたグラスに、カンパリ・トニックウォーター・グレープフルーツジュースを注ぐ。あとは軽くかき混ぜて、カットしたグレープフルーツやオレンジを飾れば完成だ。トニックウォーター自体に柑橘の香りがついているので、グレープフルーツジュースやカンパリともバツグンの相性。トニックウォーター×グレープフルーツジュースで割るので、アルコール度数も低く抑えることができる。

辛口好きにおすすめの「スカイシトラストニック」

キリっと辛みのあるカクテルが好きだという人には、柑橘のさわやかさが口いっぱいに広がるスカイシトラストニックがおすすめ。スカイシトラスとトニックウォーターを1:2の比率で割っただけの、簡単カクテルだ。スカイシトラス自体が持つ爽快感にトニックウォーターの風味がプラスされ、大人味のカクテルに。料理とも相性のいいカクテルである。

結論

柑橘系果物やハーブのエキスを配合しているトニックウォーターは、お酒を割る材料としてだけでなくそのまま飲んでも美味しく味わえるドリンクだ。甘みがほとんどないので、甘ったるい飲み物が苦手だという人にもおすすめ。また、カクテルだけではなく、ハイボールの割り材として使ってもまた違った味わいを楽しむことができる。トニックウォーターを大いに活用して、自分好みの飲み方を生み出してみてほしい。
この記事もCheck!

おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ