このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

レタスより栄養豊富!【サニーレタス】の特徴や魅力を大解剖

投稿者:ライター 松崎茉莉奈(まつざきまりな)

監修者:管理栄養士 藤江美輪子(ふじえみわこ)

2019年8月27日

代表的なリーフレタスのひとつ「サニーレタス」。葉先の鮮やかな赤紫色とひらひらとした形状は見栄えもよく、彩りを加えたい料理を作るときに人気の野菜。葉質がやわらかいため、サラダのほかに肉を巻いて食べることもある。サニーレタスは、一般的なレタスとは異なり緑黄色野菜に分類され、栄養が豊富に含まれているのも大きな特徴だ。今回はサニーレタスについて紹介しよう。

1. サニーレタスの特徴

サニーレタスとはその名の通りレタスの仲間で、結球していないリーフレタスの一種である。葉先の濃い赤紫色が鮮やかで、葉面が縮れておりボリュームが出ることからサラダの具材として人気がある。かつては飲食店などからの需要が大半であったが、最近ではスーパーでも通常の玉レタスと同等、あるいはそれ以下の価格で販売されるようになったため、一般消費者にも広く親しまれるようになった。

サニーレタスの栄養

サニーレタスは、一般的な玉レタスとは異なり緑黄色野菜に分類される。そもそも緑黄色野菜とは、可食部100gあたりのカロテン含有量が600μg以上の野菜のことをいう。一般的なレタスのカロテン含有量は240㎍なので淡色野菜に分類されるが、サニーレタスにはなんと2000㎍含まれている。このほかにも、サニーレタスは玉レタスより、カリウムをおよそ2.5倍、ビタミンE、K、Cを3~5倍、鉄を約6倍多く含んでいる。

2. サニーレタスの旬や選び方

サニーレタスは年間を通して流通しているが、とくに多いのは春から秋にかけてである。サニーレタスに限らずレタス類は日持ちが悪く、時間が経つにつれて苦みが増すため、購入する際は次の点に注意して選ぼう。

葉先まで鮮やかに色づき、ハリがあるもの

葉先の部分は濃い赤紫色、それ以外は綺麗な緑色のものを選ぼう。葉先部分はやや見分けにくいが、緑の部分は赤茶色く変色しているのが分かりやすいため、しっかりとチェックしよう。また、葉がしなびていたり、葉先が黒くただれたりしているものは鮮度が落ちている証拠なので注意しよう。

切り口がみずみずしく、新鮮なもの

根もとの切り口が白く、みずみずしいものを選ぼう。また、手にとって重いものは育ちすぎて葉がかたく、苦みも増している可能性があるので気をつけよう。

3. サニーレタスの食べ方

サニーレタスも通常の玉レタス同様、手でちぎって使おう。包丁などの金属製の刃物で切ると、変色しやすいので注意する。そのまま生で食べるのが一般的だが、加熱して食べることもできる。炒め物に使う場合は、軽く火を通す程度にして、サニーレタスからの水分の流出を抑えよう。

定番サラダに!

最もポピュラーな食べ方はサラダである。盛りつける際には器の淵に葉先のひらひらした部分が来るようにすると見栄えがよい。クセがないのでトマトやコーンとあわせて洋風サラダにしたり、海苔や大葉とあわせて和風サラダにしたりと、さまざまなサラダに使うことができる。

肉やごはんを包んで食べよう!

葉質のやわらかいサニーレタスで、サンチュの代わりに焼肉を巻いて食べてもよいだろう。油っぽさをやわらげてくれるのでおすすめだ。また、サニーレタスを巻きずしの海苔に見立ててごはんを広げ、ハムや卵、きゅうりなど好みの具材をのせ、巻いて食べても、洋風巻き寿司のようで美味しい。

4. サニーレタスの名前の由来

いまや一般的な玉レタスと同様、多くの人に親しまれているサニーレタス。しかしじつはサニーレタスという名は正式名称ではなく、欧米では「レッドリーフレタス」と呼ばれているのだ。

名前の由来

では、なぜ日本ではサニーレタスという名になったのだろうか。サニーレタスが日本で栽培され始めた1971年頃は、日本でもレッドリーフレタスという名で販売されていた。しかし、赤紫色の葉がなかなか受け入れられず、購入する人は少なかったという。そこで、当時人気絶頂だった車から「サニー」という名前をとり、サニーレタスという名で販売するようになった。

結論

レタスの仲間、サニーレタスについて紹介した。特徴的なのは鮮やかな葉先の色とちぢれた葉面だが、サニーレタスの長所はその見た目だけではない。通常のレタスより何倍もの栄養素を含んでいるのだ。いつも玉レタスしか使わないという人は、ぜひ一度サニーレタスを試してみてはいかがだろうか。
この記事もCheck!
\この記事をシェアする/    
\この記事をシェアする/    
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ