このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

テキーラのカロリーは?健康を気にする人でも罪悪感がない飲み方紹介

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 藤江美輪子(ふじえみわこ)

2019年9月 6日

酒を嗜む人なら一度はテキーラという名前は聞いたことがあるだろう。アルコール度数が高く、喉が焼けるようなイメージがある。アルコールの飲みすぎは、肥満や生活習慣病の原因となることが知られているが、テキーラはどうなのだろうか?テキーラは種類が豊富で、美味しく飲める酒である。今回は、そんなテキーラのカロリーや基本を紹介しよう。

1. テキーラのカロリーはどのくらい?

酒は、穀物や果実を酵母によってアルコール発酵させて造った醸造酒と、醸造酒を蒸留して造った蒸留酒に分類される。一般的に醸造酒よりも蒸留酒のほうが、アルコール度数が高くなる。テキーラは繰り返し蒸留を行うことで、アルコール度数が35〜55%にもなる蒸留酒だ。

アルコール度数が高い酒はカロリーが低い。という噂を聞いたことがある人もいるのではないだろうか。だが実際に比較してみると、テキーラのカロリーは100mlあたり約231kcalだ。ビールは100mlあたり約40kcal、ワインは約73kcalなので、ほかの酒に比べると、テキーラのカロリーはやや高いのがわかる。

だがそれは、100mlあたりのカロリーで比較しているからだ。ビールを100mlしか飲まないことはまずないだろう。テキーラはアルコール度数が高く、少量を少しずつ飲むような酒なので、実際に摂取するカロリーは大差がなさそうだ。

2. テキーラの栄養価は?

さきほどテキーラはカロリーが高いと述べたが、じつはテキーラに含まれているカロリーのほとんどは、アルコールのカロリーなのだ。テキーラなどの蒸留酒は、基本的に99%がアルコールと水で作られている。残りの1%が風味付けなどの要因の成分だ。このアルコールカロリーはほかの食品由来カロリーより優先的に消費されるといわれている。蒸留酒が太りにくいといわれるようになった要因だ。

ただし、アルコール由来のカロリーが優先的に消費されるということは、ほかの食べ物由来のカロリーが後回しになることを意味する。カロリー過多な食べ物と一緒にアルコールを摂取すれば、そのカロリーは消費されずに体内で蓄積することになってしまう。健康を気にしている人が酒を楽しむためには、合わせて食べる食事に気をつける必要がある。

3. テキーラの糖質は?

糖質は、カロリーとともに、健康を気にしている人が注目している栄養素の一種。近年は、カロリーよりも糖質のほうが重視されることもある。カロリーや栄養価のところでも説明したように、テキーラの成分はほぼアルコールと水だけなので、テキーラの糖質はずばり0gだ。

ただ、テキーラ商品の種類によっては、0.1g程度含むこともあるかもしれない。糖質を気にしている人にはもってこいの酒といえるだろう。ちなみに、テキーラは、脂質もほぼ0gである。

4. テキーラにおすすめのつまみ

酒を飲むとき、つまみが必須の人も多いだろう。せっかく糖質が低い酒を飲むなら、カロリーオフする食べ方でないともったいない。ここではテキーラと合わせて食べるとよいつまみを紹介しよう。

キムチ

キムチ自体のカロリーは低く食物繊維も豊富だ。また、キムチに含まれるカプサイシンは、エネルギー消費をあげる効果があることも報告されている。

冷奴

豆腐といえば高たんぱくで低カロリーの食品だ。同じ豆腐料理では、湯豆腐も身体を温めてくれるため、おすすめだ。

あさりの酒蒸し

あさりはカロリーが低いだけでなく、マグネシウムやカルシウム、さらには亜鉛など栄養価も高い。バター焼きだと高カロリーになるため、酒蒸しがよいだろう。

どれも低カロリーだが、食べすぎると意味がないため量は控えめにするとよいだろう。

結論

テキーラは100mlあたりで考えるとビールやワインより高カロリーだが、実際に飲む量や糖質量を含めて考えると、健康を気にしている人でも罪悪感少なめで飲める酒だろう。同じく蒸留酒であるウイスキーやウォッカも低糖質だ。いろいろ飲み比べたいときは、蒸留酒から探すとよい。ぜひ、ダイエット中はテキーラで乾杯をしてみてはどうだろうか。
この記事もCheck!
\この記事をシェアする/    
\この記事をシェアする/    
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ