このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

薬味だけじゃない!主役にもなる【ネギ】の食べ方を紹介

投稿者:ライター 松崎茉莉奈(まつざきまりな)

監修者:管理栄養士 黒沼祐美(くろぬまゆみ)

2019年10月23日

さまざまな料理の彩りやアクセントに使われる【ネギ】。一口にネギといってもいろいろな種類があるが、そのどれもが脇役になることが多い。しかし、ネギ自身には驚くほどの旨みがあるのだ。今回は脇役にとどまらせない、ネギが主役の美味しい食べ方を紹介しよう。

\この記事をシェアする/     
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 種類いろいろ!ネギの特徴

薬味の代表ともいえるネギだが、その種類は大きく根深ネギと葉ネギに分けられる。根深ネギは長ネギ、白ネギともいわれ、白く太い茎と甘みのある味が特徴である。葉ネギは葉の部分が大半を占め、青ネギとも呼ばれる。

このほかにも、万能ネギ、あさつき、わけぎなどさまざまな種類がある。かつて関東では根深ネギ、関西では葉ネギが主流とされていたが、近年は全国的にさまざまな種類のネギが使われている。

2. 料理によって変わる!ネギの切り方

ネギの切り方はいたってシンプルである。料理に合わせた切り方をしよう。生で食べるときにはできるだけ細かく、加熱する場合は食感を楽しめる切り方をするとよい。

小口切り

最も一般的なネギの切り方。薬味として使う場合や味噌汁に入れる場合などには小口切りにすることが多い。

みじん切り

みじん切りにするのはおもに根深ネギである。餃子やつくねの具材にしたり、ネギダレを作ったりするときにはみじん切りにする場合が多い。まず、使う長さの分だけ縦に切り込みを数ヶ所入れる。端から小口切りの要領で細かく刻んでいく。

斜め切り・ぶつ切り

根深ネギを鍋や煮物に入れるときは斜め切りにするとよい。断面が広くなるように、角度をつけて好みの薄さに切る。また、焼きネギを作る際には5~6cm幅のぶつ切りにするとよいだろう。

白髪ネギ

こちらも根深ネギの切り方。煮物の飾りなどに使うことが多い。根深ネギを5~6cm長さに切り、繊維に沿って中心まで切り込みを入れる。開いて黄色い芯を除き、白い部分をごくごく細いせん切りにする。切ったあとは水にさらしてから使うと、適度に辛みが抜け食べやすくなり、シャキッとした食感になる。

3. ネギを主役に!美味しいアイデアメニュー

薬味やタレの材料として使われることの多いネギだが、調理の仕方によっては主役にもなれる。ここではネギをメインとした美味しい食べ方を紹介しよう。

ネギ焼き

関西では馴染みのあるネギ焼きは葉ネギ料理の代表である。材料はお好み焼きとほとんど同じだが、豚肉やイカなどは入れない。あくまでネギがメインの料理である。お好み焼きよりもあっさりしていて食べやすいので、おやつにもピッタリだ。

焼きネギ

ネギ焼きと名前は似ているがこちらは根深ネギを使った料理。ぶつ切りにして中がとろとろになるまでじっくり焼くだけのシンプルな食べ方だ。好みで醤油やポン酢などをかけて食べるとよい。また、焼いたネギはマリネにしても美味しい。

ネギ天ぷら

食べたことがない人にはぜひ試してほしい一品。衣のサクサクとした食感と根深ネギのとろとろとした食感が絶妙である。塩に粉山椒を混ぜた山椒塩で食べるのがおすすめである。

ネギのナムル

根深ネギ、葉ネギどちらを使ってもできる簡単副菜。ネギを斜め薄切りにし、塩、黒こしょう、ごま油、いりごまで和える。ラー油を少し垂らすとピリ辛になり、よりごはんがすすむ。

ネギの生姜スープ

ネギに多く含まれる「アリシン」という成分には抗酸化力が強く、血液の流れを正常にして、身体を温める働きがあるため、冬の寒い時期には積極的に食べるようにするとよいだろう。同じく、身体を内側から温める効果が期待できるといわれるジンゲロン、ショウガオールを含む生姜とともに摂取するのがおすすめである。

4. 糖質制限中の人におすすめなネギの食べ方

100gあたりのネギの糖質量は根深ネギで5.8g、葉ネギで3.3gと少ないため、糖質制限中でも気にすることなく食べることができる。

上記で紹介したネギをメインとした料理のうち、生地に小麦粉を使うネギ焼きを除いては、どれも糖質量は高くないので、糖質制限中でも安心して食べられる。とくに根深ネギはぶつ切りや太めの斜め切りにするとボリュームが出るのでおすすめだ。汁物にすればスープで腹が満たされるので、満足感も得られるだろう。

結論

薬味に使われることが多いネギは、主役を引き立てるための名脇役ともいえる。しかし、ネギそのものにもしっかりと旨みや甘みがあるため、単独でも美味しく食べられるのだ。映画でもスピンオフとして、脇役が主役になることもあるように、たまにはネギを主役にした食べ方をしてみてはいかがだろうか。
この記事もCheck!

おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ