このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

ポリポリの食感がクセになる!【さやいんげん】の美味しい食べ方

投稿者:ライター 松崎茉莉奈(まつざきまりな)

監修者:管理栄養士 黒沼祐美(くろぬまゆみ)

2019年10月23日

インゲンマメの若いサヤを食べる「さやいんげん」。鮮やかな緑色が映えるため、付け合せなどによく使われる。ポリポリとした食感があり、クセになる味わいが特徴だ。ひとつひとつが小ぶりなため、脇役的な印象も強いさやいんげんだが、幅広い料理に使うことができる。今回はそんなさやいんげんの食べ方について紹介しよう。

\この記事をシェアする/     
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. さやいんげんの特徴

さやいんげんは若いサヤを食用とするインゲンマメの一種である。初夏~夏にかけて多く流通する。ポリポリとした食感が特徴的で、さまざまな料理に使われる。

さやいんげんにはいくつかの種類があり、大きく2種類に分けられる。1つはつるありのもので、栽培期間はやや長いが収穫量が多いため、全国的に栽培されている。もう1つはつるなしのもので、栽培期間が短く1年に3回収穫できることから「三度豆」とも呼ばれる。

2. さやいんげんの下処理

さやいんげんは調理する前にちょっとした下処理が必要な野菜である。簡単なのでやってみよう。

筋とり

さやいんげんの筋が残っていると口当たりが悪くなるので、取り除く必要がある。最近では筋がない品種も多く栽培されているため、筋とりが必要ない場合もあるが、筋があるものは処理をしよう。筋とりの仕方は簡単。へたの先端を指でつまんで内側に折り、下に向かって引っ張るだけである。あまり勢いよくすると途中でちぎれてしまうこともあるので、ゆっくり引っ張ろう。また、筋がない場合でもへたの部分がややかたいので、先端を切り落とすとよい。

下茹で

さやいんげんは固いため、そのまま炒め物などに使おうと思うと長時間加熱しなければならず、色も悪くなってしまう。そのためさやいんげんを使用する場合は下茹でして使用することが多い。また、下茹ですることで青臭さも消え、より美味しく食べることができる。茹で時間はさやいんげんの太さによるが1~3分程度がよいだろう。また、茹でる際に塩を加えると下味が付くとともに、色が鮮やかになるのでおすすめだ。茹でたあとは冷水にとってからザルにあげておく。

3. さやいんげんの美味しい食べ方

煮物などの彩りとして脇役になるイメージのあるさやいんげんだが、主役としても十分輝ける食材だ。ここではさやいんげんの美味しい食べ方を紹介しよう。

煮物

さやいんげんの鮮やかな緑色は全体的に茶色くなってしまいがちな煮物によく映える。ポリポリとした食感を残すなら火を止める少し前に、味をしっかりとしみ込ませたい場合は序盤から加えるとよい。

和え物

さやいんげんは下茹でして和え物にしてもよいだろう。ごまやマヨネーズ、粒マスタードなど和え衣を変えることでさまざまなバリエーションを楽しむことができる。

炒め物

さやいんげんは肉類との相性がバツグンなので、ベーコンやウインナーとともに炒め物にしても美味しい。水分が出にくい野菜なので弁当のおかずにもぴったりだ。

肉巻き

加熱してもへたりにくいさやいんげんは肉巻きにしてもよい。下茹でしたさやいんげんを豚肉やベーコンなどで巻いて焼くと美味しい。

4. 糖質制限中の人におすすめなさやいんげんの食べ方

さやいんげん100g中に含まれる糖質量は2.7gと少ないため、糖質制限中でも気兼ねなく食べられる。また、さやいんげんに含まれる「トリプシンインヒビター」や「α-アミラーゼインヒビター」には血糖値を正常に保つ働きが期待されているようだ。つまり、さやいんげんは糖質制限中の人には積極的に摂取してほしい食材なのである。

さやいんげんを一度にたっぷり食べたい人にはソテーやトマト煮などがおすすめである。トマト煮は、生のさやいんげんとホールトマトの水煮缶を一緒に煮るだけと手軽で美味しい、夏野菜料理だ。

結論

ポリポリとした食感が美味しいさやいんげんの食べ方について紹介した。加熱しても形が変わりにくいさやいんげんは扱いやすく、さまざまな料理に使うことができる。ほかの野菜に比べややマイナーな印象もあるが、ビタミンKやβ-カロテンなどの栄養素を豊富に含む優秀食材でもあるので、日常の料理に取り入れてみてはいかがだろうか。
この記事もCheck!

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ