このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

日本酒好きなら知ってる?【純米大吟醸】を選ぶときのポイント

投稿者:ライター 亀崎智子(かめざきさとこ)

監修者:管理栄養士 氏家晶子(うじいえあきこ)

2019年10月23日

日本酒と聞くとほかの酒よりも敷居が高いイメージを持つ人が多いかもしれない。とくに純米大吟醸は味わいと香りがよいということで、日本酒の中でも人気が高い。酒好きが飲むイメージが強いかもしれないが、本格的な辛口から飲みやすい甘口まで幅広い種類がある。そこで、今回は純米大吟醸を選ぶときのポイントを紹介する。

\この記事をシェアする/     
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 純米大吟醸を美味しく飲むために気をつけたいこと

純米大吟醸を選ぶときにおすすめのチェック方法をいくつか紹介しよう。

銘柄や酒蔵をチェック

いろいろな地域の酒蔵で純米大吟醸は作られている。しかし、それぞれの地域で好まれる日本酒の種類や酒蔵が力を入れて作っているに日本酒の種類は異なる。そのため、選ぶときには、純米大吟醸に力を入れて作っている酒蔵のものを選ぶことがおすすめだ。もしくは、日本酒が好きな人から好まれている銘柄から選ぶのもよいだろう。純米大吟醸で有名な銘柄としては、獺祭や十四代、醸し人九平次、久保田などがある。

原材料の米の種類をチェック

日本酒は米から作られるので、日本酒の味は原材料となる酒米がどのようなものであるかが重要なポイントである。純米大吟醸はラベルに使用した米の種類が記載されていることが多い。好きな米がある場合には、その米が使用されているものを選ぶのもおすすめである。酒米として有名なものには山田錦や五百万石、美山錦などがある。

2. 自分好みの純米大吟醸選びは香りと味に注目

銘柄を確認した次は、香りや味をチェックしていこう。

香り

日本酒の美味しさを決めるためのポイントとして重要なのが香りである。アルコールではあるが、アルコール臭さが強いものはおすすめできない。できるだけ抑えられているものを選ぶのが大前提である。そのうえで、自分好みの日本酒の華やかな香りや香りの強さを基準にするのがよいだろう。香りが強ければよいというわけではなく、ほどよい香りのものを選ぶのがおすすめである。難しい場合には、飲み比べや試飲ができる場所で複数を比較してみるのもよいだろう。

日本酒の味は大きく2つに分類できる。すっきり飲みやすいものが淡麗であり、コクがありどっしりとした飲みごたえあるものが濃醇である。そして、その中でそれぞれ甘口と辛口に分けられる。そのため、味は淡麗甘口、淡麗辛口、濃醇甘口、濃醇辛口の4種類がある。基本的に純米大吟醸は淡麗辛口のすっきりとした飲み口のものが多い。しかし、甘い純米大吟醸も存在しているので、甘口が好きな人はそちらを選ぶのがよいだろう。

3. 純米大吟醸を美味しく飲むために気をつけたいこと

淡麗辛口のものが多い純米大吟醸は華やかな香りとクリアな飲み口が特徴である。そのため、華やかな香りはもちろんすっきりとした飲み口を堪能するには、7~10℃に冷やして冷酒として飲むのがおすすめである。冷やして飲むことで味わいを引き立ててくれる。ただし、冷やしすぎると香りが落ち着いてしまい、楽しむことができなくなるので、冷やしすぎには注意が必要である。

また、熱燗にすると、味と香りのバランスが崩れてしまうので、あまりおすすめできない。冷えたものを飲むのが苦手な場合、35℃くらいの人肌程度のぬる燗にして飲むことで味と香りのバランスを崩さずに楽しむことができるので試してみるのもよいだろう。

とくに、飲み方にこだわりがない人や初めて飲む人は10~15℃くらいの常温で飲むのもおすすめである。常温で飲むことで、冷酒を飲むときのようなすっきりとした飲み口は減るが、違った味わいを楽しむことができるので試してみてもよいだろう。

結論

純米大吟醸はいろいろな味わいや香りを楽しむことができる日本酒の1つである。そのため、選ぶときのポイントをふまえつつ、自分にとってベストな純米大吟醸を選んでみるのもよいだろう。初めての人にとっては手が出にくいイメージが強いかもしれないが、お気に入りの1つを見つけてみてはいかがだろうか。
この記事もCheck!

おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ