このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

カップ焼きそばのカロリーはどれくらい?UFOとペヤングを比較

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 渡邉里英(わたなべりえ)

2019年9月19日

家計がピンチのときや、手軽に食事の準備を済ませたいときに大活躍するカップ焼きそば。普通に作る焼きそばよりも野菜が少なく、ほぼ麺だけでできているので、栄養バランスには期待できないかもしれないのは覚悟のうえだが、気になるのはそのカロリーだ。ここではカップ焼きそばの代表格であるUFOとペヤングを中心として、カロリーを見ていきたい。

1. 普通サイズのカップ焼きそばのカロリーはどのくらい?

カップ焼きそばは地域差のある商品で、北海道にはやきそば弁当、東北地方には焼そばバゴォーンなど、地域限定の商品も多いものだ。そんななかUFOとペヤングは全国的に販売されており、知名度も高い。まずはこの2つのカップ焼きそばのカロリーを見ていこう。

・UFO 1個128gあたり  エネルギー556kcal
・ペヤング 1個120gあたり  エネルギー544kcal

UFOとペヤングでは、 2つの量やカロリーに大きな差はないようだ。カップ焼きそばは同じ商品でサイズ展開がされており、大体大盛りサイズがある。ペヤングに至っては超超超大盛りという話題性の高い商品もあるので注目しておきたい。

2. 大盛りのカップ焼きそばのカロリーは?

UFOの大盛りサイズは167gで、標準サイズの2倍...というような単純なものではないようだ。

一方、ペヤングの大盛りは、超大盛りサイズのみである。標準サイズの約2倍の量である237gとなっており、ボリュームたっぷりで楽しめる。

・UFO大盛 1個167gあたり エネルギー 714kcal
・ペヤング超大盛 1個237gあたり エネルギー1081kcal

値段を比較してみると、標準サイズの希望小売価格はどちらも193円(税別)に対し、UFOの大盛は220円(税別)、ペヤングの超大盛は
230円(税別)である。麺の量を考えると、大盛りを選ぶときは、ペヤングの超大盛の方がUFOの大盛よりも得である。しかし、味の好みは人それぞれなので量によらず好きな方を選ぶようにするとよいだろう。こだわりがとくにない場合は、ペヤングの超大盛りで家族や友達とシェアするのもよいのではないだろうか。

3. 恐るべしペヤング!超超超大盛ギガマックスのカロリーは?

かつてない大きさを実現させたペヤングの超超超大盛ギガマックスは、標準サイズの約4倍サイズの商品だ。内容量は439g、必要なお湯の量は1.3L、希望小売価格は408円(税別)と、全てにおいて規模が違う。

話題性十分なこのペヤングは、高カロリーが売りの商品であるためパッケージに大きく2142kcalと表記されている。さらに面白いのは、注意書きとして「1日1食までにして下さい。カロリー摂取基準を上回る恐れがあります。」と記載されている点だ。

日本人の食事摂取基準によると推定エネルギー必要量は、身体活動レベルが普通であれば、30代の男性は2650kcal、女性は2000kcalとされている。女性ならペヤングの超超超大盛を1つ食べるだけで1日に必要なエネルギー量を超えてしまうことになる。

カップ焼きそばは麺が主体で、野菜や肉といった具材が少ない。栄養価が糖質や脂質に偏っているため、栄養バランスがよいとはいえないだろう。くれぐれも頻度には注意し、常用しないように気をつける必要がある。

結論

カップ焼きそばは標準サイズであれば550kcal程度が目安となる。大盛や超大盛りというように、サイズをアップすると1食分のカロリーを簡単に超えてしまうものもある。家族や友人とシェアをするのであれば大変お得なビックサイズではあるが、1人で食べる場合にはそのほかの食事とのバランスや頻度に気をつけるべきだ。
この記事もCheck!
\この記事をシェアする/    
\この記事をシェアする/    
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ