このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

【ニラ】の美味しい食べ方といえばコレ!ニラの特徴についても解説

投稿者:ライター 松崎茉莉奈(まつざきまりな)

監修者:管理栄養士 黒沼祐美(くろぬまゆみ)

2019年10月23日

餃子などの中華料理には欠かせない「ニラ」。強い香りと味が特徴で、スタミナ食材としても人気がある。主張が強いため、いつも同じ料理にしか使わないという人も多いのではないだろうか。しかし、ニラはさまざまな料理に対応できる万能食材なのである。今回はそんなニラの食べ方について紹介しよう。

\この記事をシェアする/     
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. ニラの特徴

ニラはねぎやにんにく、らっきょうの仲間で、中国西部が原産といわれている。日本では古事記や万葉集に記載があり、古くから栽培されている。やわらかい葉と強い香りが特徴で、春先から初夏にかけてが最も美味しいといわれている。緑色のニラが一般的だが、ニラにもいくつかの種類がある。

葉ニラ

最も一般的なニラである。根もとは白っぽく、シャキシャキとした食感で、葉はやわらかい。香りが強く、スタミナ野菜としても知られる。

黄ニラ

黄ニラはその名のとおり、黄色のニラである。これは太陽光を遮って栽培されたためで、通常のニラに比べて上品な味わいがある。葉は細くやわらかい。栽培に手間がかかるため、中国では高級食材とされている。「にらもやし」とも呼ばれる。

花ニラ

花が咲く前に収穫し、つぼみと茎を食用とする品種である。一般的なニラに比べて香りが控えめで甘みがある。シャリシャリとした歯ざわりが特徴だ。

2. ニラの切り方

ニラはまっすぐ伸びていて、やわらかいため、切り方も難しくない。ニラの特徴である強い香りと味は根もとの部分に多く含まれているので、うまく活用しよう。簡単なポイントだけ紹介しよう。

ニラの切り方

ニラの切り方はざく切りかみじん切りのどちらかである。一般的には4~5cm程度のざく切りにする場合が多いだろう。根元を少しだけ切り落とし、端から順に切っていくとよい。根元の部分はやや固さがあるので、必要に応じて細かく切るとよいだろう。また、餃子にする場合などはみじん切りにして使う。こちらも根元を切り落とし、細かく刻んでいく。

茹でてから切る

ニラを茹でてからお浸しなどにする場合、切ってから茹でるとバラバラになってしまい、見栄えが悪いので、切らずに長いまま茹でてから、ざく切りにするのがよい。

少量だけ使う場合

束で売られているニラを少量だけ使いたい場合は、根元のほうから抜き取るようにしよう。ニラの葉はやわらかいため、葉のほうから引っ張ると傷めてしまうので注意が必要だ。

3. ニラの美味しい食べ方

強い香りが特徴のニラは肉料理との相性がバツグンである。とくに中国原産とあって中華料理によく合う。また、特有の香りを抑えた食べ方もできるので、苦手な人も試してみてほしい。

王道ニラ料理は餃子!

ニラを使った料理といえばやはり餃子である。近年においを抑えるという観点からニラを使わない餃子も出てきているが、ガツンとパンチのある餃子を食べたいならニラは必要不可欠だ。ニラの強い香りが豚肉の臭みを消してくれ、より美味しさを引き立てる。

簡単スピーディーな中華炒めに

ニラ玉やレバニラ炒めなど、炒め物にもよく使われる。中華炒めは食材を炒めて、合わせ調味料を加えてさっと炒めるだけでできるので、簡単かつ手早く仕上げることができる。夏の暑い時期に、火を長時間使わなくて済むところもおすすめの理由だ。ニラの緑色が映えるとともに、味にアクセントを与えてくれる。

お浸しやスープにも

油との相性がよいニラだが、さっと茹でてお浸しにしたり、出汁で煮て卵とじにするとニラ特有の刺激的なにおいが緩和され、苦手な人でも食べやすくなる。また、スープにするとニラに含まれる栄養も余すことなく摂れるのでおすすめだ。

ピリ辛調味料に

いつもとは違った食べ方をしたい場合はニラを使った万能ダレを作ってみよう。容器にみじん切りにしたニラ、醤油、みりん、ごま油、唐辛子を入れてよく混ぜ合わせ、冷蔵庫で半日~1日漬けるだけでできるので簡単だ。ごはんのおともや冷奴のトッピングにおすすめである。

4. 糖質制限中の人におすすめなニラの食べ方

ニラに含まれる糖質は100gあたり1.3gと少ないので、糖質制限中の人にはおすすめの食材である。ニラには強い香りと味があるため、淡泊な食材と合わせるとよいだろう。

とくにおすすめなのはもやしである。もやしはヘルシー料理に欠かせない、かさ増し食材だが、淡泊な味なのが欠点。味の強いニラと合わせることでより美味しく食べることができるだろう。豚肉もあわせて炒めれば、スタミナ満点の立派な主菜となる。

結論

中華料理の定番食材、ニラについて紹介した。餃子や炒め物などに使われることの多いニラだが、主菜、副菜、汁物、ごはんのおともなどさまざまな料理に変化する。調理方法によって味わいも変わるので、旬の時期にはぜひ、さまざまなニラ料理を楽しんでみてはいかがだろうか。
この記事もCheck!

おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ