このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

すし酢の保存期間と活用法を紹介!無駄なく使い切ろう

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 藤江美輪子(ふじえみわこ)

2019年10月23日

すし酢は、手巻き寿司やちらし寿司を作る時以外は、あまり出番がない。そのため最後まで使い切れずに余らせてしまうことも多いのではないだろうか?ところで、すし酢はどのくらい保存できるのかご存知だろうか?そこで今回は、すし酢の保存期間と最後まで無駄なく使い切るための活用法についてお伝えしよう。

\この記事をシェアする/     
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 市販のすし酢の保存方法と保存期間

市販のすし酢の賞味期限は、各商品のパッケージに記載されている。賞味期限とは、未開封の状態で問題なく食べることができる目安の期間のことだ。賞味期限が過ぎれば過ぎるほど風味が落ち、本来の味わいが損なわれやすくなる。

いったん開封してしまうと、開封したときから空気に触れることで劣化が始まるので、開封したら賞味期限に関わらずなるべく早めに使い切ることが望ましい。開封した場合、どのくらい保存できるかについては、保存状況によって異なってくるため一概には言えない。

酢は基本的に腐らないので冷暗所でも保管できるようだが、やはり冷蔵庫で保管した方が、劣化の速度を抑えることが可能になるようだ。とくに、温度の高い夏場は、冷蔵庫で保管が推奨されている。保管する際は、キャップをしっかりと閉め、立てて保管する必要がある。

2. すし酢を手作りした場合の保存期間

すし酢は、米酢(または穀物酢)と砂糖、塩を混ぜ合わせれば簡単に作ることができる。
ちなみに混ぜ合わせる割合は、米2合の酢飯を作る場合、酢大さじ4、砂糖大さじ3、塩小さじ1が、一応の目安となるが、好みに合わせて、適宜調整可能だ。

酢も砂糖も塩も、すべて長期保存が可能なので、それらの材料で作るすし酢も長期保存が可能だ。どのくらい保存できるかについては、厳密には、保存状況によって、異なってくるものの、通常、冷蔵庫で、2か月~3か月くらいは十分に保存できるようだ。

直射日光の当たらない冷暗所なら、常温でも保存できるようだが、その場合は、冷蔵庫に比べると保存期間は短くなると考えよう。

手作りしたすし酢の保存期間を延ばすためには、すし酢を保存する容器をあらかじめ煮沸して殺菌しておくと効果的だ。さらに保存中になるべく空気に触れ刺せないようにするために密閉できる容器に保存しよう。

3. 保存期間内にすし酢を無駄なく使い切る方法

市販のすし酢であろうと、手作りしたすし酢であろうと、保存期間内に使い切ることが望ましい点については、変わりはない。

すし酢は、酢飯を作る以外にも様々な料理に幅広く活用することが可能だ。いくつか活用法をご紹介するので、保存期間内のすし酢を使い切るための参考にしていただければ幸いだ。

漬け物

すし酢を漬け物のつけ汁として活用する方法。お好みの野菜があれば、それをすし酢に浸けるだけで、美味しい甘酢漬けが出来上がる。

マリネ

すし酢にレモン汁とオリーブオイルを加えれば、簡単にマリネ液を作ることができる。
ポリ袋にお好みの材料とマリネ液を入れて、混ぜ合わせれば、器を洗う手間が省けて時短になるのでおすすめだ。

ピクルス

煮沸消毒した瓶などの密閉できる容器に、すし酢を入れ、そこにお好みの野菜を漬け込めば、簡単にピクルスが出来る。なお、ピクルスの保存期間を延ばすためには、漬け込む野菜もあらかじめ湯通しして殺菌しておくことが望ましい。

結論

すし酢の保存方法と最後まで無駄なく使い切るための活用法についてご紹介したが、おわかりいただけだだろうか?寿司づくりで余ったすし酢を保存する際に参考にしていただくのはもちろんのこと、幅ひろく活用するために、あらかじめ多めに作って保存しておく方法もおすすめできる。
この記事もCheck!

おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ