このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

人気焼きそば!ペヤング・U.F.O.・一平ちゃんのカロリーを比較してみた

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 黒沼祐美(くろぬまゆみ)

2019年10月19日

カップ焼きそばは、カップラーメンとはまた違った美味しさでフリークも多い。数多くあるなかでもペヤング・U.F.O.・一平ちゃんは人気の高いブランドだ。今回はそのカロリーを徹底比較。さらに最新トピックスについてもチェックしていこう。

\この記事をシェアする/     
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. ペヤング・U.F.O.・一平ちゃんとは

ペヤングとは

まるか食品株式会社から発売されている通称ペヤングは、即席焼きそばのなかでも歴史の古い商品。本格的な鉄板焼きそばをイメージしたという味わいで、発売は今から40年以上前の1975年。「ペヤングソースやきそば」として誕生した。若いカップルに、2人で1つのものを食べてほしいという願いから、ペアとヤングを掛け合わせてペヤングと付けられたそうだ。四角い箱やかやくのパック包装、液体ソースなど、今のカップ焼きそばの基本となるものは、このペヤングが業界初だとされている。1975年の発売以来、ロングランヒット。さらに続々と新製品も誕生している。

U.F.O.とは

日清食品から発売されている通称U.F.O.は、ペヤングと並んで歴史の古い商品。誕生は1976 年。キャッチーなそのネーミングが若者に受け、こちらも瞬く間にヒットした商品だ。1980年には日清焼きそばU.F.O.から、日清ソース焼きそばU.F.O.に名前が変更され、その後も具材や麺へのこだわりから、マイナーチェンジが繰り返されてきた。発売当初からの特徴でもあるU.F.O.のような丸い皿形容器は、今でも健在だ。ちなみに大盛りは四角い容器。

一平ちゃんとは

明星食品から発売されている通称一平ちゃんは、1995年登場と上記の2つに比べるとやや後発組。一平ちゃん夜店の焼きそばとして登場した。ほかの商品との大きな違いはからしマヨネーズがついているところであろう。このからしマヨネーズこそ、一平ちゃんの真髄ともいえる存在だ。昨年の3月にリニューアルし、さらにこってりとしたマヨネーズにマイナーチェンジが加えられた。

2. ペヤング・U.F.O・一平ちゃんのカロリーを比較

ここからはカロリーを徹底比較していこう。比較の基準としたのは、定番サイズ、定番味。
◎ペヤング/1食120g当たり544kcal/食塩相当量3.6g
◎U.F.O./1食128g当たり556kcal/食塩相当量5.9g
◎一平ちゃん/1食135g当たり607kcal/食塩相当量4.7g

比較すると...

カロリーでチェックすると一平ちゃんが頭ひとつ、多い印象。これはからしマヨネーズの存在が大きく関連していると推測できる。食塩相当量で見てみると意外にもU.F.O.が高め。1食当たりのグラム数にも少々ばらつきがあることがわかった。

3. ペヤング・U.F.O.・一平ちゃんの最新トピックス

特大サイズが話題のペヤング

ペヤングからは2000kcalを超える超超超大盛GIGAMAXなる商品が登場。Youtubeをはじめとする動画サイトでも話題を集めている。そのほか金粉入りや青じそ、チーズなど、ちょっと気になるバリエーションが登場している。

U.F.O.からはあんかけが登場

U.F.O.もとにかく、バリエーションが豊富。昨年登場したあんかけタイプは注目度大!湯切り不要で食べやすさも満点だ。そのほかにもカップ麺サイズのU.F.O.ペロリや油そばなどもある。

リニューアルした一平ちゃん

一平ちゃんは昨年のリニューアルで、さらにこってりまろやかな味わいに進化。バリエーションも豊富で豚旨塩ダレ味には、ガーリックマヨがセットになっている。どの商品もとにかくこってり、食べ応えバツグンだ。

結論

人気の3大カップ焼きそば、ペヤング・U.F.O.・一平ちゃん。カロリーを比較するともっとも高いのはからしマヨネーズが添付されている一平ちゃんということがわかった。ただし、食塩相当量で比較するとU.F.O.がやや高めであることが判明。仲間内で食べ比べをしてみるのも面白いかもしれない。
この記事もCheck!

おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ