このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
【カップヌードルシリーズ】のカロリー調査!高カロリー・低カロリーはどれ?

【カップヌードルシリーズ】のカロリー調査!高カロリー・低カロリーはどれ?

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 渡邉里英(わたなべりえ)

2019年12月20日

定番のカップヌードル、シーフード、チリトマト、カレー、味噌以外にも、シーズンごとにさまざまなフレーバーが登場するカップヌードル。そんなシリーズの中で、もっともカロリーの高い味と低い味をご存知であろうか?今回は定番サイズに限定して調査していこう。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. カップヌードルとは

日本でカップヌードルを知らない人は、ほとんどいないだろう。ここまで言えるほどに、カップヌードルは国民食として愛されている。近年、非常に多く起こっている災害時にも活躍している。またカップヌードルは今や、日本だけのものではない。世界80カ国以上で愛されているワールドワイドな商品なのだ。

海外のカップヌードル

カップヌードルは、海外ではCUP NOODLESとして販売されている。海外では複数形のsがないと、ラーメンと認識されないことが理由らしい。
さらに海外で販売されているカップヌードルには、日本では見たことのないバリエーションが存在する。販売国の嗜好、食文化に合わせて開発されているらしく、海外旅行のお土産に買ってくるなんて人もいるらしい。ちなみに筆者もドイツやメキシコのお土産として、CUP NOODLESをもらった経験がある。確かに日本では見慣れないフレーバー、味わいだった。
ちなみに国によっては宗教観から、食べられない食材があるケースも。そういったものを使わないなどの配慮を丁寧に行うことで、世界でもここまで広まりを見せたのだ。

2. カップヌードルのなかでカロリーの高い味

公式ホームページを参考に、現在販売されている普通サイズのカップヌードルのなかでもっともカロリーの高いものを調査。なお、限定商品やカロリーの低い「ライト」シリーズ、「あっさりおいしい」シリーズなどは除外した。

◎カップヌードル カレー 422kcal/食塩相当量4.4g
◎カップヌードル 欧風チーズカレー 414kcal/食塩相当量5.1g
◎カップヌードル 味噌 391kcal/食塩相当量5.2g

カレーフレーバーが上位に集中。こってり味のフレーバーがランクインする結果になった。

3. カップヌードルのなかでカロリーの低い味

◎カップヌードル シーフード 323kcal/食塩相当量4.8g
◎カップヌードル 353kcal/食塩相当量4.9g
◎カップヌードル チリトマト 354kcal/食塩相当量4.0g

ちなみに人気のエスニックシリーズを加えると、カップヌードル トムヤムクンがチリトマトと並んで3位という結果に。
◎カップヌードル トムヤムクン 354kcal/食塩相当量5.0g
◎カップヌードル シンガポール風ラクサ 380kcal/食塩相当量4.8g
◎カップヌードル グリーンカレー 386kcal/食塩相当量4.3g

4. カップヌードルのカロリーと味

カロリーの最大の差は、422kcalのカレーと323kcalのシーフードでおよそ100kcalの開きがあることがわかった。これは体調管理に気を使っている人であれば、侮れない数字である。食塩相当量を確認してみるともっとも多いのは、カロリーが3番目に高い味噌で5.2g。逆に低いのはチリトマトで4.0gであった。

一概にカロリーが低い、高いでよし悪しを判断すべきではないが、カロリーや食塩相当量などの表示を確認しつつ、自分の体調やシーンにあった味をチョイスするとよさそうだ。またカップヌードルだけだとどうしてもバランスが偏るので、野菜を使った副菜を用意するなど、工夫しながら美味しくいただきたい。

結論

カップヌードルのなかでもっともカロリーが高い味は、422kcalのカレーだった。一方、低い味はシーフード。どちらもミニ、ビッグサイズ、そして味によってはカロリーオフシリーズも備えているので、シチュエーションに合わせて上手に食べ分けたい。
この記事もCheck!

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ