このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
大人気の【チーズハットグ】の作り方。行列に並ばなくても食べられる!

大人気の【チーズハットグ】の作り方。行列に並ばなくても食べられる!

投稿者:ライター 田口忠臣(たぐちただおみ)

監修者:管理栄養士 池田絵美(いけだえみ)

2019年12月 9日

東京のコリアンタウンといわれる新大久保周辺で大ブームとなっているチーズハットグ。一時期ほどではないいとはいえ、人気店の前には買う人の行列ができている。そんな話題のチーズハットグを簡単に自宅で作る方法を紹介しよう。ぜひ、レシピを参考に作ってみてほしい。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. そもそもチーズハットグってなに?

2018年には、チーズを使った韓国料理のタッカルビにチーズをかけてアレンジした「チーズタッカルビ」が流行したが、最近新たなブームとなっているのがチーズハットグだ。チーズハットグは、東京の新大久保エリアで大ブームとなり、提供する店は十数店にもなっている。その話題は、若者を中心にSNSで広まり、いまでは全国各地の店でも食べることができる。また、コンビニエンスストアでも販売されるなど人気のメニューとなっている。

チーズハットグは串揚げチーズ

では、そもそもチーズハットグとはどのような食べ物なのか紹介しよう。チーズハットグとは、チーズを串に刺してから、衣をつけて揚げた料理である。見た目は、ホットドッグに似ているが、中はソーセージではなくとけるチーズがメインとなっている。店によってはソーセージも使われているが、あくまで主役はチーズだ。これほど人気となったのは、もちろん美味しいからではあるが、一番の理由はチーズが長く伸びる様子が、いわゆる「インスタ映え」といわれるように、SNSに投稿され話題になったためである。

2. ハットグとホットクの違いは?

チーズハットグとは、チーズが入った「ハットグ」のこと。ハットグとは韓国式のホットドッグのことで、ホットドッグというよりはアメリカンドッグにイメージは近い。
韓国では、安くて美味しいと屋台で人気のメニューとなっており、定番のソーセージが入ったアメリカンドッグのようなものから、その長い餅が入ったものなどがある。
そして、中にチーズが入ったものがチーズハットグである。これに専門店では、ケチャップだけでなく、ハニーバターやパルメザンチーズ、ハニーマスタード、チリソースなどさまざまなソースから選んでかけて楽しめるのだ。

チーズハットグとホットクは別物

韓国で、ハットグに名前の似ているものに「ホットク」がある。ホットクは、日本のおやきのような形をした韓国定番のおやつで、小麦粉やもち米を使った生地の中に甘い餡が入っている。ホットクの「ホ」は「胡」と書いて中国のことであり、トクは餅を意味しており、19世紀に移民として韓国に入ってきた商人が生み出したものと言われている。

3. 自宅でも簡単に楽しめるチーズハットグの作り方

チーズハットグが大ブームとなっている新大久保エリアでは、店の前に行列ができるほど人気である。しかし、行列に並ばなくても、市販のホットケーキミックスを使って、自宅でも簡単に作ることができるレシピが、インターネット上ではたくさん紹介されている。

チーズハットグの材料

チーズハットグを作るのに必要な原材料は、ホットケーキミックスと牛乳または水、さけるチーズとウィンナーソーセージ、パン粉である。

チーズハットグの作り方

作り方は簡単で、ホットケーキミックスに牛乳または水を加えて混ぜて生地を作っておく。次に、用意した竹串にウィンナーソーセージと半分の長さに切ったさけるチーズを刺して、表面に先ほど作っておいた生地を塗り、生地の表面にパン粉をまんべんなく付けて油で揚げだけである。

チーズハットグを作るコツや食べ方

作り方のポイントは、さけるチーズを使うこと。これにより揚げる際にはチーズが溶けて流れ出すことが少なく、食べた時にはよくのびるのだ。
食べる際には、好みでグラニュー糖をまぶしたり、トマトケチャップやハニーマスタードソースなどをつけたりしよう。屋台では生地の上に、ジャガイモやさつまいもを小さく角切りにしたものをつけて揚げているチーズハットグもある。また、ソースも店によってさまざまなタイプのものを選べる。
自宅で作る際にも、いろいろとアレンジしてみると楽しいだろう。

結論

若者を中心に人気の韓国フードチーズハットグ。ブームの発信源となった東京のコリアンタウンである新大久保の人気店の前には長い行列ができている。今回は、そんな話題のチーズハットグの作り方を紹介した。市販のホットケーキミックスを使って簡単に作れるので、ぜひ自宅で楽しんでみてはいかがだろうか。
この記事もCheck!

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ