このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

【酢キャベツ】って何?驚くべき栄養とおすすめの作り方を紹介!

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 氏家晶子(うじいえあきこ)

2019年12月18日

酢キャベツは、「酢キャベツダイエット」として一時期大きな話題となった料理だ。この記事では酢キャベツに含まれている栄養や食べ方はもちろん、酢キャベツのおすすめの作り方やアレンジメニューなど酢キャベツの魅力について紹介する。ヘルシー料理に興味がある人は必見だ。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. そもそも酢キャベツって何?

酢キャベツとは、キャベツを酢に漬けた非常にシンプルな食べ物である。酢に一晩漬けて作るため、漬け物の一種といえるだろう。

酢キャベツは他の料理と相性が良い

酢とキャベツと塩だけで作られているため、あっさりとしており、サラダ感覚で食べることができる。また、シンプルさゆえ、さまざまな食べ物と相性がよいといった特徴ももっている。酢キャベツを使ったアレンジ料理を作る人も多い。

酢キャベツは日持ちする

しかも、1~2週間ほど日持ちするため、常備菜をストックしておきたい人も注目すべき食べ物といえるだろう。

2. 酢キャベツの栄養や食べ方は?

酢キャベツには、さまざまな栄養が含まれているのをご存じだろうか。キャベツも酢も、どちらも栄養豊富な食材なのだ。まずは、それぞれの食材の栄養について解説していこう。

キャベツに含まれている栄養

キャベツには食物繊維が含まれている。食物繊維には善玉菌とよばれる腸内環境を整える菌を増やす働きがある。

酢に含まれている栄養

酢には酢酸とよばれる酸の一種が含まれている。酢酸は腸内環境を整え、善玉菌を働きやすくすることができる。善玉菌が活発になると内臓脂肪の燃焼がより促されることから、ダイエット効果があるといわれているのだ。

先述した通り、キャベツに含まれている食物繊維には善玉菌を増やす働きがあるため、キャベツと酢を一緒に摂取することによって、相乗効果で腸内環境を整えてくれるというわけだ。

酢キャベツを食べる時の注意点

酢キャベツダイエットで一躍有名になった酢キャベツだが、ダイエット効果で話題になったからといって、過剰に食べ過ぎるのはおすすめできない。
酢に含まれている酢酸は、過剰摂取をしてしまうと胃を荒らす可能性があるからだ。胃が荒れると、便秘や胃痛などのトラブルに繋がることもあるため、くれぐれも酢キャベツの食べ過ぎには注意をしよう。どんなに酢キャベツが好きであっても、1日300g(毎食約100g)未満におさえよう。

3. 酢キャベツの美味しい作り方

ここからは、酢キャベツを美味しく作るための方法を詳しく解説していこう。シンプルな基本の作り方から、ほかの食材と組み合わせたアレンジメニューまで、おすすめの作り方をいくつか紹介する。

酢キャベツの基本の作り方

まずは、酢キャベツの基本的な作り方を紹介しよう。最初にキャベツを千切り状態にし、ポリ袋にキャベツと塩を入れて、軽く塩もみをする。そしたら、密封できる容器に酢を入れて、塩もみしたキャベツを浸したら冷蔵庫で12時間ほど寝かせよう。キャベツにお酢がしみ込んで、しんなりとしたら酢キャベツの完成である。

酢キャベツの炒め物の作り方

「酢キャベツだけだとあっさりしすぎていて物足りない」と感じる場合は、炒め物にアレンジするのもおすすめだ。たまご、しめじ、酢キャベツをフライパンで炒めて、塩コショウで味を調整するだけなので、誰でも簡単に作ることができる。辛いものが平気な人は、七味唐辛子を入れると、さらにパンチのあるおかずへと早変わりするのでぜひ試してみてほしい。

酢キャベツ入り春雨サラダの作り方

酢キャベツは春雨サラダとも相性がよい。ふやかした春雨、キュウリ、ハム、酢キャベツをミックスし、ごま油や醤油などで味付けをすれば、さわやかで食べやすいサラダが完成する。もちろん、好みでほかの野菜(ニンジン、トマト、モヤシなど)を加えても美味しいので、自分好みの春雨サラダを作ってみよう。

結論

酢キャベツは作り方も簡単で、しかも栄養が詰まっている魅力的な食べ物であることがお分かりいただけただろうか。酢キャベツは腸内環境の正常化に一役買ってくれるため、興味のある人はぜひ酢キャベツを食べてみてはいかがだろうか。
この記事もcheck!

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ