このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
【コーヒー】のドリップの奥義。いつものコーヒーが格段にうまくなる?

【コーヒー】のドリップの奥義。いつものコーヒーが格段にうまくなる?

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 渡邉里英(わたなべりえ)

2020年2月25日

朝食とともに、仕事の合間に、はたまた休日のおやつのお供に、コーヒーは身近な存在だ。毎日1杯は飲んでいるという人も多いだろう。今回はドリップコーヒーとは何か?から、美味しい豆の選び方、気になる淹れ方のコツまで紹介する。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. ドリップコーヒーの基礎

コーヒーは淹れ方によって、その名称が異なる。ドリップコーヒーとは、ペーパーまたはネルなどのフィルターを使って淹れるタイプのコーヒーを指す言葉だ。

ペーパーとネル

ネルドリップは、フランネルという生地を使うことからこの名がついたといわれている。まろやかな口当たりのコーヒーを落とすことができることから、フリークからの支持も厚い。ただし、目詰まりを起こしやすく、毎回洗って、水につけて保存する必要がある。その点ペーパーフィルターは、とにかく手軽なところがメリット。1回使い切りなので、掃除をする手間がない。ネルはペーパーよりも目が粗いので、コーヒーの油分がやや感じられ、滑らかな口当たりになると言われている。

さまざまなドリッパー

ドリッパーとは、ペーパーフィルターを設置するベースのこと。台形タイプと円錐タイプが王道で、素材はプラスチック、陶器、銅製などさまざまだ。ここでポイントになるのは、ドリッパー内部の凹凸。凹凸には、ペーパーフィルターとドリッパーとの間に隙間を作る役割があり、抽出液が下に流れやすくなる。また底の穴の数も商品によってさまざまだ。穴の数は1〜3個が多く、もちろん3個あれば抽出時間が早くなるのは事実だ。しかし、抽出時間は量によっても異なるので、穴がたくさんある方がよいと一概には言えない。抽出量に合わせた大きさを選ぶのがおすすめだ。

2. 中級者がこだわりたいコーヒー豆

コーヒー豆の挽き方

まず、使う器具によって、適した豆の挽き具合が違うことをご存知だろうか?前述したペーパーとネルでも実は微妙に豆の挽き具合を変えると美味しさがぐっとアップする。これは、ネルの方が抽出時間が長いため。ペーパーなら中細挽き、ネルなら中挽きくらいが正解だ。ちなみにエスプレッソなどは、より細かくする必要がある。コーヒー中級者なら、ひとつミルをゲットするとよい。ミルさえあれば、挽きたてのコーヒーが楽しめるだけでなく、挽き方もアレンジができる。

コーヒー豆の選び方

まず、コーヒー豆にはストレートとブレンドがあることを知っておこう。ストレートとは、単一の豆。ブレンドとはいくつかの豆を合わせているものだ。ストレートは個性を楽しむことができるし、ブレンドはストレートでは感じられない複雑味を味わうことができる。
できれば自家焙煎している店を探して、購入するのがおすすめ。まずはお店自慢のブレンドを試してみるのもひとつの手だ。または合わせたい食事や好みの味を伝えて、アドバイスをもらうのもよいだろう。我が家では、鮮度が悪くならないよう100gずつ豆のままで購入して、飲むたびにミルで挽いている。

3. ドリップコーヒーの奥義

実際のところ、美味しいコーヒーを淹れるために必要なのは器具ではなく、適量と丁寧さによるところが大きい。

量としっかり守る

ドリップコーヒーの奥義、その1はまず量をしっかりと守ること。カップ1杯を140mlとすると必要なコーヒー豆の量は10〜12gが基本。中細挽きにして、ペーパーの上にセットしよう。このとき平らにならしておくとよい。

蒸らしがマスト

コーヒーを淹れるのに適したお湯の温度は95度。ソーサーやカップも温めるとよりよい。沸騰から一旦落ち着いたお湯をまずは、全体に乗せるようにまわしかけ、20秒ほど蒸らす。これはコーヒーの美味しさを十分に引き出すために、必須の作業。湯をかけるとコーヒーが膨らみ、含まれているガスが放出される。するとよりコーヒーとお湯の馴染みがよくなるのだ。
20秒たったら、真上から「の」の字を書くように静かにお湯を注ぐ。一気に注ぐのではなく、注ぐお湯の量と落ちるお湯の量が一定になることを目標にするとよい。分量的には多目から、だんだん少なくなるイメージ。

最後の一滴

コーヒーにおいては、紅茶と違い最後の1滴は飲まない方がよい。これは雑味があるためで、適量のお湯を入れたところで、さっとドリッパーを外すこと。

結論

コーヒーの世界はとても奥が深い。一口にドリップコーヒーといっても重要なポイントはいくつも存在する。まずは、いつもの器具で構わないので、時間に余裕のあるときに、奥義を参照して丁寧にじっくり淹れてみてほしい。それだけでコーヒーの美味しさがぐっとアップするはず。

この記事もCheck!

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ
    >