このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
【サニーレタス】のおすすめの食べ方は?生・和える・炒める方法

【サニーレタス】のおすすめの食べ方は?生・和える・炒める方法

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 藤江美輪子(ふじえみわこ)

2020年2月23日

野菜の調理法は多様で、焼いたり煮たり、揚げたりすることでさまざまな味わいを引き出すことができる。しかし野菜の種類によって向き不向きがあり、中には食べ方が限定されてしまうものもある。たとえばここで紹介するサニーレタスだと生で食べられることが多く、調理して食べる機会は少ない。ここではサニーレタスのオーソドックスな食べ方から、一風変わった食べ方まで、おすすめの食べ方を紹介する。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. サニーレタスを「生」で食べる

サニーレタスは加熱調理せず、シャキシャキした食感とフリルのようなかわいらしい形、瑞々しさを感じさせる色合いなどのサニーレタスの特徴を活かしてサラダの具材として使われる。小さくちぎって野菜サラダに混ぜると、キャベツとはまた違った食感と味わいを楽しめる。

添える

混ぜるのではなく添えるという方法でサラダに使うこともできる。ポテトサラダやマカロニサラダなど白っぽいサラダを白い皿に盛り付けてしまうと見ためがパッとしないのだが、皿とサラダの間にサニーレタスを敷くだけで見ためが一気に華やかになる。サラダ以外でも、たとえば揚げた肉や魚の添え物にすると、見ためが明るくなるだけでなく、揚げ物を食べている途中でサニーレタスを食べることで口がさっぱりする。

巻く

また、少し変わった食べ方としてはサニーレタスで具材を巻くという食べ方もある。焼肉を食べるときにサンチュで肉を巻くようなイメージだ。サニーレタスもサンチュも同じレタス類であるため、サンチュの代わりにサニーレタスでも同じように楽しめる。サニーレタスは葉が柔らかいので巻きやすく、サンチュよりも手に入りやすいため家で焼肉をするときに用意してあると重宝する。

2. サニーレタスを「和えて」食べる

サニーレタスは生でそのまま食べるものというイメージがあるのだが、ここからはサニーレタスの調理について考えてみる。サニーレタスとほかの具材を和えて食べる料理と聞くと一見サラダとあまり変わらないように見えるが、サラダでは使わない食材や調味料を使って和えることでサラダとは違った味わいを楽しめ、サニーレタス料理のバリエーションが一気に増える。

おすすめはナムル

おすすめの和え物は「ナムル」だ。ナムルは韓国料理の1つだが、ごま油と塩で味付けして和えるだけのシンプルな料理であるため、時間がないときにも手軽に作れる。サニーレタスだけでもよいが桜エビと一緒に和えると、それぞれの色が映えて美味しそうな見ためになる。問題はサニーレタスを生で使うかまたは加熱して使うかだ。結論としては好みで選ぶとよい。ごま油や塩を加えるためシャキシャキ感は少し減るが、サニーレタスの瑞々しさを堪能したいなら生のままでよいだろう。一方、鮮度が落ちてきたサニーレタスを使う、またはサニーレタスを大量消費したいならば加熱して使おう。サニーレタスは火が通りやすいため、サッと湯通しするか電子レンジで加熱すれば十分だ。ごま油と塩で味付けすればナムルになるが、醤油とかつお節で和えれば「おかか和え」、醤油とすりごまで和えれば「ごま和え」といったように味付け次第でまったく印象が変わる。ぜひいろいろチャレンジしてみてほしい。

3. サニーレタスを「炒めて」食べる

サニーレタスに火を通すとシャキシャキ感がなくなる、色が悪くなるというデメリットもあるが、炒め物にすることで楽しみ方はさらに広がる。そもそもレタス類を炒め物にするという発想が意外に思うかもしれないが、中華料理ではレタスを炒め物の具材として使うことが度々ある。生で楽しむだけがサニーレタスの食べ方ではないのだ。またサニーレタスは火が通りやすく、包丁を使わず手でちぎるだけでよいため、時短料理には最適の食材なのだ。

たとえばサニーレタスと卵の炒め物を作るとする。サニーレタスは洗ってちぎっておき、卵は割って溶いておけば準備は終わりだ。つまり包丁もまな板も不要であるため洗い物をする時間が短縮できる。次に熱したフライパンでサニーレタスと卵を炒めるのだが、サニーレタスはもともと生で食べられる食材であるため余熱だけでも十分である。そのため、卵さえ火が通ればあとは味付けして料理は完成となる。あと一品用意したいときにおすすめだ。

炒めるとサニーレタスのボリュームは生のときと比べて小さくなる。そのため残ってしまったサニーレタスを一度に消費したい場合に炒め物はおすすめだ。購入した日はサラダにして、少し鮮度が落ちてくる翌日以降は炒め物といったようにすれば無駄なくサニーレタスを消費できる。

結論

サニーレタスのシャキシャキした食感を楽しむならサラダが一番だが、和え物や炒め物にすることで味付けのバリエーションが増え、サニーレタスの楽しみ方が増える。和え物は調味料を変えることでナムルやおかか和えといった、サラダとはまた違う味わいを楽しめる。またサニーレタスは火が通りやすく、手でちぎれるという特徴は時短料理にもおすすめで、サッと作る炒め物には重宝する。
この記事もCheck!

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ