このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
岐阜県のモーニングが凄いってホント?驚きのコスパとボリューム!

岐阜県のモーニングが凄いってホント?驚きのコスパとボリューム!

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 南城智子(なんじょうさとこ)

2020年5月22日

朝の出勤前に、喫茶店でコーヒー、トースト、卵の簡単な朝食をとる。そんな「軽食」というイメージのモーニングサービスだが、岐阜県のモーニングはちょっと違う。コーヒーなどのドリンク代だけで、驚くほどボリュームのある朝食を食べられる。お店によっては、和食や本格インドカレーのモーニングまで。岐阜のモーニングを探ってみよう。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. モーニングの発祥は岐阜県の隣、愛知県

コーヒー1杯の値段でトーストや茹で卵なども味わえる、モーニングといえば、なんといっても名古屋が名高い。厚切り食パンのトーストに、つぶあんがたっぷり載った小倉トーストも人気だ。

東海発の喫茶チェーン店の大都市圏進出や全国展開も増え、名古屋以外でもその一端を垣間見ることができるようになってきた。そんなモーニングサービス、発祥は、名古屋市の北西に位置する一宮市だ。朝から喫茶店を利用するお客に、茹で卵などをサービスしたのが始まりといわれている。昭和30年代にはそのサービスが既に始まっていたようだ。現在でもその歴史は進化をしながら続いている。

2. 岐阜のモーニングとは

本家の名古屋・一宮をも圧倒する、驚くばかりのコスパを誇るのが、愛知のお隣、岐阜のモーニングだ。何といってもバリエーションの豊富さが凄い。

ある喫茶店では、女性が喜ぶフルーツメインのモーニングが。ドリンク、トースト、卵のほかに7~8種類のフルーツ、サラダ、デザート、さらにお団子までついてくる。

ボリュームが売りの店では、たっぷりの具材を入れたサンドイッチにサラダとパスタ、そして、なぜか茶わん蒸しまで付いているセットが。これをドリンク代だけで食べられるのは驚きだ。
和食のモーニングも人気があるようで、お粥にサラダ、デザートが付くセットを提供する店もある。極めつけは、お寿司のモーニング。握り寿司や巻き寿司、茶わん蒸しに突き出し、小皿にデザートまで添えられている。もちろんドリンク代のみでの提供だ。

そしてなぜか、モーニングには茶碗蒸しがついているお店が多いそうだ。ほかにも、カレー、スコーン、まるごとの食パン、うどん...など、それぞれのお店がメニューを競い合っていて、今日はどの店でモーニングを食べようかと迷ってしまうほど。朝からこれだけ食べる岐阜の皆さんは大食なのかと思ったが、持ち帰りOKの店もあるようだ。

3. 岐阜県のモーニングはもはやモーニングではない!?

モーニングの域を超えているとも思える、食べ放題モーニングが人気の店も。リーズナブルな料金で、ドリンク、茹で卵付き、豊富な種類の自家製パンが好きなだけ食べられる。モーニングにバイキング形式を取り入れているホテルもあり、朝から和・洋・中と充実のメニューが食べ放題だ。

また、店によっては、モーニングといいながら、ランチタイムまで、または閉店まで、サービスが受けられるところまである。

4. 岐阜県は喫茶ランキング、ダントツの全国ツートップ

岐阜や名古屋は外食することが多い土地柄のようで、総務省統計局が行った「家計調査」でも、外食合計で、名古屋市、岐阜市はトップ10に名を連ねている。(2016~2018年平均)
なかでも喫茶に使う金額については、1位:岐阜市16,013円、2位:名古屋市12,350円のツートップ。全国平均が6,282円であることを考えるとダントツと言えるだろう。
豪華でお得なモーニングがあるから、つい外食してしまうのかもしれない。

結論

一般的なモーニングとは一線を画す、岐阜のモーニング。毎日食べ歩きをしても飽きが来ないほどの、豊富なバリエーションが嬉しい。出張などで岐阜に行くチャンスがあれば、ぜひコスパ抜群のモーニングを体験してみよう。

この記事もCheck!

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ
    >