このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
飴色たまねぎを簡単ひと手間でつくる裏ワザ。カレーに入れたい!

飴色たまねぎを簡単ひと手間でつくる裏ワザ。カレーに入れたい!

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2020年2月22日

料理のコクと旨味を確実にアップしてくれる飴色玉ねぎだが、通常のレシピでは1時間炒め続ける必要がある。そんな飴色玉ねぎを、5分もしくは20分で作れる裏技を伝授しよう。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. なぜ男のカレーに飴色玉ねぎが必要なのか

玉ねぎは生で食べると辛いが、炒めることで辛味成分の硫黄化合物が揮発分解し、甘味に変わる。このコクのある甘味がカレーの味に深みを与えてくれるのだ。飴色玉ねぎは西洋の鰹節と呼ばれているほど味を左右する大事なもの。市販のルーを使って作るカレーでも、これを加えることで一気にシェフ度がアップするというわけ。ただし、その作り方は非常に厄介。玉ねぎを飴色になるまで炒めるには、焦がさないよう弱火で1時間以上炒め続けなければならない。かなりの根気とコツが必要なのだ。

2. 冷凍玉ねぎを使えば、たったの5分

そこで役に立つのが「冷凍」という技だ。冷凍保存することで玉ねぎの組織が壊れるため、炒め始めて5分で飴色になるという仕組みだ。
あらかじめ必要な量の玉ねぎをスライス、もしくはみじん切りにしておき、冷凍庫にストックしておけば、いつでも飴色玉ねぎを作ることができる。
手順を書くまでもないが、冷凍した玉ねぎを、炒め始めて5分で飴色玉ねぎが完成する。冷凍保存の玉ねぎは1ヶ月以上日持ちするので、まとめて切って小分けにして冷凍しておくことをオススメしたい。

3. 電子レンジを使えば生からでも20分

時間もなければ冷凍ストックもない。そんな時には、「電子レンジ」を活用する方法もある。玉ねぎ2個で作る場合の手順は以下の通り。
(1)玉ねぎをスライスかみじん切りにし、耐熱ボウルに入れて水大さじ1をまわしかける。
(2)1にラップをし、電子レンジ600Wで7分加熱する。
(3)2をフライパンに平らに入れて、弱火にかけて時々大きく「の」の字を書くようにかきまぜる。
(4)水分が飛び、鍋底に玉ねぎが張り付き始めたら水大さじ2〜3を入れてさらに炒める。
(5)4を飴色になるまで繰り返す。
電子レンジであらかじめ加熱することで、炒め時間を1時間から約13分に短縮できる。また、この方法では水を入れながら油を使わず炒めるので、カロリーが気になる人にもオススメだ。ぜひ一度お試しあれ!

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ