このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
絶品パン作り!仕込みと焼き方のコツは?必須テクニック厳選3選を紹介

絶品パン作り!仕込みと焼き方のコツは?必須テクニック厳選3選を紹介

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2020年3月20日

パン作りの魅力は、自分好みのパンを作れることだったり、思い通りに美味しいパンが出来たときの喜びだったり、色々と挙げられる。ただ、パンを作るからには美味しく作りたいという想いは共通なハズだ。ここでは、パンをうまく作るためのコツを紹介する。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 美味しいパンの水分量は粉の7割

パンの基本は粉と水にイースト菌を混ぜることで簡単にできる。ドライイーストは粉の1パーセント、水分は70パーセントが目安だが、水分の分量が重要なポイントだ。卵や牛乳も水分に含まれるので、その点を注意しよう。つまり卵を入れたら、その分の水分を減らして、全体の水分量を調整することが重要だ。

2. 美味しいパン作りには新鮮で元気なイースト菌を!

イースト菌が元気かどうかは予備発酵を行って確認しよう。せっかく捏ね上げても、イースト菌が発酵不能の状態では全ての努力が無駄になる。ぬるま湯にイースト菌を入れてしばらく放置し、ぶくぶくと泡が盛り上がって発酵したら元気な証拠。予備発酵をしたイースト菌を使えば、パン生地が発酵せず膨らまないという失敗を避けられる。なお、1の記載通り、予備発酵に使っている湯の量も含めて、全体の水分調整すること。

3. パンを焼く!オーブンの設定は必ず指定温度に

パンを焼くコツの1つは、焼く前に形が崩れない程度に遠くから霧吹きをすること。また、オーブンが小さいとブリオッシュ生地のような卵の多い生地は焦げやすい。だからと言ってオーブンの温度を低く設定すると食感が硬く乾燥したパンになりやすいので、アルミホイルなどで軽く覆って、指定の温度で焼くようにしよう。

結論

以上、パンをうまく作るコツについて紹介してきた。自分の思い通りのパンが焼きあがったら、きっと達成感を得られるに違いない。是非とも今回の情報を参考に、パン作りに挑戦して欲しい。
この記事もCheck!

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ
    >