このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
豆腐ステーキの作り方を紹介!ちょっとのこだわりが大事だった!

豆腐ステーキの作り方を紹介!ちょっとのこだわりが大事だった!

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 佐々木倫美(ささきともみ)

2020年3月23日

豆腐ステーキは豆腐を焼くだけ、といってしまえばそれまでだ。決して間違いではないのだが、よりきれいに美味しく仕上げるためにおさえるべきポイントがある。その少しの注意で、仕上がりが大きく変わる可能性もあるのだ。本記事では、豆腐ステーキを美味しく作るための注意点をいくつか説明していく。とくに美味しい豆腐料理を食べたい人は、参考にしていただければ幸いだ。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 豆腐ステーキの食材選びは、簡単なうえに影響大!

豆腐ステーキは極めてシンプルな料理だけに、食材選びで質が決まるといってよい。とはいえ、選び方はシンプルだ。きちんと選べばそれだけ調理もしやすくなるため、少しだけでも気を付けたいところだ。

・豆腐

豆腐ステーキに使う豆腐は、たとえば木綿豆腐などの固いものがよい。柔らかい豆腐は焼いているうちに形が崩れやすいため、おすすめできない。絹ごし豆腐でも一応作ることはできるものの、木綿豆腐を使うほうが簡単だ。木綿豆腐は多少値が張るかもしれないが、ステーキ肉を買うことと比べれば安いものだ。せっかくなのでよいものを食べよう。

・トッピング

豆腐だけでは味気ないので、トッピングする食材も選びたい。手軽に済ませるなら青ねぎでもよいし、たとえば野菜などを炒めてのせるのもよい。見ための彩りや味とともに、栄養まで考えて選べればベストだ。ただ、基本的には好きな食材で問題ないだろう。

2. 豆腐ステーキの下処理はシンプル、だからこそ確実に済ませたい

豆腐ステーキの、とくに豆腐に対する下処理はちょっとしたものだが、安全面に関わるため忘れずに済ませたい。

・豆腐

油を使って焼くので、豆腐に水分が残っていると高温で弾け飛んで危険だ。キッチンペーパーなどで豆腐の水分を拭き取り、油で焼いても大丈夫な状態にしておこう。木綿豆腐なら難しくないはずだ。それだけ済めば、豆腐の下処理は終わりだ。

・味付けの準備

もしタレを使う場合は、タレの材料をあらかじめ混ぜ合わせておきたい。いざ味付けの際に都度混ぜるよりは余裕ができるため、安心だ。タレ以外のものを味付けに使う、たとえば炒めものをトッピングする際は、豆腐を焼き始める前に調理を済ませておこう。トッピングの調理後に豆腐を焼けば、落ち着いて調理できる。もっとも、豆腐を焼くのと同時進行で調理できるのなら、それでも問題ない。

3. 豆腐ステーキの作り方は簡単、シンプル!

いよいよ豆腐ステーキの調理、といっても工程は非常にシンプルだ。フライパンに油を敷き、豆腐を焼く。焼く前に表面に薄く小麦粉を付けておくと、形が安定し焼いても崩れにくくなる。焼き加減は自由だが、そもそも豆腐は生食もできるため、仮に焼き方が足りなくても問題なく食べられる。純粋に好みで決めよう。両面に焼き目を付けたら、あとは盛り付けてタレあるいはトッピングをかければ完成だ。焼きたての熱いうちに食べよう。なおタレを使う場合、豆腐を焼く最中にかけて焦がしても、焼きあがってからかけてもよい。香ばしさを重視するなら、前者のほうがおすすめだ。とくにタレにしょうゆを使う場合は、多少焦がすくらいが美味しいのではないだろうか。

4. そもそもフライパンなしでOK?豆腐ステーキ作りの裏ワザ

実は、豆腐ステーキはオーブントースターで焼くこともできる。ただでさえシンプルな調理がさらに簡単になるほか、油を使わないためヘルシーでもある。ステーキと呼べるかという問題もあるが、気にしなくても問題ない。油を使わないことによりボリューム感が減る、それを避けたいなら素直にフライパンを使うほうがよい。なお、オーブントースターを使う場合でも、豆腐の表面に薄く小麦粉を付けると焼き目がきれいに付く。見ためや香ばしさにこだわりたい人は試してみよう。

結論

豆腐ステーキを作る際は、とくに豆腐選びと下処理が重要だ。とくに下処理は安全面に関わるため、忘れずにおさえておきたい。あとは、タレやトッピングなどにこだわればこだわるほど美味しくなるだろう。焼き方も大事ではあるが、オーブントースターで手早く仕上げても美味しいため、あまり難しく考える必要はない。
この記事もCheck!

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ
    >