このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
【手羽元】の煮込み料理を美味しく作るコツ!ほんのひと工夫で変わる?

【手羽元】の煮込み料理を美味しく作るコツ!ほんのひと工夫で変わる?

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 佐々木倫美(ささきともみ)

2020年3月13日

手羽元を使った料理といえば、煮込みが定番だ。手軽に作れるうえ美味しいのが大きな魅力だが、どのような味付けにするか、どのような具材を入れるかについて検討の余地がある。見慣れた料理でも、工夫次第で新しい美味しさを見出だせる。本記事では、手羽元煮込みを美味しく作るための要検討ポイントについて紹介していく。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 手羽元への下処理のひと手間で、煮込みの香ばしさをアップ!

手羽元煮込みを作るにあたり、まず考えるのは下処理だ。実は手羽元の下処理は必須ではない。ただ調味料と一緒に煮込むだけで美味しく仕上がる。だが、こだわるなら下処理にひと手間かけたい。簡単かつ美味しいのは、最初に手羽元を軽く焼くことだ。焼くとはいっても、時間をかける必要はない。いずれにせよあとで煮込むため、火は十分に通る。手羽元の表面に焼き目が付いたら完了でよいだろう。このひと手間により、手羽元の仕上がりに香ばしさが加わり、より美味しくなる。時間に余裕があれば、手羽元をまず焼いてみてはどうだろうか。

2. 手羽元煮込みに外せない、定番具材

手羽元煮込みの定番の具材は、大根と茹で卵だ。大根は歯ごたえがあり、手羽元の食感とあわせて食べごたえバツグンとなる。また、大根に煮汁をしっかりしみ込ませれば、煮汁の旨みを存分に味わえる。大根はとくにおすすめの具材だといえる。茹で卵にも煮汁がしみ込むため、味がしっかり付く。また、卵の栄養を摂れることから、手羽元煮込みの栄養価を増やせるのが嬉しい。ほかの具材を入れてももちろんよいが、大根と茹で卵は可能であればぜひ加えたい。

3. 和風に留まらない!手羽元煮込みの美味しい味付けの例

手羽元煮込みの煮汁は、基本的には和風出汁がベースだ。もちろん選択肢はそれだけではなく、ほかにも美味しい煮汁がある。せっかくなら作って味わっていただきたい。例をいくつか見ていこう。

さっぱり煮

基本の煮汁に酢を加えて煮込む。それだけで手羽元が柔らかい食感に仕上がるほか、酢の酸味によりさっぱりとした味わいになる。大根や卵にももちろん酢の美味しい酸味がしみ込むため、ごはんが進む一品に仕上がる。ほかにも、たとえば細かく刻んだにんにくを入れると、より豊かな風味に仕上がる

エスニック風

手羽元煮込みは、何も和風に限った料理ではない。たとえばコンソメなどをベースにしてスパイスを加えれば、ビールに合うような洋風料理に仕上がる。スパイスの選択肢はこしょうやクミンなど幅広い。夏場に汗をかきながら食べるなど、とくにおすすめだ。ごはんとの相性もよいはず、ぜひ一度試していただきたい。

中華風

しょうがやねぎの風味をたっぷりきかせて、中華風に仕立てると美味しい。手羽元から出る出汁がちょうど鶏ガラスープに似た風味になるため、相性は非常によい。香味野菜をたっぷり加えて、香り豊かな煮物にするのがおすすめだ。

手羽元は安く買えるため、さまざまな味を試すのに苦労はしないはずだ。上記の例以外にも、美味しそうな味付けを探していただきたい。

4. 手羽元煮込みが余っても大丈夫!保存は簡単

手羽元の煮込みをいろいろ作って味わうのはよいが、問題は余った場合の対応だ。適切に保存して、なるべく長く美味しく食べたい。基本的には冷凍保存がおすすめだ。フリーザーバッグなどで空気に触れないよう密閉し、冷凍すればよい。1週間程度は保存できるはずだが、なるべく早く食べきるに越したことはない。なお、茹で卵を冷凍保存すると白身の食感が落ちるため、茹で卵だけでも食べきってから保存するのがおすすめだ。茹で卵を入れて手羽元煮込みを作る場合は、卵の量を食べきれる程度に留めておこう。

結論

手羽元煮込みは基本の味付けのほかにも、さまざまなジャンルの味付けで美味しく作れる。どの味付けにするとしても、しっかり味をしみ込ませた大根や茹で卵はたまらない。これらの具材を基本として、ほかにも合いそうな具材を試していただきたい。茹で卵さえ食べきってしまえば、保存も比較的簡単だ。手羽元を気軽に買って、さまざまなレシピを試していただければ幸いだ。
この記事もCheck!

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ