このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
肉巻きおにぎりの作り方を紹介!冷めても美味しく弁当にもピッタリ

肉巻きおにぎりの作り方を紹介!冷めても美味しく弁当にもピッタリ

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 池田絵美(いけだえみ)

2020年5月15日

ネーミング通り肉でおにぎりを巻いた肉巻きおにぎりは、冷めても美味しいのが魅力のひとつ。ひと口サイズのものや食べやすいスティック状にしたり、たこ焼き器を使用してコロンとまん丸に作ったりといろいろな形にアレンジできる。今回は初めて作る人でも失敗しない簡単な作り方を紹介しよう。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 肉巻きおにぎりに使用する食材の選び方

最初に肉巻きおにぎりに使用する食材の選び方を紹介しよう。肉巻きおにぎりに使用する食材のひとつが肉だが、牛肉でも豚肉でも好みで構わない。牛肉選びのポイントは赤身のきめが細かく色が鮮やかでツヤと弾力があるものがよい。脂肪の部分はクリーム色か乳白色でツヤがあり、しまりがあるものを選ぶこと。黒っぽく変色した牛肉は品質が劣っているが、切り立ての肉や重なった切り身の下の肉は、暗褐色でも空気に触れていないので酸化しておらず質や味に問題はない。
肉巻きおにぎりに使用する豚肉選びのポイントはツヤがあり、やや薄い灰色がかったピンク色が良品だ。鮮度が落ちるにつれピンク色が退色し灰色が強くなり、全体に沈んだ色になってくる。さらに時間が経つと少し黒みがかり、青みも帯びてくる。このような状態になったら、明らかに風味を損なう変質が起きており食用には向かない。脂肪の部分は白か乳白色で粘りがありかための豚肉が上質である。

2. 肉巻きおにぎりの作り方【基本レシピ】

次に紹介するのは、肉巻きおにぎりの簡単な作り方だ。今回は薄切りの牛もも肉を使用して肉巻きおにぎりを作る方法を紹介しよう。肉以外に用意する材料は、米・水・砂糖・しょうゆ・酒・ごま油・みりんだ。まず米は洗いザルにあげ炊飯器に入れ、目盛りにあわせて水を入れ浸水させる。浸水時間の目安だが、冬は1時間ほど、夏は30分くらいだ。米を自動炊飯機能で炊き、炊きあがったら10~15分蒸らし、蒸らし終えたら全体をほぐす。あとは食べやすい大きさのおにぎりを作っておく。
次に砂糖・しょうゆ・酒を合わせ、タレを作り少しだけ取り分けておく。残りのタレは肉にかけ20分ほど漬け込む。おにぎりに肉を巻き、形を整え両面焼グリルで焼く。焼き時間の目安は7分ほどだ。片面焼きグリルの場合、3分半ほど経過したところで肉巻きおにぎりを裏返し、様子を見ながら反対を焼けばよい。焼けたら取り分けておいたタレを塗れば完成だ。
キレイな肉巻きおにぎりを作るポイントを紹介しておこう。肉は幅が広く薄いものを選び、おにぎり全体をしっかり包み込むこと。包むときに肉を引っ張ると焼き縮みが大きくなりやすく、おにぎりがはみ出てしまう可能性がある。おにぎりに肉を貼り付けるように包むのがキレイに仕上げるポイントだ。

3. 肉巻きおにぎりの作り方【アレンジレシピ】

次に肉巻きおにぎりのアレンジレシピを紹介しよう。ひとつめに紹介するアレンジレシピはイタリアンな肉巻きおにぎりだ。作り方はイタリアンパセリを粗みじん切りにカットし、ごはんに混ぜ食べやすい大きさに握ったら、中央にピザ用チーズを入れる。あとは肉で包みフライパンにオリーブオイルをひき焼いていく。別鍋にトマト缶・コンソメキューブ・塩こしょうを入れトマトソースを作る。器にトマトソースをしき焼いた肉巻きおにぎりをのせ、イタリアンパセリをトッピングすれば完成だ。箸でなくカトラリーを使用して食べれば普段とは違う肉巻きおにぎりを堪能できるだろう。
最後に紹介するのは切った断面が美しい、うずらの卵入りの肉巻きおにぎりだ。茹でて殻をむいたうずらのたまごを、めんつゆで味付けしたごはんで包み込むように握る。おにぎりを肉で巻き、オリーブオイルをひいたフライパンで焼き、しょうゆ・砂糖・みりん・酒で味付けすれば完成だ。小さめに作るとひと口でパクッと食べられるので、パソコン作業をしたいときに重宝するだろう。また冷めても美味しく弁当に入れるのもおすすめだ。

結論

肉巻きおにぎりの作り方を紹介したが、冷めても美味しいのが魅力といえるだろう。紹介したレシピのほかに、ごはんに白ごまを混ぜて青じそと肉を巻いたり、焼肉のタレで簡単に味付けしたり、チャーハンに肉を巻き付けて中華風にアレンジしたり、いろいろな食べ方があるので、ぜひいろいろと作り好みの味をみつけてもらいたい。
この記事もcheck!

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ
    >