このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
こも豆腐の魅力や作り方を徹底解説!豆腐好きにはたまらない?

こも豆腐の魅力や作り方を徹底解説!豆腐好きにはたまらない?

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 氏家晶子(うじいえあきこ)

2020年5月27日

茨城県の郷土料理であるこも豆腐。出汁がしみ込んだ独特の風味を楽しめるこも豆腐は、茨城県民だけではなく、多くの人に愛されている。本記事では、豆腐が好きな人にぜひおすすめしたいこも豆腐の魅力や作り方、食べ方を紹介していこう。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. こも豆腐の特徴や歴史は?

こも豆腐は「こも」とよばれるわらで編んだ包みで豆腐を包んで作る茨城県の郷土料理である。また、わらで包んだ食品のことを「つと(苞)」とよぶことから「つと豆腐」と表記されることもあるのだ。ちなみに、こも豆腐は茨城県以外に、岐阜県の飛騨地方や福島県、愛知県、群馬県などの郷土料理としても知られている。

豆腐をわらで包み、出汁や砂糖や醤油などで煮込むため、わらの香ばしい匂いや、旨みがしみ込んだ優しい味わいを楽しむことができる。

茨城県といえば水戸納豆や豆乳など、さまざまな大豆製品が有名であり、豆腐もそのひとつだ。しかし、冷蔵庫が普及する以前の日本では「豆腐=長期保存が難しい」と考えられていたのである。そこで生み出されたのが、保存性に優れているわらを使ったこも豆腐。風味だけでなく、利便性にも長けている食品なのだ。

2. こも豆腐に使用されている食材や栄養は?

こも豆腐に使用されている主な食材は、豆腐、砂糖、醤油、煮出し汁だ。また、ニンジンやゴボウを芯にして豆腐をわらで包む作り方も存在する。レシピによっては、料理酒やみりんを使用することもある。

大豆を原料としている豆腐がメインであるため、タンパク質が豊富である。ただし、レシピや商品によっては、砂糖やみりんといったカロリーの高い食材をふんだんに使っている場合もあるため、カロリー制限をしている人は使用されている食材に注意しよう。

3. こも豆腐はどんな時に食べるの?

こも豆腐は、正月の料理や法事の際のおもてなし料理として使用されることが多い。ただし、現代ではこもを入手しにくいため、1からこも豆腐を作る家は少なくなってきている。

しかし、その一方で茨城県の特産品でもあるため、お土産として市販のこも豆腐を購入する観光客は多い。

4. 基本のこも豆腐

市販のこも豆腐を食べたことがある人は多いかもしれないが、こも豆腐の作り方を知っている人は意外と少ないのではないだろうか。ここからは、こも豆腐の簡単な作り方を紹介していこう。

豆腐をわら(こも)で包む

豆腐を水きりして縦半分に切る。豆腐の準備ができたら、わらで豆腐を包んで紐で縛ろう。わらが用意できない場合は、巻きすで豆腐を包んでも問題ない。わら特有の香りをつけることはできなくなるが、初心者でも簡単に巻くことができる。

豆腐を煮込む

わらで包んだ豆腐と水を鍋の中に入れて、そのまま20分ほど煮込む。その後、一旦鍋から豆腐を取り出して、2cmほどの幅でスライスしたら、再び鍋の中に豆腐を入れて、砂糖、醤油、煮出し汁を加えた状態で軽く煮込んで完成である。

5. こも豆腐の食べ方を紹介!

こも豆腐はそのまま食べても美味しいが、わさび醤油やしょうが醤油などにつけて食べる方法もおすすめである。また、正月の料理として使用する場合は、雑煮に入れる方法もメジャーだ。

こも豆腐のアレンジ方法は?

こも豆腐をアレンジして楽しみたい人は、以下の方法もおすすめだ。
  • こも豆腐を肉巻きにして食べる
  • ニンジンやシイタケなどと一緒に煮込んで、煮物料理にする
  • 好みの野菜と一緒に盛り付けてサラダにする
  • グラタンの具材として使用する
普通の豆腐と同じように、さまざまなアレンジを加えることができる。和食だけでなく、グラタンなどの洋食の具材としても使用できるため、ぜひ好みの食べ方を見つけてみてはいかがだろうか。

結論

こも豆腐は、茨城県の特産品でもある大豆を活用して作った郷土料理である。作り方も非常に簡単で汎用性も高いため、普通の豆腐に飽きてしまった人や、さまざまな豆腐料理に興味がある人はぜひ一度こも豆腐を食べてみてほしい。
この記事もCheck!
  

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ