このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
エクレアは上下逆にして食べるのが正しいって本当?作り方も解説!

エクレアは上下逆にして食べるのが正しいって本当?作り方も解説!

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 渡邉里英(わたなべりえ)

2020年6月21日

シュークリームに似た洋菓子、エクレアをご存知だろうか?シュークリームほどメジャーな存在ではないものの、ケーキ屋やコンビニなどで一度は目にしたことがあるだろう。クリームの入ったシュー生地の天面にチョコレートがかかっているものが定番だが、実はチョコレートの面を下にし、上下逆にして食べると美味しい、という話を聞いたことがあるだろうか。今回はその真相を調査するとともに、美味しいエクレアの作り方も紹介する。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. エクレアとは

エクレアは、細長いシュー生地にカスタードなどのクリームを詰め、チョコレートなどでコーティングした洋菓子のこと。フランスではエクレールと呼ばれ、非常に親しまれている存在でもある。

エクレアの語源

エクレールとは、元は稲妻を意味する言葉。シュー生地を焼いたときにできる亀裂が稲妻に似ているから、表面のチョコレートの光沢が稲妻のようだから、中のクリームが飛び出したりしないよう急いで食べる様を稲妻にかけた、など諸説ある。

フランスのエクレア

日本のエクレアは、ふんわりとしたシュー生地が多いが、フランスのものはもっとしっかりと焼かれたタイプがポピュラー。大きさももう少しスリムで、小さめの場合が多い。その分、しっかりと甘さがあるので満足感は高い。カスタードクリーム、チョコレート、コーヒー味が定番だ。

2. エクレアが上下逆に食べると美味しい理由

日本でエクレアというとチョコレートコーティングされたものが多い。無論、チョコレートがかかっている面が上にあたるので、多くの人はその状態で口に運んでいることであろう。ところが、逆にすることでより美味しく食べることができる!と断言する人がいるのだ。その人とは、モンテール社の社長である。

モンテール社とは

コンビニやスーパーで販売されているエクレア、シュークリーム、ロールケーキ、ワッフルなどのチルド菓子で知られる同社。添加物を抑えるために、素材を厳選し、衛生管理も法律以上に厳しく行うなど、徹底したこだわりが自慢だ。多くのスイーツに使われる牛乳は、自家製の低温殺菌牛乳を使用。カスタードは熱伝導のよい銅釜で仕上げるなど、ここまで大きな会社でありながら、小さなパティスリーのような丁寧さを貫いている。

逆向きの意味

お菓子にこだわり続けているモンテール社の社長がエクレアを逆に食べた方がよいと発言した理由は、チョコレートとカスタード、シュー生地のバランスが逆向きの方がよいから。舌にチョコレートが触れて溶け、その状態で噛むとシュー生地とカスタード、チョコレートの三重奏が生まれる。これがエクレアを美味しく食べる方法なのだという。

3. エクレアの作り方

エクレアは、お菓子作りの中でも少々難易度が高い。ただ、休日のおうち時間を充実させるためには、難しいからこそ、やりがいがあるのかもしれない。

材料(エクレア生地)

  • 1cm角に切ったバター22g
  • 水50g
  • 塩1g
  • 薄力粉30g
  • 卵3個
薄力粉と卵と以外を鍋にかけて、沸騰させる。火を止めてふるった薄力粉を一気に混ぜ合わせる。もう一度中火にかけて、火を通していく。完全に火を通さず、生地が半透明くらいになったら火から下ろす。室温に戻し、よく溶いた卵を数回に分けて加えて混ぜ込んでいく。この工程はできれば、ハンドミキサーの低速でやるとよい。卵と生地を乳化させながら混ぜ、ある程度の固さになるまで、工程を繰り返す。ゴムベラですくい、手でツノを作ってみるとだんだんと形を保てなくなる程度が目安。あとは星口金をつけた絞り袋に入れて、オーブンシートの上に均一になるよう、棒状に絞ってオーブンで焼く。

カスタードクリームを自家製にする場合は、ホイップと組み合わせたり、フルーツのブランデーを加えたり、とアレンジも自在。焼きあがった生地が冷め、カスタードも常温になったら、両端に開けておいた穴からカスタードを入れて、チョコレートをコーティングすれば完成だ。

結論

エクレアは、自宅で作るのには少々難易度が高いが、その分やりがいもある。上下を逆にして食べることで、チョコレート、シュー生地、カスタードのハーモニーを存分に楽しむことができる。せっかくなので、自分で作ったエクレアで試してみてはいかがだろう。
この記事もCheck!

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ
    >