このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
【げたんは】は南国鹿児島の銘菓!名産の黒砂糖を使った菓子を紹介!

【げたんは】は南国鹿児島の銘菓!名産の黒砂糖を使った菓子を紹介!

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 佐々木 倫美(ささきともみ)

2020年6月19日

ひらがなで「げたんは」と書く不思議な名前のお菓子をご存知であろうか。げたんはは、南国鹿児島の郷土菓子である。見ためも素朴なげたんはは、鹿児島の歴史と密接なつながりをもっている。げたんはの歴史や食べ方について紹介しよう。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 名産品の黒糖を活かした郷土菓子

特異な名前と見ための素朴さが印象的なげたんは。げたんはは、鹿児島県の黒糖生産と深い縁があるお菓子である。その起源を探ってみよう。

げたんはとはどんなお菓子?

まず、あまり耳にすることがないげたんはの特徴をみてみよう。げたんはは、濃い茶色をした三角形のお菓子である。黒糖をふんだんに使っているため、その独特の風味がなによりの特徴である。黒糖の蜜にくぐらせてあることから、しっとりとした食感である。

げたんはの起源は?

げたんはとは、「下駄ん歯」と書き、すなわちその形状が下駄の歯に似ていることからこの名がついた。げたんはは、鹿児島県の黒糖栽培の歴史とつながりをもつ。17世紀、琉球王国の儀間真常なる人物が、中国大陸に人を送り黒砂糖の製法を習得させた。琉球王国を支配下に置いていた薩摩藩は、1690年から領内でサトウキビの栽培を開始、1747年には年貢を黒砂糖で納めさせるようになった。こうした経緯から、薩摩藩すなわち鹿児島県では、黒砂糖を使った料理や菓子が誕生したのである。

2. げたんはのカロリーと栄養

黒砂糖たっぷりであるため、げたんははカロリーが気になるところである。具体的な数字で見てみよう。

げたんはのカロリーは

気になるげたんはのカロリーはどのくらいであろうか。げたんはは、1個あたりの重さがだいたい20g前後とされている。1個のカロリーは、およそ75kcalである。化学調味料が一切入らない素朴なげたんはは、おやつに1、2個口にするにはちょうどいいカロリーといえるだろう。

黒砂糖が有する栄養分

げたんはを作るうえで主役となる黒砂糖であるが、その栄養分は侮れない。カリウムやカルシウムなどのミネラルが豊富であるうえ、ビタミンも含有している。黒糖は白い砂糖とは異なり、糖分をエネルギーに変えるビタミンB1やナイアシンも有している。そのため、疲れた時に即エネルギーに変わる性質をもっている。疲労を感じた時は、げたんはは理想的なおやつとなるのである。

3. げたんはの食習

げたんはは、古くから鹿児島県の庶民に愛されてきたお菓子である。とくに、米の集荷が行われていた霧島市では、人々をもてなす際にお茶請けとしてげたんはが供されるのが常であった。
とくに行事に絡めた食習はなく、鹿児島では1年を通じて食べられている。

4. げたんはの作り方

鹿児島の郷土菓子であるげたんはであるが、材料はごく身近にあるものである。鹿児島県では、とくに時期を問わず1年を通してげたんはをおやつとして食べられていたようである。われわれも自宅で黒糖の香りが懐かしいげたんはを試してみてはどうだろうか。

げたんはの作り方

げたんはを作るのに必要な材料は、薄力粉、重曹、そして黒糖である。作り方もごく単純で、薄力粉と重曹を混ぜた中に、溶かした黒糖を混ぜてオーブンで焼く。焼きあがったら三角形に切り、再び水に溶かした黒糖にくぐらせる。黒糖の蜜が乾かないうちに食べるのが、げたんは本来の食べ方である。

5. げたんはをアレンジして食べるには

西郷どんの下駄を思わせる命名は、いかにも鹿児島県の郷土菓子という趣があるげたんは。一時期、その販売が途絶えていた時期があったものの2000年に地元の推進で再び脚光を浴びるようになった。現在では、道の駅などでも販売されている。
げたんはは、食べる前に少し温めるとよりまろやかな甘みを堪能できる。また、小さく切ってアイスクリームに入れたり、黒糖の食味を利用してパフェやティラミスに応用したりすることもできる。その素朴さゆえに、アレンジは個々のイマジネーション次第といったところだろう。

結論

鹿児島県を代表する郷土菓子げたんはは、かの地でサトウキビの栽培を奨励した江戸時代までさかのぼる歴史をもつ。愛嬌のある名前もかわいらしいげたんはは、庶民がお茶請けとして長らく愛してきた。黒砂糖の食味が主役のため、万人受けする美味しさがある。ぜひ、自家製げたんはを健康的なおやつとして楽しんでほしい。
(写真出展)
農林水産省 うちの郷土料理 げたんは
https://www.maff.go.jp/j/keikaku/syokubunka/k_ryouri/search_menu/menu/getanha_kagoshima.html
この記事もcheck!

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ