このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
ゆでもちはカロリー控えめなおやつ!大分県の郷土料理を紹介!

ゆでもちはカロリー控えめなおやつ!大分県の郷土料理を紹介!

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 黒沼祐美(くろぬまゆみ)

2020年9月11日

ゆでもちは、大分県の郷土料理でお土産としても親しまれている。ゆでもちはもち米ではなく、小麦粉から生地を作るのも特徴で、それには大分県の風土が関係している。今回は大分県の人々に愛されている定番おやつ、ゆでもちについて紹介しよう。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. ゆでもちとは

ゆでもちは、大分県のなかでも竹田市や豊後大野市で愛されている郷土料理だ。この竹田市や豊後大野市は水はけが悪く、稲作には向かない地域だったことから、昔から小麦の栽培が盛んだった。そのため、小麦粉を使った粉食文化が発展していき、多くの小麦粉料理が存在している。その中でもゆでもちは大分県の郷土菓子ともいわれており、子どものおやつとして古くから親しまれてきた。使用される材料は小麦粉、塩、小豆あんととてもシンプルだ。地域の特産物である小麦粉を活かした郷土菓子として大分県の名物でもある。

ゆでもちの歴史

ゆでもちは子どものおやつや、農作業中の休憩などにも食べられた。大分県ではゆでもちのような小麦粉を使った郷土菓子がいくつかあり、ほかにも石垣もちやじり焼き、やせうまなどがある。ゆでもちの特徴は何といってもその見ためだ。平たい丸形で、中に詰められたあんが透けるほど、生地が薄くのばされているのが特徴なのだ。このように薄く伸ばすのは、火を通す時間が短くなるので短時間で作ることができるという理由がある。食べたいときにササッと作っておやつとして食べられる点も、ゆでもちが大分県の人々に愛されてきた理由だろう。

2. ゆでもちのカロリーや栄養

ゆでもちは通常のもちに使われるもち米ではなく、小麦粉が使われているため、カロリーも控えることができる。ゆでもち1個あたりのカロリーは110kcalである。一般的な大福もちは1個あたりおよそ230kcalなので、ゆでもちはヘルシーなおやつといえるだろう。

3. ゆでもちはいつ食べられている?

ゆでもちは主に子どものおやつや、農作業をしている人の間食として親しまれている。自宅で手作りする人もいるが、現在は大分県内のスーパーや直売所などで購入することもできる。各家庭などによって作り方は異なり、中央にあんが包まれていないタイプもある。このあんが包まれていないタイプには理由があり、生地を薄く伸ばしてあんを包むのには熟練のワザが必要で、素人ではなかなか薄く作れないという理由があるからだ。このゆでもちを上手に作ることこそ、それぞれの腕の見せどころでもあるのだ。

4. ゆでもちの作り方

ゆでもちは、まず小麦粉と塩、水を混ぜ合わせて耳たぶほどの柔らかさにこねる。そこに事前に作っておいた小豆あんを包み、麺棒で薄くなるまで丸く伸ばしていく。鍋にたっぷりの湯を沸かし、浮きあがってくるまで茹でれば完成だ。茹でることで、もちもちとした食感になり腹持ちもよくなるという特徴がある。このゆでもちはできたての温かい状態で食べるのが一番美味しいとされている。冷たくなってしまったゆでもちは、フライパンやトースターで温めることで美味しさが復活する。

5. ゆでもちのアレンジ方法

あんや生地に具材を練り込む

ゆでもちは、生地に小豆あんを入れるだけではなく、ほかにもさつまいもやかぼちゃで作ったあんを入れることもる。あんを変えることで、味わいに変化をもたらすこともできるのだ。さらに、小麦粉を使った生地にヨモギや紫芋を練り込めば、色合いと風味がプラスされてまた違ったゆでもちが完成する。

豆腐を使ったヘルシーゆでもち

小麦粉を使った生地に豆腐を混ぜることで、ヘルシーな仕上がりのゆでもちを作ることもできる。作り方は生地を作る際に潰した豆腐を加えるだけだ。ヘルシーなおやつにもなるのでおすすめのアレンジ方法だ。この豆腐を使ったゆでもちの場合は、あんを中に包むのではなく、茹でたあとに、きなこなどをまぶして食べるのがおすすめだ。

結論

ゆでもちは小麦粉を使ったシンプルなおやつだ。作り方も簡単で、ササッと作れるのも魅力だ。生地に包むあんの種類を変えたり、生地に味を付けたりすることで、いろいろな味わいのゆでもちを楽しむことができるだろう。大分県で子どものおやつや間食として定番のゆでもちを自宅で作ってみてはいかがだろうか。
(写真出展)
農林水産省 うちの郷土料理 ゆでもち
https://www.maff.go.jp/j/keikaku/syokubunka/k_ryouri/search_menu/menu/yudemochi_oita.html
この記事もcheck!
  

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ