このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
クロワッサンの食べ方とアレンジを紹介!層にそって千切ろう!

クロワッサンの食べ方とアレンジを紹介!層にそって千切ろう!

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 小林里穂(こばやしりほ)

2020年6月 8日

ちょっとおしゃれな雰囲気のクロワッサンは、自宅でカフェ気分を味わうにはぴったりだ。ただそのまま食べるだけではなく、サラダをサンドしたりジャムを付けて食べたりと、いろいろな食べ方を楽しめるのもクロワッサンの魅力。ここでは、クロワッサンの特徴や食べ方、保存方法などを見てみよう。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. クロワッサンの特徴

クロワッサンという名前は、フランス語の三日月からきているもの。生地を巻き込みながら成形するため、菱形の形をしており中央が盛りあがっている。

また、クロワッサンはサクサクとしたパイ生地が特徴のパン。この食感は通常のパンよりもたっぷりと使用したバターによって生み出されるものだ。クロワッサンが登場したころは、バターで作ったクロワッサンは真っ直ぐな形、マーガリンなどのバター以外の油脂で作ったものを三日月型にして区別していた。

クロワッサンは、バターを押しつぶしながら正方形状に整えて、バターを溶かさないように生地に何度も折り込んで層を作る。生地が何層も重ねられることで、独特のサクサクとした食感が生み出されるのである。

2. クロワッサンをきれいに食べるためのマナー

せっかくクロワッサンを店で注文しても、ポロポロと生地を落としながら食べるのは非常に残念である。ここでは、クロワッサンをスタイリッシュに食べるための基本のマナーを紹介したい。

・高く持ちあげない

クロワッサンのみならず、パンは基本的にちぎって食べるのがマナー。クロワッサンは皿からすべてを持ちあげず、一部を皿につけたまま手でちぎって食べる方法が基本である。

クロワッサンのようなパイ生地の料理は、高い位置でちぎると皿だけではなくテーブルにまで生地が飛んでしまう可能性があるので、ちぎる高さには注意したい。

・ちぎり方のコツ

クロワッサンは何も考えずにちぎってしまうとパンくずが出やすい。クロワッサンを食べるときは層に沿ってちぎるようにしよう。皮だけをちぎるよりも、なかのふんわりとした部分を掴んでちぎるほうが、パンくずは出にくい。

・落ちたパンくずは気にしない

どんなに気を付けていても、クロワッサンを食べるときにはパンくずが落ちてしまうもの。自宅で食べる分には自由に食べても構わないが、おしゃれな店で食べるときには無理に皿をきれいにしようと意識しすぎないほうがスマートである。

3. クロワッサンの基本の食べ方

クロワッサンは本場のフランスでは朝食の定番となっているが、毎日食べるというわけではなく週末のちょっと贅沢なお楽しみというような位置づけである。特別なパンだからこそ美味しく食べたいもの。せっかくのクロワッサンはどのように食べるのが正解なのだろうか。

フランスではクロワッサンをカフェオレに浸して食べるのが基本的である。サクサクとした生地をカフェオレに浸すのはもったいないような気もするが、パリパリとした皮をしっとりさせてきれいに食べるためのようだ。すべてを浸してしまってはクロワッサンのよさを感じられないので、サクサクした生地と、カフェオレに浸してしっとりさせた部分を交互に楽しむのがフランス流である。

また、コーヒーが苦手だけれど、サクサク感をずっと楽しみたいという人には、バターやジャムを付けて食べる方法がおすすめだ。ひと口ごとにバターやジャムを付けるのは大変なので、横にスライスしてバターとジャムを挟むと食べやすい。苺ジャムやブルーベリージャムなどいろいろなジャムで味を変えて楽しんでみよう。

4. クロワッサンを美味しくアレンジ

クロワッサンはバターの豊潤な香りが特徴である。表面を砂糖でコーティングしている場合もあるが、甘みが強いパンというわけではないので食事系の具材とも相性がよい。リッチなクロワッサンをより楽しみたいときは、贅沢なアレンジをして楽しんでみよう。

・クロワッサン・ペルデュ・サレ

クロワッサンをクロックムッシュ風にアレンジした食べ方。牛乳にくぐらせたクロワッサンに切り込みを入れてホワイトソースとスモークサーモンを挟み、チーズをかけてオーブンで焼いたアレンジである。これさえあれば、おかずがなくても贅沢な朝食で1日をスタートできるだろう。

・クロワッサン・オ・ザマンド

シロップに浸したクロワッサンにアーモンドクリームを挟み、さらに上にアーモンドクリームとスライスアーモンドをトッピングしてオーブンで焼きあげたアレンジ。フランスのパン屋でよく見かけるアレンジで、前日のクロワッサンの活用として役立つ。シロップやアーモンドクリームはカロリーが高くなってしまうが、甘い物好きにはたまらない美味しさだ。

結論

クロワッサンはサクサクとしたパイのような食感が特徴のパンで、バターをたっぷりと使うためカロリーは高くなる。カロリーは高めだとわかっていてもつい食べたくなるのがクロワッサン。シンプルにカフェオレやコーヒーに浸して食べたり、リッチなアレンジをしたりといくつもの食べ方が楽しめる。
この記事もCheck!
  

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ