このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
辛味噌のおすすめの使い方を紹介!作っておけば万能調味料に!

辛味噌のおすすめの使い方を紹介!作っておけば万能調味料に!

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 黒沼祐美(くろぬまゆみ)

2020年8月22日

辛味噌はそのまま食材につけたり、調味料として料理を作る際の味付けに使えたりと、とにかく万能だ。そんな辛味噌があれば、いつもの食事も違った味わいに変化させてくれるだろう。今回は、万能調味料として注目の辛味噌について紹介していこう。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 辛味噌とは

辛味噌とは、赤味噌を基本にみりんや砂糖、豆板醤、おろし生姜やおろしにんにく、ごま油などを混ぜて作ったピリ辛の味噌のことだ。この辛味噌はとにかくいろいろな使い方ができると話題の調味料で、そのまま生野菜にディップして食べたり、炒め物の味付けとして使ったり、鍋料理にも使えるのが魅力だ。自宅にある調味料を組み合わせて作れるうえに保存もきくので、手作りの調味料として作っておくと味付けに困った際に大活躍してくれるだろう。今回は、そんな辛味噌の使い方やおすすめレシピを紹介していこう。

2. 辛味噌をつけると絶品食材を紹介

生野菜

辛味噌は生野菜にもよく合うので、きゅうりや人参などの野菜をスティック状にカットして辛味噌をつけて食べるだけで、簡単なつまみに変身する。通常の味噌をつけるよりも辛味噌を使うほうが、辛みのある濃厚な味わいなので食がすすむうえに、酒のつまみとしてもピッタリなのだ。辛味噌を常備しておき、生野菜につけるだけで簡単なドレッシングの役目も果たしてくれることだろう。

冷奴

通常の冷奴に辛味噌をトッピングするだけで、ピリ辛のワンランク上の冷奴が完成する。おすすめはオクラや大葉などと合わせてトッピングする、オクラ辛味噌冷奴だ。作り方は辛味噌を入れたボウルに、さっと湯がいて粗みじんにしたオクラを加えて混ぜておく。器に盛った絹豆腐の上に大葉をのせ、そこにオクラ入りの辛味噌をかけてねぎを散らしたら完成だ。辛味噌にオクラが絡んで食べごたえのある冷奴にしてくれるので、食事の際のもう一品やつまみにおすすめだ。

おにぎり

辛味噌はおにぎりの具材としても重宝する。辛味噌をそのままおにぎりの中に入れてもいいが、おにぎりの側面に辛味噌を塗ってすりごまを散らし、大葉を巻いても絶品だ。さらに辛味噌を塗ったおにぎりをオーブントースターでこんがり焼いて焼きおにぎりにするのもおすすめの食べ方だ。辛味噌の濃厚でコクのある味わいが、ごはんによく合い弁当や夜食にもピッタリのおにぎりの具材になるのだ。

3. 辛味噌を使ったレシピを紹介

辛味噌ツナキャベツ

サッと作れて食欲をそそると話題なのが、辛味噌ツナキャベツだ。電子レンジで作れるので、忙しいときの一品やつまみにもピッタリだ。作り方は芯を取ってざく切りしたキャベツを耐熱ボウルに入れてラップをふんわりかけたらレンジで加熱する。その間にほかのボウルに辛味噌とツナを加えてよくなじませ、そこにレンジで温めたキャベツと白すりごまを加えてよく和えたら完成だ。しんなりしたキャベツに辛味噌がよく絡みつき、ごはんやビールがすすむ一品になる。

茄子の辛味噌炒め

暑い季節にピッタリの茄子を作ったレシピで、ごはんにのせてかき込みたくなるような食欲をそそる一品だ。作り方は、茄子をさいの目に切って水にさらしておく。熱したフライパンにサラダ油をひき、茄子をしんなりするまで炒めたら大葉を加えて炒める。そこに辛味噌を加えて炒め合わせたら完成だ。茄子が辛味噌の味をよくしみ込むのでピリ辛で濃厚な味わいの炒め物になるのだ。

ささみの辛味噌焼き

オーブントースターで作れる簡単レシピで、淡泊な味わいのささみに辛味噌を塗ることでしっかりとした味わいになり、弁当のおかずやつまみとしてもおすすめだ。作り方は、一口大にそぎ切りしたささみをクッキングペーパーを敷いたオーブントースターの天板に並べ、辛味噌と長ねぎのみじん切りを合わせたタレを塗っていく。あとは、オーブントースターでささみに火が通るように焼きあげたら完成だ。

結論

辛味噌はそのまま生野菜などにつけて食べてもよし、炒め物に加えて味付けをしてもよしととにかく使い方はさまざまだ。辛味噌にしっかりとした味が付いているので、ほかの調味料をさらに加える必要もなく、味が決まるのでおすすめの万能調味料だ。
この記事もcheck!

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ